京都府民クレー射撃大会
06/02(Thu) 14:48|射撃会comment(0)trackback(0)edit
今年もクレー射撃の祭典、京都府民クレー射撃大会が70名の参加のもと、京都笠取国際射撃場にて開催されました。

トラップAクラス(100点競技)
1. 西川 85点 左京区 2. 岡田 85点 八幡市  3. 二上 84点 山科区  4. 上家 76点 伏見区  5. 本田 76点 山科区

トラップBクラス(75点競技)
1. 谷 71点 宇治市  2. 田中 63点 宇治市  3. 岩城 60点 西京区  4. 山田 57点 長岡京市  5. 草場 57点 長岡京市

トラップCクラス(75点競技)
1. 宮嶋 65点 長岡京市  2. 鈴岡 64点 亀岡市  3. 小島 64点 京田辺市  4. 大山 63点 宇治市  5. 笹島 61点 相楽郡

スキート(100点競技)
1. 岩﨑 87点 伏見区  2. 林 84点 左京区  3. 小山 84点 伏見区  4. 生野 81点 城陽市  5. 清水 78点 伏見区
以上、敬称略
 
各クラス3位までの入賞者には装弾券が、トラップは4位以下10位まで、スキートは4位から7位までの入賞者には小川珈琲のアイスコーヒーが、抽選で10名の方に装弾券が贈られました。
また、この大会結果は5月31日付 京都新聞に掲載されました。

DSC05297.jpg
澄み切った涼しそうに見える空ですが、朝から暑く、午後からは雲が広がり、風が吹き始め肌寒くなり、競技が終わる頃には雨が降り始め、やむなく屋内にて閉会式を行いました。

DSC05321.jpg DSC05319.jpg DSC05311.jpg
DSC05313.jpg
スキートは人数も多く、ベテランから若手まで多彩な顔ぶれです。

DSC05317.jpg DSC05303.jpg
イッくん、み~つけた。いつもとフォームが違う気がします。ジャパンルールとは言え真剣モードでした。 誰かが「ジャパンルールの時はナマノ君と呼んであげてな」 別人に変身っていうことですか?

DSC05295.jpg
仮面ライダー変身! イッ君ではなく、こちらは同じくスキートのコー君で、仮面ライダー3号。仮面ライダー大好きだそうです。コー君は順位が入れ替わるので4ラウンド目まで気が抜けない様子でした。

トラップAクラスです。
DSC05326.jpg DSC05324.jpg
DSC05325.jpg DSC05323.jpg
DSC05341.jpg DSC05339.jpg
DSC05342.jpg

トラップBクラスは人数が少なく全員が入賞でした。
DSC05335.jpg DSC05334.jpg
DSC05332.jpg

最も多い人数のトラップCクラスは気合が入ります
DSC05331.jpg DSC05328.jpg

DSC05356.jpg DSC05357.jpg
トラップAクラスとBクラスの表彰です。トラップAクラス1位は競射で、3位まではクレー射撃協会の方です。

DSC05358.jpg DSC05359_20160602172654efe.jpg
トラップCクラスとスキートの表彰です。
スキートはヘタクソクラブ前会長の優勝で、今季は絶好調が続いています。元オリンピック代表選手と共に。
各クラス3位までの入賞者の4名がヘタクソクラブのメンバーさんです。

皆さんおめでとうございます

DSC05299.jpg DSC05330.jpg
この大会は会に所属する人もしない人も一同に会し、「久しぶり」と、年に一度、顔を合わせる人もいれば、声援を送る人、クレー協会の人達はのんびりと、猟友会の人達は和気藹々と。
今日はホビー系のお仕事をする人が目につきました。京都は任天堂を始めボークス・トーセ等、ゲーム・ホビー関連の会社が多い地で、その業界でシューティングが注目されているそうです。お仕事の延長でクレー射撃を始めて下さい。

DSC05309.jpg
「参加賞をもらっていない気がするんですけれど」 「残念、はずれだったんですね。当りだと参加賞がもらえるんですよ」 「えっ? ほんとに?」 からかってすいません。

DSC05310.jpg
ここ笠取射撃場はお久しぶりじゃないですか。目の覚めるようなレッドのBERETTAのガンケースを携えて「色を塗り替えてマツダカラーや」 マツダの車のレッドですね。ナイスカラー。

DSC05316.jpg DSC05344.jpg
今日は暑いのでドリンクもホットになりそうです。
あざみが咲くと夏が近づいてきた気がします。

DSC05348.jpg DSC05349.jpg
今さらながらツバメは何色? 羽根は黒と思い込んでいましたが、実物は艶のある紺色でした。
雨の前にはツバメが低く飛ぶと聞きます。街中ではツバメが地面に降り立つ姿はほとんど見かけません。射撃場の人が言うには射撃場にツバメが来るのも珍しいそうです。外洋を渡り毎年、同じ所へ帰ってくることに感心するのですが、ツバメのあの機敏な飛行は時速200kmまで速度を上げることができたり、飛びながら眠ることもできるそうで、小さな体に秘められたその能力に驚きです。
建物の中に入り、外に出られず下へ落ちたツバメを捕まえ、外へ放してやりました。巣を作ろうとしていたのでしょうか。そっとすくいあげても、こつくこともなければ暴れることもなくおとなしかったです。怖がらせてごめんね。

今年もご参加皆さまのご協力と旭エスケービー株式会社・ダイセルパイロテク二クス株式会社・日邦工業株式会社のご協賛、京都府猟友会のご後援のお蔭をもちまして盛会裏に京都府民クレー射撃大会を終えることができ、京都府クレー射撃協会より厚くお礼を申し上げます。
また、来年も5月の最終日曜日に開催いたしますので、どうぞご参加ください。ありがとうございました。
京都府猟友会 第19回安全狩猟クレー射撃大会
09/14(Mon) 17:49|射撃会comment(0)trackback(0)edit
技能向上・事故防止・会員相互の交流を目的に、小雨が残る中、京都府猟友会射撃委員会主催の第19回安全狩猟クレー射撃大会が京都笠取国際射撃場で開催されました。
トラップ7組・スキート4組の編成で参加者皆さま並びに役員皆さまのご協力のおかげをもちまして滞りなく大会を終えることができ、お礼を申し上げます。
競技結果は以下の通りです。

トラップ競技 80点
1. 阪田 75点 西陣支部  2. 林 73点 宇治支部  3. 内田 72点 西陣支部

スキート競技 75点
1. 増山 67点 上鴨支部  2. 木村 63点 西陣支部  3. 原 63点 九条支部

団体競技 235点 トラップ高点2名、スキート高点1名の合計点
1. 西陣支部  阪田・内田・木村  210点
2. 宇治支部  林・上家・中村    205点
3. 上鴨支部  深谷・辻井・増山  199点

技能賞  トラップ 増山  スキート 山本
敬称略

DSC02616.jpg DSC02624.jpg
DSC02626.jpg
トラップ・スキートの優勝者と団体優勝の皆さんです。おめでとうございます。

DSC02513.jpg 
トラップ競技委員長よりオレンジクレー(非狩猟鳥とみなす)を射撃した場合は10点減点となり、狩猟期前の練習として臨んで下さいとのお話でした。

DSC02505.jpg DSC02551.jpg
開始前にウォーミングアップをしながらスタンバイOK。

DSC02581.jpg DSC02565.jpg
トラップは前半(40点)を終えて早くも混戦、集中力を持続して後半に。ご寄贈、ご協賛各位。団体一位の支部には京都府クレー射撃協会からも賞状と副賞が渡されました。

DSC02604.jpg DSC02589.jpg
競技を終え始めた人たちがスコアーボード前に集まります。
本日のスペシャルゲストです。「後ろ姿で失礼します」
DSC02593.jpg
見学に来られた猟友会員さんのお供はブルドッグでした。ちょっと太目なのだそうです。

DSC02603.jpg DSC02601.jpg
運動会の予行演習ではありません。ゼッケンをはずすため自然と前へ前へ人が連なりました。
午後からはお天気になり、汗ばむくらい久しぶりに暑さを感じました。でも、もう秋の訪れが・・・。

DSC02618.jpg DSC02622.jpg
表彰式では射撃委員長より参加者の皆さんへ賞品の装弾券、ラウンド券やコーヒーが手渡されます。

DSC02634.jpg

DSC02635.jpg DSC02636.jpg
射撃委員長と京都府猟友会長が参加者皆さまへの感謝の辞を述べられ、スキート審判委員長が閉会宣言をし、終了となりました。いつも速やかな進行で競技終了が早く、さすが猟友会大会です。

ここからは外野席からの実況となります。
団体戦は昨年の1位 西陣支部が連覇に向けて総力戦? の様相で13名の最多参加者となりました。人員構成からいくと3チームは作れるのでは。がんばれスキート! それいけトラップ!
DSC02575.jpg DSC02559_20150915154132a42.jpg
DSC02552.jpg DSC02562.jpg 
DSC02574.jpg DSC02578.jpg 
DSC02554.jpg
西陣のホープ頑張れよ! ホープがハイライトになるなよ・・・と、ヘタクソクラブの会長からゲキが飛びます。ハッピーシニアの皆さんは先週、今週と続いての大会ですがお疲れの様子もなく、健康の秘訣は何でしょうか。

DSC02558.jpg DSC02556.jpg

DSC02547.jpg DSC02529.jpg
DSC02521_2015091515022825b.jpg DSC02526_20150914203853318.jpg
オレンジクレーに惑わされ、スコアーが伸び悩み、気落ちする人もちらほら。一度オレンジが出ると気になり、集中できないそうです。

チーム宇治は西陣支部の二連覇を阻もうとトラップ7名・スキート1名の参加で追撃します。
DSC02597.jpg 
トラップの基本姿勢のように思います。勿論スコアーもトップ争いで、Best Player賞はありませんか?
DSC02567.jpg DSC02560.jpg


DSC02612.jpg
西陣射撃組合の皆さん・・・ではなくて西陣支部の一部の会員さん、職人的射撃集団。昭和11年には既に西陣支部は存在していましたので、少なくとも80年以上の歴史があります。チーム宇治に比べ平均年齢が高く、年季の入った人が多いです。支部のある地区には猟区がないため、昔から射撃熱心な支部で、在籍年数が50年近い人から10年未満の人まで。趣味はテッポウと自負し、“今も僕らの青春はココにあり”という顔ぶれです。今大会はトラップ個人と団体の二冠おめでとうございましたそして、お疲れ様でした。前人未到の三冠へ向け、また来年、お集まりください。
ついでに本日の参加者中ヘタクソクラブに所属している人の数は23名。36%にものぼります。

ミニ射撃会
06/25(Thu) 15:13|射撃会comment(0)trackback(0)edit
今日は狩猟免許更新講習会の日で、先代の他、交代で講習会へ行っていました。宇治金時とコバヤシ君は免許を持っていませんのでお留守番です。電話も少なく穏やかな一日です。
ヘタクソクラブが終わってから先週は平日のミニ射撃会の後に京都公式大会と続きまして、自分の銃の更新申請もギリギリ間に合いました。残るは運転免許の更新だけ。行くのが面倒。
府内の猟銃所持者の皆さんは一部を除き三年に一度、猟銃等講習会の受講のため京都府警察本部まで足を運ばれます。月に一回開催される経験者講習会の後、私どもへ立ち寄って下さるお客様もあります。警察本部は銃砲店と同じ上京区にありますので、所要時間徒歩15分程度で近く、所轄警察署も車で5分くらいなので、業務上、便利な所に銃砲店はあるため助かります。店舗に面する千本通は一日数回、パトロールのためパトカーが通過します。

で、今日はミニ射撃会の様子と京都公式大会での高槻射撃場の写真を載せるはずが・・・・写真をパソコンに取り込む際に何が起こったのか・・・せっかく撮影した高槻射撃場の写真30枚くらいがまるっぽ消えてしまうというアクシデントが。去年、新しいデジカメを買って撮りまくっていたのに、時々、画像が表示できません、というトラブルがあり、ソニーへ問い合わせるとわかったようなわからんような回答で、結局解決せずじまい。こんな大量に写真が消えることは初めてで、さすがの宇治金時も頭に血がのぼりました。
あーあ、来年の春まで行くことが無いので残念の一言。ということで、高槻の事は文章でご報告します。

DSC01709.jpg DSC01712.jpgDSC01714.jpg DSC01720.jpg
毎回参加者はわずかですが、アメリカン射撃で23・24・そしてハンディを入れて25点の満射もでるハイスコアー。1位2位を予想するのも面白いかもしれません。「今日は満射はでえへんか」と声をかけられ、そうでした。去年の秋の会で奇跡の満射が出たので言われたのでしょうが、とてもとてもこの日はクレーを追うのが精いっぱい。たくさん弾を消費しました。

DSC01708.jpg
去年は大きなヤモリを見つけましたが、この日はトカゲ。滅多にトカゲは街中では見ることができず、なかなかシャッターのタイミングが合わずお客さんに追い出してもらってようやく撮れました。

DSC01727.jpg DSC01833.jpg
賞品のマダーボール。宅急便で送ってもらい箱を開けると2個、割れていたので、お先に味見をしまして、中はこの通り。皮が薄くて水分が多く、どっしり。なので、輸送中の衝撃で割れやすかったのかもしれません。そこそこ甘味があって可食部が多いので十分味わえます。「スプーンでくり抜いて食べたい」と言う方もあり、スイカはトマトよりもリコピンを多く含むと言われていています。

DSC01734_2015062614295210c.jpg DSC01732_20150626142952093.jpg
DSC01731_201506261429507fd.jpg
射撃場の帰り、所用のためコバヤシ君と宇治市内までドライブ。JR宇治駅前にはかわい子ちゃんがいます。宇治は宇治茶と世界遺産平等院で知られていて、平安時代に建てられた平等院は大修理を終え綺麗になったそうです。10円玉のデザインの鳳凰堂があります。京都に住みながら一度も訪れたことがありません。いつでも行けると思いながら、いつまでも行けない・・・のが京都人気質。宇治橋をはさみJR宇治駅と京阪宇治駅があり、平等院へは駅から歩いて行けます。茶団子が食べたくなりました。

高槻射撃場。雨上がりのあじさいがとても綺麗でした。
この日は4時半に起き、雷鳴がとどろき、長岡京市から峠を上がると激しい雨に見舞われ、さすがに対向車とも出会わず、最悪の天気・・・と思いながらも・・・その数時間後におどろくニュースが飛び込んで来るとは思いもよらず。
射撃場に到着するとご主人がイノシシ猟に連れていく猟犬たちがお出迎え。見た目は怖そうなのですが、いたっておとなしい。射撃開始の頃には雨も上がり、暑くもなく進行もスムーズ。ここ1・2年で公式大会に出場する人たちの顔ぶれも変わり、若い人が増えました。
男女問わず赤いベストを着ている人が目につきました。それも写真を撮っていたのですが、パー。
国産シューティングベスト製造販売のTAGAMIさんがセミオーダーでベストを販売していますので、ご自分の好みでベストを選んでいる人も多く、色の配色やデザインを参考にさせてもらったり、Under Armourを着用した人が多かったのに驚きでした。
いつものように大会が終わるはずでした。ところが、試合の途中に射撃場の常連さんがやってきて「ここへ来る途中、信号で止まっていたら、横断歩道をカメが歩いていた」と。まあ、これはかわいい話。そして「この下に今、警察車両がたくさん来てて、川から遺体が上がったらしい。警官が棒で川の中をつついてる」と聞き、「えー! 今朝の雨で誰か流されはったんやろか。見つけはった人びっくりしゃはったやろな。まさか人間とは思わへんでしょ。人形かなあって」 射撃場の人が言うには普段は水量の少ない所で流されるような川ではないとのこと。その内にヘリコプターが上空を飛ぶようになり、お昼のニュースで頭と左腕のない女性の腐乱死体、と聞き、ここに来ている人達、死体の浮いてる横の道を通って来てたんやで。みんなゾーッ。そして射撃場の人が「うちの犬放したら、頭や腕、くわえて帰ってくるかもしれへん」 と、終日この話題でもちきりとなりました。猟に山へ入っていると結構首つりの現場に遭遇するらしく、そんな話も聞き、稲川淳二のこわい話よりももっと恐ろしく感じました。
大会が終わると和歌山県はこの時点で和歌山国体代表選手が決定したそうで、若い選手だなぁと感心していたところ、和歌山県は国体のために<クレー射撃国体候補選手>を公募していたのだそうです。3人の内2人がその候補生だったみたいで、年齢は20才代のように思います。もちろん、県から助成があるとは思いますが、既成選手だけでなく一から選手を育成していくという方法もありかな、と思いました。
大会は京都府クレー射撃協会の人たちがお手伝いをしますので、そんなに慌ただしくなく、休憩所ではお菓子をよばれたり、雑談をしたり。年に2回しか京都公式大会がないため、この時だけしか射撃場を訪れることがありませんけれども、近畿地区から集まるこの時しかお会いできない人も多く、お土産を頂戴したり、これはこれで普段とは違う時間を過ごせて良いと思います。
京都府民クレー射撃大会
06/04(Thu) 12:31|射撃会comment(0)trackback(0)edit
5月31日日曜日、年に一度の京都府民クレー射撃大会が開催されました。参加者は昨年を上回り、京都笠取国際射撃場で開催して以来、最多の80名となりました。この大会は生涯スポーツ:クレー射撃を掲げ年齢・性別を問わず府民が気軽に参加できるクレー射撃の祭典です。朝8時30分にスタートし、午後4時過ぎまで長時間にわたる競技にお疲れさまでございました。
そこで、サプライズ。急遽、京都府クレー射撃協会名誉会長より「京都肉」を20名の方にお渡しすることとなり、参加者皆さんから思わず「わあー」と声が上り、装弾券10名とあわせて30名の方に抽選品が渡されました。
なかなか入賞は狙えませんが、抽選で賞品がもらえますので京都府民クレー射撃大会へご参加ください。
京都府猟友会長様にもお越し頂き、また、日邦工業(株) 旭エスケービー(株) ダイセルパイロテクにクス(株)のご協賛各社に厚くお礼を申し上げますとともにご参加皆様のご協力に感謝いたします。
次回、京都笠取国際射撃場での大きな大会は9月13日(日)京都府猟友会安全狩猟クレー射撃大会です。7月18日に京都縦貫自動車道が宮津から久御山まで全線開通しますので、北部・中部方面の方もご参加下さい。

以下 敬称略
トラップAクラス 100点競技
1. 阪田 90点  2. 小林茂 84点  3. 岡田 83点

トラップBクラス 75点競技
1. 岩城 64点  2. 若狭 64点  3. 山田 61点

トラップCクラス 75点競技
1. 谷 71点  2. 中 69点  3. 草場 69点

スキート 100点競技
1. 原 84点  2. 林 79点  3. 清水 79点

DSC01548.jpg DSC01550.jpg
DSC01551.jpg DSC01556.jpg
各クラス1位から3位入賞の表彰です。おめでとうございます

DSC01540_20150604140646edf.jpg
トラップBクラスはアメリカン射面で2ラウンド・国際射面で1ラウンドの競技で、1位・2位は同点のため競射となりました。競射とは言え堂々とそして淡々と皿を撃ち割るところはさすがベテラン、5枚を過ぎても失中せず、8枚目で決まりました。

DSC01500.jpg DSC01483.jpg
DSC01504.jpg DSC01478.jpg
赤・白・黄色・・・咲いた 咲いたの花が・・・ではなくて「青・赤・黒」のシューティングベストの華やぎあるレディース達。いずれもトラップAクラスでもう一人はCクラスでの参加でした。

DSC01495.jpg
女性のしなやかさとは対照に力強さをを感じます。射撃フォームだけでなく、閉じるだけの所作でも緊張感が漂います。

DSC01523.jpg DSC01527.jpg
親子出場は3組。ご夫婦が1組でした。
射手を追うカメラマン。更にそのカメラマンを追う素人デジカメ。

DSC01518.jpg DSC01517.jpg
スキート上位入賞の方は同じ射団でした。ゼッケン71番の選手は元オリンピック日本代表で全日本選手権も獲得。その隣りの方も元国体選手です。普段は国際スキートのため、慣れないジャパンスキートに戸惑われたのではないかと思いますが、そこは経験豊かな名射手、調整をしながらスコアーを手堅くまとめます。スキートはなかなか自己流では上達が難しいと思います。キャリアのある選手の射撃をお手本にされてもよいかと思います。

DSC01552.jpg  DSC01557.jpg
DSC01562.jpg DSC01566.jpg
陽が傾く閉会式での抽選では「次こそは・・・」と首を長くして。3.8人に1人が抽選品をもらえるため、賞品と抽選品の両方を得た人の確率が1割でした。また、来年、ご参加お待ちしております

秋のミニ射撃会
10/16(Thu) 14:38|射撃会comment(0)trackback(0)edit
台風が去り、肌寒くも空気の澄み切った京都笠取国際射撃場で平日のミニ射撃会を開きました。メンバーは気の合ういつもの顔ぶれでワイワイガヤガヤ賑やかです。パンや飲み物の差し入れをして下さる心優しいメンバーの方。
この会では宇治金時もゆっくり射撃をさせてもらいます。そのお陰でしょうか、わが身に珍事。
射撃人生2回目の満射でございます。勿論、アメリカントラップです。「奇跡よね。四国あたりで突然台風が発生するかもー」
プーラーの女性の気遣いのお陰です。「この一枚で終わり?」と気づいた時、「いえ、まだあります。」と言ってくれて、1枚撃ち、あと5枚を撃つため次の射台へ入った所で「終わりでーす」とにっこり声をかけてくれました。いつものことながら後5枚をカウントダウンし始めると必ず失中します。
初めてと思っていましたが、古い記憶をたどれば1度目は寒い冬に京都府射撃場で。
満射ってゴルフで言えばホールインワンみたいなものですかね。何かふるまわなくてはならないのでしょうか。
次はもう無いかもしれません。
射撃の腕前は2代目主人から続く小林家の伝統でございます。2.5代目や3代目には到底かないませんが、何よりも「小林銃砲火薬店」の弾は当たらん・・・と言われることが無いよう証明しておきます。 コバヤシの弾はよーあたりまっせ
間もなく長崎国体が開幕します クレー射撃は熊本県総合射撃場が会場です。今年5月の京都府民大会に出場していた3名が代表に選ばれ、京都府チームの健闘をお祈りします。

18日土曜日は延期になったスキートマンクラブを京都笠取国際射撃場で開催します。この日は先にお話をしていました女性シューターの初撃ちに宇治金時がお供いたします。秋晴れの絶好の射撃シーズンですので皆様、クレー射撃場へお出かけ下さい。

画像 616画像 618
左)ハンディに悩むヘタクソクラブ会長
右)おひとり様射撃 今日はスキートマンクラブ会長はお休みのためスキートはお一人でした

画像 623画像 622画像 626
「満射賞を用意していますよ」宇治金時に続けと、満射を狙いに行きますが・・・惜しい24点
そして帰り際には「さあー 家へ帰って次の玉撃ちに行きましょか」・・・チンジャラ・パチンコらしい

画像 629画像 628
左)「ノーバード。当たったことにしとこか?」
右)レフリーが二人? いえ、射撃解説者がお一人 宇治金時は黄門様とお呼びしております

画像 630
「今日はブドウですか? よかった、前にも賞品でもらって欲しかったんですよ 同じブドウを探したんですけど売っていなくて、ようやく見つけても高くて買えなかった」と到着早々こんなお話から始まり、桃太郎とニューピオーネの2つをお持ち帰りになり嬉しそうでした。

画像 631
何とむごいことを 宇治金時の仕業です ヤモリが建物の中に入っていたので外へ出そうと足で蹴っていると尻尾を切り出しました 初めて見ました 一気に離しません 切れた尻尾は地上に出たミミズのように長い間クニャクニャ動き続けていました 気味悪い でもこれがIPS細胞に関わっているんでしたっけ? 尻尾は再生するしどうして尻尾だけが動き続けるのか 
ヤモリは「ヤラレたー」っと仰向けになって死んだフリしてます 5本の指がちょっと可愛い かんにんな 悪さして でも、ヤモリ怖がる人多いんだよ 人間には害の無い益獣で 家守と言ってその家を守ってくれるといいますが4代目Jr.が「イモリは両生類やし噛まへんけどヤモリは爬虫類やから噛むこともあるんやで」と教えてくれました 触るのは勘弁
  
a href="http://shotgunfun.blog.fc2.com/img/DSC06983.jpg/" target="_blank">DSC06983.jpg
栗餅が食べたいなあー、と思っていたらグッドタイミングでお客様からこの栗餅を頂戴しました。中には栗赤飯の特大栗がゴロンと入っていてその間につぶあんがあります こんな大きな栗は初めてです 甘さもぐっと抑えてあり、驚いたことにこの栗餅、9月23日に予約をして今日、手に入ったとのことです 仏光寺御前にある小松屋さんというお店です そんな貴重なお菓子、じっくり味わわせて頂きました。更に夕べ西陣猟友会の会員さんから頂いた麩まんじゅうとダブルでごちそうさまでした
ブログ作業の疲れも癒されました
DSC06979.jpg
インコにとっては庭を眺める「テラス席」 最近は少しお利口になって窓ガラスに激突しなくなりました 気持ちいいのか片足を上げてうたたね 時々飼い主からキス攻撃をされ、迷惑そう インコが言っています 何々? "朝夕、冷えますので、皆さん風邪をひかれませんように"

ここで終わりたいところ、ちょっと気になることがあり、お聞きください。
10月16日夜6時台の朝日放送のニュースの中で例の寝屋川市の猟銃発砲事件の特集をしていました。たまたま見たのですが、うちの7月16日のブログを放送してくれたのか・・・というくらいよく似た内容でした。思わずフ・フ・フと。
ただ気になったのが首都大学東京の先生のコメントでして。ナニ? 猟銃販売業者の許可は審議会を経て与えた方がいいって? 大丈夫か? 先生。年間何件の新規申請があると思っているの? 建築審査会と同じように思っているんじゃない? 誰が審査したって結果は変わらないし、月に1件もない審査にそんな大げさな。審議会を作るって先生方の仕事のポストを増やす意図かしらね。今回だけではありません。数年前、新銃刀法規制に抗議して東京の銃砲店がストライキを起こして休業したことがありました。これも首都大学東京の人が「国民の安全と比較すると・・・この業界は規模を縮小すべきだ」みたいなコメントがあり、そんなの言われなくても我々はわかっているよ。自然に衰退・縮小していくんだから。まあ、あたりさわりの無いコメントですけれども、クレー射撃はオリンピック・国体正式種目で教育分野。狩猟は農村部では生活に係りがあり、狩猟民族の起源から現在は有害鳥獣・農林の被害まで国民の安全の一言でくくれるものではなく、包括的に捉えないといけません。極論、それじゃあ日本から猟銃を排除できるのか? ってことに対してどう答えてくれるの?  猟銃の所持が禁止されれば銃砲店は不要なんですから。我々の業界のみならず、どんな業界でも必要とされればそれなりにやっていくしかないんだから。学者の空理空論で物事全て事足りれば、日本はこんな混乱した世の中になっていませんし、マスコミももう少し的を得たコメントを求めて欲しいな。皆さんどうお考えになります?