ジュラシックパーク
07/26(Fri) 15:00|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
モノクロ写真が続きましたので、お口直しというかお目直しに今日はブログで一番人気のある"彫刻"のお話し、2回目です。
あえて何もコメントはいりません。こういう彫刻が実在すると言うことをお伝えするだけです。
これはスティーブンスピルバーグ監督が1995年にIVO FABBRI社へスポーツ銃を依頼しました。
そして、お抱えの彫刻師Mr. Torcoli氏が請け負うことによりスピルバーグ監督も大絶賛の後世に残る逸品が完成しました。

ジュラ1
プリントしたシールをペタッ・・と貼っているのではありませんよ 彫刻です
どうも銃は2挺あるらしく、どちらも"THE LOST WOLRD"の公式文字が入っています
後日、伯父(2.5代目)から「ジェームスバーディなどに見られるように、特注銃はペアガンと言って2挺1セットが標準」と聞かされました。


ジュラ2ジュラ4
正統派イタリア彫刻ではなく、まさに絵画・映画風にするということがとても難しく、とりわけ彫刻師はイメージだけでスケッチから彫刻までを一手に引き受けます
トリセラトプスなど映画に登場する様々な恐竜を始め陽が沈む様子、火山噴火、硫黄灰、土けむりなど細部まで描き映画のイメージを凝縮した"秀作の極致"です

ジュラ5ジュラ6
公開されたスケッチ画のひとつと右が完成後
彫刻師はプレッシャーの下、下絵を監督に見せた後、彫刻作業に入ったということです
この彫刻師は現在60才くらいと推定され、当時は40才過ぎくらいですか
彼は早くにその才能を見いだされ、技能は言うまでもなく、その独創性で評価を高め、現在はどのような作品を手掛けているのか気になるところです
資料)IL GRANDE LIBRO DELLE INCISIONI
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK