デコット サンプルレンズ
11/26(Tue) 14:43|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
紅葉が綺麗なので出かけようかと思った矢先、寒くなって秋はどこへ?
ブログをご覧のみなさま、しばらくでございます。
「ずぼらしている」と思われていますね。15日までは狩猟が始まるということで、忙しくしておりました。
あれもこれも書きたいことはいっぱいあったのですが、ちょっとした事件がありましてブログどころではありませんでした。
3代目の奥さんが銃砲店の片隅でたばこ商をしております。先日、白昼堂々とたばこを盗まれる事件が起こり、たまたま通りかかった人々が犯人を捕まえてくれました。ひったくり同様、バイクで逃げて泣き寝入りとなるところ、民間人が協力して捕まえたのですから感謝状ものですよ。
「銃砲店にバイクが突っ込んだ」ように見えて(犯人が乗ってきたバイクが玄関前に倒れていたため)通りかかった消防車、駆けつけたパトカー、たばこが道路に散乱し、一時は大騒ぎとなりました。
幸い誰もけが人はなく、犯人を連行して一件落着・・・のはずが、犯人は携帯電話で仲間を呼び、その仲間が大声でわめきちらし、とうとう犯人を連れ帰ってしまった。犯人は未成年とか。捕まってもたばこを吸うふてぶてしさ。未成年者が喫煙したら補導はできるやろ・・・と思うのですが、「本人が拒否すると警察署へは連れて行けない」とのことです。これって明らかに計画的犯行じゃないですか。つい出来心で、という物ではありませんよ。この話からですら未成年者を使った犯罪の筋書きが出来上がっているように見えるのですが、皆さんどう思います? その内に方をつけてくれるでしょうから被害者側としては悪質ゆえ「倍返し」いえ「3倍・5倍返し」くらい期待しています。奥さんはショボンと元気がなく、たかがタバコの窃盗とは言えひったくりや振り込め詐欺同様、お年寄りを悲しませることをしてはいけないです。

それにしても「拒否」か。未成年はいいよね。猟銃所持者が調査で警察官から「近隣へ聞き合わせをします」「拒否」、「借金はいくらありますか」「拒否」って言いたいものだ。

この件とは別に憂えることは15日以降狩猟事故が頻発しています。困ったことです。
そして、昨日も「報道ステーション」でクレー射撃の中山選手の特集があるはずだったのに、差し替えられていましたね。2回も放映が流れてしまい、再度チャンスがあるのか気になります。
まあ、昨日はタイミングが悪かったのもありますよ。福岡県内で中学生が父親の拳銃を学校へ持ってきて、これを先生が没収したのだけれども、職員室でいじってたら暴発したとか。まさか日本で? ですよね。このようなニュースが流れた後にはちょっと猟銃関連は難しいのかもしれません。

さて、今日はデコットシューティンググラスについてお話します。
シューティンググラスの代名詞と言われるデコット。クレー射撃の国際ルールでは必ずシューティンググラスを着用することになっています。昔はガラス製で重かったのですが、今は軽くなり、フィット感はバツグンです。カラーも豊富でターゲットを見やすく的確に捉えるためにクレーの色が白い場合とオレンジの場合、背景の明るさや色でレンズカラーを変えるのが好ましいと言われています。デコットは簡単にレンズがはめ替えできるようになっていますので、替レンズを持つだけで対応できます。
専用ケースは標準で付いていますが、別売りでアルミハードケース、セミハードケース、レンズケースがあります。処方箋をお持ちになれば度付きレンズも作れます。オレンジクレーが鮮明に見えるマグレンズは確かにターゲットオレンジよりもオレンジ色が濃く見えます。レンズ自体は濃いグレーとパープルを混ぜたような色です。このレンズ以外にも新色レンズが発売され、常時レンズサンプル12色をご用意しておりますのでレンズカラーとデザインをお選びください。メガネの上にクリップ式で簡単に取り付けられるレンズ、クリップオンレンズもあります。
UVカットレンズなので射撃だけでなくフィッシング、スキー、マリンスポーツ、そして車や自転車の運転時にも目を守り見やすくしてくれます。一部、偏光(一方向からの光だけを通し反射光を弱める)や調光(光の具合で自動的に濃淡の調節)のレンズもあります。
ゴルフ場は木々の緑が目にやさしくグラスは必要ありませんが、日中ゴルフ練習場ではクレーと同じく白くて小さなゴルフボールの飛行を追うのに「ターゲットサン」のレンズはいいかもしれません。
もちろんレディースサイズもあります。デコットを着用すると女優顔? になれる気がする。来年の射撃シーズンに向けてシューティンググラスのご準備を。

DSC05607.jpg
左)丸いレンズがカラーサンプルで、新色がいくつか入っています。今、デコットをお持ちの方もレンズだけ購入できます。
右)フレームデザイン 定番のハイワイドと人気のインターナショナルをメインにレンズの形状が異なります フレームはM Lサイズが選べるデザインもあります 顔の形、眼の位置などでレンズの形を選ぶとよいでしょう

DSC05611.jpg
カラフルレンズの種類はシューティングならではのラインナップ



スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK