ヘタクソクラブ4月例会
04/04(Tue) 17:11|例会comment(0)trackback(0)edit
梅は~咲いた~か、桜はまだかいな。まだどすねん。

DSC08611.jpg DSC08612.jpg DSC08616.jpg DSC08676.jpg
まずは桜例会にちなみ会長さん撮影の富士山と桜の写真を額に入れて、進呈して下さいました。何年もかかってやっと撮れたという大変、貴重な写真もありまして、ポスターや絵葉書、カレンダーなどに使われる写真です。特に白鳥の写る作品は奇跡的なのだそうです。持ち帰った皆さんはお家でお花見ができますね。

では、成績です。前回はAクラスが多かったため、今回から65点撃ちとなりました。

OBクラス(75点競技)
1. 森下 54点 福井  2. 小菅 50点 京都  3. 上家 49点 京都

Aクラス(65点競技)
1. 高橋 53点 奈良  2. 岩城 49点 京都  3. 谷口貴 47点 奈良

スキート(75点競技)
1. 木村 63点 京都  2. 岩﨑 62点 京都  3. 清水 60点 京都

DSC08583.jpg DSC08586.jpg DSC08610.jpg DSC08625.jpg
スキートの様子です。最高点はキーさんの24点。これが優勝の要因です。ターさんは大きなおにぎりをほおばり、これ一個でご飯2杯分。朝と昼はしっかりご飯を食べて元気モリモリ。

DSC08590.jpg DSC08604.jpg DSC08603.jpg DSC08591.jpg DSC08592.jpg 1491135121946.jpg DSC08605.jpg DSC08602.jpg
20枚撃ちは少し物足りなく、消化不良気味と思われた方もあったのではないでしょうか。暖かく、クレーも良く見えて、爽快でした。
いつも撮影ばかりなので・・・と、メンバーさんが宇治金時の写真を撮ってくださり、使わせて頂きます。ありがとうございます。

DSC08595.jpg DSC08594.jpg
DSC08607.jpg DSC08608.jpg
DSC08649.jpg DSC08675.jpg
OBクラスです。

DSC08619.jpg DSC08617.jpg DSC08597.jpg
今例会の新人さんは狩猟をメインに銃を所持されました。お一人は大阪府のハンティングアカデミー一期生です。狩猟が始まるまでにご自分の銃がなじむよう練習を重ねて下さい。待ち時間も一緒にスキートを見学です。

DSC08678.jpg
今例会のトピックはこちらの車です。子供の頃に見たテレビのサンダーバードみたいで少し興奮しました。

DSC08600.jpgDSC08576.jpg 
シボレーは何年製と思いますか? 1956年製です。1951年には国内ではシボレーのパトカーが走っていたそうです。博物館から出てきたような車で、とても鮮やかなブルーに目を奪われ、アッという間に人だかりが。

DSC08641.jpg DSC08640.jpg 
車のオーナーさんはこちらの方で「祇園の石段下(八坂神社)へこれに乗っていくのがいいんですよ。70才代のアメリカ人観光客が興奮して寄って来ます」と。後ろのここからガソリンを入れるとのことで、今の車からは考えられず、魔術みたい。1950年・60年のアメリカでは憧れの車だったそうです。6月第一日曜日には鈴鹿サーキットでこのような車が500台ほど集まる西日本一のイベントがあるそうです。

DSC08633.jpg DSC08631.jpg 
ベンチシートがい~です。「どうぞ」と座らせてもらいました。ふかふかで、車のシートとは思えません。インテリア・エクステリア共にブルーで湘南、いえ、琵琶湖ドライブにいーですよね。「何kmくらい出るのですか?」と尋ねると、「150kmくらいですかね。それ以上出すとブレーキが飛んで、止まらなくなるかも」 「エッ?」
カスタムをしてオリジナルではない所もあるとのことですが、現役で走ることが驚きです。宝物のように大切に乗っていらっしゃるのがわかります。きっと車も喜んでいると思います。

DSC08636.jpgDSC08644.jpg
「えーなー」と、お気に入りでした。メンバーさんの中には自動車メーカーにお勤めの人も何人かいらして、ボンネットを開けて専門的なお話をされていました。「これはすごい」と感心しきりでした。パーツも取り寄せてきっちり合う物はほぼ無いとの事で、ご自分で手を入れて使用するのだそうです。銃よりもはるかにお金のかかる趣味です。

DSC08680.jpg
あれっ、確か去年はグリーンのベントレーだったのに・・・こちらも気になりましたが、大会終了後に気づき、残念でした。また、次の機会に。

DSC08589.jpg
シボレーと一緒に撮影してもよかったキャンベルスープです。オールディーズ、アメリカを象徴するふたつの出会いが嬉しかったです。キャンベルと言えばアーティスト、アンディウォーホル。彼は毎日、キャンベルスープを飲んでいたとか。今回の賞品は1週間分です。

DSC08626.jpg
食パンは「一度食べてみたいと」関心が高く、横に並ぶ残念賞のパン型スポンジも小さいながらも価格は本物のパンと変わりません。スポンジで食器洗いに精を出して下さい。

その残念賞はこの人に。
DSC08663.jpg
涙が出るくらい嬉しそうにみえますねぇ。 本物でなくて悔し涙?

DSC08660.jpg DSC08662.jpg
「今日はパンとスープで子供が喜びます」 

DSC08659.jpg DSC08672.jpg
そして、高級みかんは・・・周りから手が伸びてきて、気前よくわけていました。

DSC08657.jpg
スープは何個入っているの?

DSC08664.jpg DSC08665.jpg DSC08671.jpgDSC08667.jpg DSC08670.jpg DSC08669_20170404165841194.jpg DSC08668.jpg
「春を愛する人は心清き人」と言う歌がありましたが、花を愛する人は心清き人・・・のように思います。さくら色の花です。男性ばかりの中にピンクのお花も華やかです。お花は大きな鉢や花壇に植えると更に大きくなります。
桜例会は賞品がたくさんあり、皆さんの笑顔があちらこちらで見られました。食パンは好評でしたので、機会があれば又、用意したいと思います。
次回はゴールデンウィーク千秋楽、7日日曜日です。ファミリーもご一緒にご参加ください。
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK