グランドナリタ
09/04(Thu) 21:06|未分類comment(0)trackback(0)edit
こんにちは。
普段は宇治金時の豪筆ぶりに圧倒され
ごぶさたしておりますた「ヘタなすのよいち」です。

この夏はすばらしき一人バケーションがありましたので、ちょっとご報告まで。


弟ファミリーが千葉にいるのですが、8月のド平日に関わらず、仕事ほったらかして
私用で行って参りました。


おや!?事前にGOOGLEで確認してましたら、彼の家から1時間ちょっとのところに
成田射撃場という、噂に聞きし、メガ射撃場を見つけましたよ。

東京のシューターさんの土日の待ち時間は、ハンパじゃないというのは知っていましたので、
これはウィークデーのチャンス!

鼻息荒気にテッポウ担いでいきましたよ。

34度の猛暑日であれ、シューターもちらほらだろうし、
まったりした旅行射撃を約束されるものと期待しておりました。









えっ?何このクルマの数・・・
grandnarita part1


射団ボードが10枚・・・いや、そんな数どころではない、20枚以上だ!!!


一瞬頭の中のカレンダーめくりました。
たしか弟は「江戸川の花火は明日の土曜日」って言ってたから、
今日はたしか金曜のハズ。



金曜なのに何!このシューターの群れは!
narita2.jpg

どうやら先方射場さんの決勝大会のようでした。
それよりも完全にカルチャーショックです。
ここまでクレー射撃のポピュレーションがあるとは・・・

せっかくなので、記念にまったりクレーだけでも撃たせていただきました。


かろうじて、空いていたのはトラップ、スキート兼用射面なので炎天下の露天クレー
ジーンズの中を垂れる汗と集中力が相反し、とても衝撃的な射撃日和でした。


当然、射場では許可証記帳をするのですが、己の素性を隠すことに意味がないので、
私は京都から娯楽射撃に来た業界関係者であるとの旨をスタッフの方にお告げをしました。

すると当日お越しになっていたSオーナーさんに知れ及んだようで、
「あんたKOUちゃんのムスコさんかい。せっかくだから食事でも食べていってよ。」
とおもてなし。


ありがとうございます。


私はこの射撃場を取り巻くスポーツ文化の発信にお腹は満腹でした。


関西のシューターさまも、一度足を伸ばされ、
射撃場の東方見聞をされてみてください。

東に行けば行くほど、施設と人の規模がスゴイです。

スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK