お盆休み
08/06(Wed) 15:19|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ここ数日、四国地方では大雨が降り続き、渇水になると湖底が見えるあの早明浦ダムも満水状態だそうで、被害が大きくならないよう願っています。
京都は・・・梅雨がまだ続いているような気候です。今日も超蒸し暑い。晴れているかと思えば夕立しそうな雲行きに変わります。
今度の日曜日、射撃会を開催するのですが、やだー、台風が来るみたい。どうしよう。
この時期、週末の夜、散歩をしていますと、「ドーン」と鈍い音が空から聞こえてきます。初めは雷か? と思いましたが、おそらく花火大会をどこかでやっていてその音だと思います。毎週くらい聞こえますね。
我々の同業者さんも連日、花火大会の仕事に忙しく、毎日のお天気が気になるところです。そう、中止や延期って大変ですよ。
先月25日には大阪天神祭が開催され、大川沿いでは打ち上げ花火が上がります。都会のど真ん中で。京都市内では打ち上げ花火って宝ヶ池くらいですかね。火事が怖いんでしょう。こんな話から先代が「昔は松尾橋(嵐山の下流)や、鴨川でも打ち上げ花火をしてたんやで。鴨川の花火は京都御所に火が飛んで火事になったから止めたけど。子供の頃、嵐山の渡月橋から川へ飛び込んで杭で額を打ったこともあった」と。それだけ昔は渡月橋の辺りも水嵩があって、今みたいに観光化せず、のんびりした時代だったのでしょう。

長らく銃砲店をご贔屓にして頂いたお客様がお亡くなりになり、先代、店長、宇治金時と京都ホテルオークラでのお別れの会へ寄せて頂きました。上場企業の創業者で、クレー射撃を趣味とされ、社の方数人と一緒に射撃グループを作られ、定期的にお集りになっていました。銃砲店へ来店の際は事前に「これから行きます」と私どもへ電話を入れ、運転手さん付きのお車で来られていました。
それはそれは立派なお別れの会で、葬儀場のせわしないお焼香とは違い、静かにゆったりと最後のお別れをさせて頂くことができました。飾られたお写真の会長様がお参りの人、ひとりひとりに「ありがとう」とおっしゃっているようにわたしには聞こえ、いつもの「そうかあー。ハッハッハッ」と豪快に笑われるお姿が目に浮かび涙しました。
献花の後は懇談の宴で大勢の参列者をおもてなしされ室内楽の演奏の中、会長様の功績、自ら筆を取られた書、プライベート写真、愛蔵品などが会場にて披露され、普段伺い知ることのなかった会長様の様子を拝見しました。クレー射撃をされる写真もあり、立ち止まって懐かしんでおりました。ごく親しい方はご存知でしたでしょうが、この日お越しになっているほとんどの方はクレー射撃をされる事を初めて知ったことと思います。射撃関係では久しぶりにお会いする方の姿もあり、宇治金時個人的には以前勤めていた会社の上司のお顔も会場でちらほらお見かけしたり。
半年くらい前には射撃グループで丹波地方へぼたん鍋を食べに行きたいので、いい所があれば教えて欲しいとおっしゃっていて、こんなに早くお別れが来るとは思いもしませんでした。
長年小林銃砲店をご贔屓に預かり感謝申し上げますと共に心よりご冥福をお祈りいたします。
昨年も最長老の顧客様が他界され、宇治金時もお祝い事よりもお悔み事の方が多くなりました。寂しい限りです。

さあ、今月末は西陣猟友会の狩猟登録申請があり、その前にお盆は少しお休みを頂きます。例年、15・16両日がお盆休みですが、今年は日曜日が入りますので「藤圭子の歌」・・・15・16・17と~お盆休みをもらいます~宇治金時の美声で皆様にお伝えできないのが残念ですけれども、3日間、お盆休みとさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。
声と言えば、この間、昔、よく店へ来ていた取引先の方が久方ぶりに電話をして来られ「その声、ちっとも変わらへんなあ」とお互い元気な声にホッとしました。年に何度かは宇治金時が電話を受けた時、相手の方は一瞬沈黙となります。「コバヤシです」と、もう一度言うと「あーびっくりした。留守番電話かと思った」と笑われます。受けた本人は困惑しています。

DSC06631.jpgDSC06681.jpg
左)右側のカモフラ柄BROWNINGバックマークはビーチタオルです。ネットショッピングにはブラック×イエローを掲載していて、その柄ちがいです。千本通から見るとこれがなかなかインパクトがあり、物も使いよう。
右)夏バージョンのお抹茶碗。スイカ柄です。内側にスイカの種が描かれていて、お茶目。夏茶碗なのでお茶はたてにくいけれども、コーヒー代わりにたっぷり大服で頂きます。

DSC06682.jpg
オークションじゃないですよ。Reebokのスニーカー。このスニーカー片足 何グラムだと思います? BERETTA A400エキスプローラーライトの2.9kgにも驚きですが、スニーカーはわずか130g。履いていることを忘れるくらい軽い。実は英語、スペイン語に堪能な高校の後輩さんがadidas Japanに勤めていてReebokはアディダスの傘下にあるそうで、宇治金時にプレゼントしてくれました。出来の悪い先輩は今月、お誕生日で偶然だったのですが、こんないー物もらってどうしようか。
優秀な後輩さんだけでなく、高校時代は学年でトップクラスの、大学は学科で首席の親友を持ったお蔭で、出来の悪い宇治金時は無事、卒業できたという経歴。他力本願そのもの。しばらく忘れていた学生時代を振り返るきっかけになりました。このReebokのスカイスケープフォーエバー、カラーが豊富で、グレーは人気色だそうです。奥様やお嬢様へのプレゼントにいかがでしょうか。

スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK