目に青葉
05/19(Fri) 15:16|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
青葉がそよそよと風に吹かれ、木陰で暫し深呼吸。
絶好の射撃シーズンを迎え、京都府民クレー射撃大会とヘタクソクラブ例会と二週続き、射撃の連チャンと言う人も多いかと思います。

DSC09601.jpg
こちらは射撃用? と、見慣れないベストと思われるかもしれません。昔は狩猟用はオレンジ色の指定がありませんでしたので、カモフラ柄・無地・革など様々あり、写真のベストもそのひとつです。勿論、今はこのようなベストは生産されていません。
国産品ですので、掘り出し物としてお安くネットショッピングへ掲載しております。

DSC09598.jpg
BERETTAのNewデザインTシャツです。BERETTAはイタリアではないの? なぜUSA? と、まがいもんちゃうか? と疑われるかもしれません。米国で販売されている商品で、現在は大文字のBERETTAですけれども、以前は小文字でしたので、あえて小文字にしている所がレトロな感じです。カラーはホワイトの他、ブラックがあります。

先週の日曜日は母の日。父の日よりも母の日の方が重きを置かれている感じがします。卵をポンと産み落としたり、電子レンジでチンとしたら"おぎゃー"と孵るなんてあるはずもなく、世の中が変わっても父のお腹から子供は生まれず、母は偉大なり・・・と言う事でしょうか。
DSC09591.jpg
母の日と言えばカーネーション。バラよりも価格が安く、今はカーネーションの種類も豊富で、ツートンや緑色、スプレーなど花瓶に数本入れるだけでもかわいい雰囲気になります。

この日は府猟友会のフィールド射撃大会が行われていましたが、天候もよかったのに参加者は少なかったそうです。フィールド射撃は盛んと聞いていただけになぜなのでしょうね。
DSC09554.jpg
母の日の午後からは千本通も北行が通行止となり、千本通は北へ真っ直ぐではなく、少し東に曲がっています。

DSC09552.jpg
今宮祭祭列に通りかかった修学旅行生がバスの中から手を振っています。

DSC09557.jpg
DSC09568.jpg
千本中立売では台車に載せられた今宮神輿3基が止まり、先頭のあぐい神輿を担いで回します。赤信号の下、ちょうど神輿に隠れてしまいましたが、ここに右大文字が見えるので、その瞬間を撮りたかったのですけれども。
DSC09578.jpg DSC09586.jpg
また、台車に載せてあぐい・鷹峯・大宮のお神輿さんは北へ戻っていきます。
これだけ大きなお神輿なのに担ぎ手が少ないように思います。

今回は京都御所その3の予定でしたが、先延ばしにします。
ヘタクソクラブ5月例会が連休最終日でしたので、お休みに観光地へちょっと出かけてきました。
つつじと言えば・・・・長岡天神、蹴上浄水場かな。

DSC09340.jpg DSC09341.jpg
地下鉄東西線蹴上駅のすぐ傍、琵琶湖疏水近く、三条通に面して浄水場があります。ゴールデン期間中、無料で入場でき、この日も大勢の人が訪れていました。

DSC09347.jpg
浄水場の西隣りにはウェスティン都ホテルがあり、こちらもきれいにつつじが咲いています。ところが、この写真を撮影した数日後、ちょっとした騒ぎが起こりました。イノシシがホテルのロビーで大暴れしました。えっ? ここから入ったのかって? そうじゃないみたいです。ここは車の進入路で、ここよりも東、三条通に面して自動ドアの入口があります。防犯カメラにその自動ドアからイノシシが入る様子が映っていたそうです。でも、ロビーは2階にあって、もしかして? エスカレーターを猪突猛進で駆け上げったのだろうか。
そのイノシシはロビーで捉えられましたが、ガラスに突進したり、パニックぶりが想像できます。

DSC09353.jpg DSC08176.jpg
そもそも、車がブースカ走る三条通あたりにイノシシが出没するのか? と言うとこのようにホテルの裏は山、東山の麓になりますので、疏水はもとより岡崎あたりまでイノシシが出てくることもあります。たまたま、ホテルに迷い込んでしまって、イノシシもびっくりしたことだろうと。でも、晴れた日の山側からの眺めは良く、左大文字も見えます。

DSC09367.jpg DSC09368.jpg
京都迎賓館よりも重厚な造りの建物は旧称京都市美術館です。只今、工事中。

DSC09370.jpg DSC09366.jpg
銘板には京都美術館とあり、ネーミングライツによりリューアル後は新称京都市京セラ美術館と名称変更し、How much? 50年間で50億円です。工事費用はこれ以上と言われていて、名称変更に反対意見もあったようですが、市が金欠なので仕方ありませんね。この向かいには京都国立近代美術館もあり、同じ所に2つも美術館が必要なのかと思いながらも案外お金がかかるんだな。
美術館から比叡山が見えた。

DSC09343.jpg DSC09344.jpg
洲浜。仙洞御所の洲浜に少し似ていて、ここは京都市国際交流会館です。初めて中へ入りましたが、階上の眺めの良いレストランは満席。それ以外は会議室・図書ブースなど興味のある物もなく、"天下り"の匂いが漂う。昔で言う、公務員の受け皿的箱もの。施設の目的は国際交流という事で、留学生などが利用すると思いきや、中高年の休憩所みたいになっていました。向かいには南禅寺があり、外国人も溢れていると言うのにからっきし外国人の利用する姿はありません。積極的に利用を促す雰囲気も全くなく、ホテル誘致と言うならば、まずはここを外国人専用の宿泊施設にするべきかと。

DSC09365.jpg DSC09364.jpg
油絵のような青葉の青々しさを間近で見られるのはやはり東山。桜のピンクから木々の緑に、華やかさから落ち着いた景色に変わりました。夏になると色が整い、新芽の瑞々しさは今しか見られません。
突き当りが南禅寺付近で、蹴上発電所から琵琶湖疏水は川のように広くなり観光船が行きます。

DSC09356.jpg DSC09613.jpg
神宮道から少し東に入った所にある小丸屋住井。団扇などを販売するお店です。団扇にも違いがあるようで深草うちわとよばれる物がこのお店の団扇で、我々は

DSC09614.jpg DSC09612.jpg
芸・舞妓さんの京丸うちわで目にします。いとこからもらった団扇の紋はおそらく祇園祭の紋で、裏側に私の名前が書かれています。一枚であっても手書きで名前を入れてもらえます。

DSC09357.jpg
鳥居に今年の干支の酉、鳥居の下には葵祭のふたば葵が描かれています。

DSC09360.jpg DSC09361.jpg DSC09362.jpg
福が詰まった屏風。団扇、扇子など舞台の小道具もあり、あいにく、この日は定休日でした。

DSC09346.jpg
こちらが料亭の瓢亭です。表通りから一筋中へ入った閑静な所にあります。敷居の高い料亭ですので、一度も伺ったことはなく、いつも素通りです。

DSC09351.jpg
瓢亭の近くにもうひとつ、料亭、竹茂楼です。美濃吉と言う方が知られていますかね。敷地内は竹が茂る佇まいで、昔は平安神宮とか下鴨神社とか神社で結婚式をあげて、料亭で披露宴と言う形式が多く、およばれする側としてはお祝いと言いながらも美味しい一流のお料理をよばれるのがとても嬉しい時でもあります。今流行りのハウスウェディングは演出ばかりが目立って、料亭とは質が違います。まあ、一生に一度の晴れ姿のお披露目ですから、お好きにどうぞ。しかし、これが数年で離縁となると、全くもってもったいない事と思います。この竹茂楼の西向かいは新築中の住友不動産の分譲マンションです。

DSC09355.jpg
今回、少し歩いてみて、マンションが増えたことに驚きました。似たような横文字の名前ばかりで、記憶できませんでしたが、岡崎周辺は高価格帯のマンションが多く、街の中心部に住む者には「買い物不便」「住人少ない」「観光客多すぎる」と、住みたい気は起りません。しかし、未だに新築すると言う事は人気のある地域なのでしょう。
写真は平安神宮の大鳥居の南、神宮道に面した、ポルトド岡崎と言うマンションです。築年数は古く、岡崎界隈では高級マンションのはしりと言われています。舌をかみそうな名前。
水商売の人や芸能人などのスポンサーが宿に使わせていたり、管理が行き届いていて、一階はテナントで店舗が並んでいます。週刊誌には安室奈美恵がこの岡崎にマンションを買ったなんて記事もありましたし。
大都会では眺望の良いタワーマンションが高級マンションと言われていますが、京都はタワーマンションが無いので、環境の良い所や利便性の高い中心部に高級マンションが多いです。京都のマンションは専有面積が狭い割には管理費が高いため、戸建の方が得な感じがします。

DSC09354.jpg
マンションの南に行列をなすお店。うん? 大明神総本舗? 大明神とは・・・・気になる。おうどん屋さんみたいです。

DSC09388.jpg
京都市動物園の北方面、岡崎道に面して、これまた行列が。どうもお店2軒に並んでいる。小林君が言うには「2軒別々のおうどんやさんがあって、北側の岡北は40分待ちできつねうどんを食べて、別の日には南側の山元麺蔵で2時間半待ちでつけめんを食べてきました。あれだけ待ったらおいしい気がします。並んでいる人は京都の人だと思いますよ。あの光景を見たら並んでみたいと思うんじゃないですか」 饂飩派大阪人、蕎麦派京都人と思っていた宇治金時はいつの間に岡崎はうどんスポットになったのか? と、たまには歩いてみないとわからないことが色々あります。
DSC09390.jpg
2軒のおうどん屋さんの更に北、丸太町通に近い所にグリル小宝があり、ここは洋食屋さんで、年配の人が並ぶ姿が。
そろそろお腹もすいたことだし、丸太町通から市バスに乗って、お家でインスタントカレーでも食べるかな。

帰る前に行くべき所があった。岡崎と言えば平安神宮です。修学旅行で行ったよー、と言う人も懐かしんで下さい。
DSC09363.jpg
大鳥居の突き当りが平安神宮で、この神宮道を上がっていくと二条通に出ます。友と通った時に二条通から北が歩行者専用道路になっていて「何これ? いつからこんなになったの?」「千本でこもっているさかいに」と言われ、4年前に来たときは車が通っていたよな。

DSC09371.jpg
ここから北のことです。平安神宮の参道みたいになりまして

DSC09372.jpg
こんなに広くなりました。この左手には旧称京都会館であるロームシアター京都があり、今年の顔見世興行はここで開催され、今年だけか来年もかはわかりませんが、チケットを手に入れる事ができるならば行こうと思います。芝翫さんの襲名の締めくくりになります。毎年、襲名があるのにはそれなりに理由があるそうでして。

DSC09374.jpg DSC09376.jpg
平安神宮は平安京大極殿を模した物で、歴史はありません。四季を通して美しい神苑は有名です。それにしても周りは外国人ばかり。タトゥーをしたタンクトップ姿の女性など、違和感を感じますが、外国人達は訪れてどんな感想を持っているのでしょうか。

DSC09377.jpg DSC09378.jpg
桜の花ではなく、ピンク色のおみくじが木に結わえてあり、見た目いいですね。

DSC09380.jpg DSC09381.jpg
DSC09382.jpg
東山を借景に右大文字も見えます。ちょっと方角が北に向いていますけれども。

DSC09385.jpg DSC09386.jpg
四神の白虎と青龍です。以前はありませんでした。ところで玄武と朱雀はどこにある?

DSC09379_20170520235234158.jpg
この日は宇治茶の新茶の試飲・販売があり、冷茶でのどを潤し、今日のおみやげは新茶です。青葉と新茶、目にも喉にもさわやかさを感じました。緑は体にいいんだよ。

新茶のお供は
DSC09337.jpg DSC09336.jpg
もっちり白いパンの中にはつぶあんと白玉がダブルイン。ぜんざいパンみたい。カロリー考えたら卒倒しそうです。ブログのネタの為に買ったんですよ。ヘタクソクラブでは定番のあんぱんでして、うぐいすあんやデニッシュにあんが練り込んであったり、今までにないあんパンを見かけたりして、ちょっとしたあんパンブームでしょうか。あんはバターとも相性がよいですし、パンを手に取った時のどっしり感もあんパンの特徴ですね。
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK