さぼっていまセン
02/26(Sun) 21:44|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
梅が咲き始めたのに先週も少し雪が降りました。
更新されているか何度も見て下さっていた皆さま、申し訳ございません。
梅を愛でている時間はなく、今月後半は日本クレー射撃協会公認審判員講習会・京都府クレー射撃協会総会とお手伝いに行っていました。

DSC08161.jpg
公認審判員講習会は高槻射撃場で開かれ、近畿6府県から20数名が受講しました。ISSF(International Shooting Sports Federation ) 国際射撃連盟のルールに則り、国内競技の審判員資格を取得します。

DSC08159.jpg
ヘタクソクラブOB、ムネ子ちゃんも真剣に講師のお話を聞いています。もちろん、試験は合格です。
ルールはオリンピックの翌年に改正があるそうで、この日も2017年改訂分も資料として配布されていました。
細かいルールは公式ルールブックに記載されていて、国際ルールとは別に国内ルールもありまして、ルール変更がよくありますので、審判をする為だけでなく、選手にとっても現行ルールを常に頭に入れておく必要があります。
今年から競技中、声を出しての応援が認められることになったそうで、今までの「競技中はお静かに」は無くなります。失中したら拍手もありです。受講者から「応援と射撃妨害の区別はどうなんやろ」と戸惑いの声もありました。
ヘタクソクラブでは今まで通り、射撃中は静かにお願いします。クレーの集音機が雑音を拾ってノーバードになったり、何よりも射手が集中できませんので。
また、クレー射撃協会の総会では本年より、協会に入会しなくても条件付きで国体予選会に参加できるとのお話がありました。
これはクレー射撃だけでなく、他の競技団体も同じく門戸を広げていますので、それに同調した形です。
京都府内在住で今年の愛媛国体にチャレンジしてみようか・・という方は協会事務局までお尋ねください。

宇治金時も昭和63年京都国体前に奈良県天理射撃場へ協会員みなさんと1級公認審判員資格を取りに行きました。スキートのルールがわからず、でも、講師の方が親切に教えて下さり、しばらくは資格を持ち続けていましたが、もう、早くに失効しました。もし、ルールについてご質問があれば、銃砲店の先代がお答えします。
DSC08149.jpg DSC08152.jpg
講義中、ワンちゃんと遊んでいました。手はなめていますが、イノシシにはガブっといきます。お利口ね、お顔を見せて。

DSC08155.jpg
高槻射撃場は年明けから改修工事中で今月一杯、休業です。この日も急ピッチで完了に向けて作業が行われていました。
3月1日水曜日、リ二ューアルオープン予定です。

DSC08165.jpg DSC08164.jpg
射撃場の帰り国道171号線を通ると、日本電産の新ビルが現れました。本社の東向かいにグローバル研修センターなるもの。CMみたいに佐々木蔵之介さんが玄関から出てきたりして。

DSC08166.jpg
みずは北川のモンブラン大福です。お餅の中は栗あんで、栗が一個入っています。あっさりしたお味であんこが苦手な人も食べやすいです。ショーケースにはモンブランの隣りに生チョコ大福もありました。ちょっとこれは遠慮しておきます。こちらのいちご大福は大きいです。興味のある方はみずは北川さんのHPをご覧ください。

先週、中国人観光客の御一行がUnder ArmourとBERETTAの商品をたくさん買い求め、ネットショッピングからもはずしました。中国国内で猟銃の所持ができる人はごく限られていまして、通訳の人もしっかりしていましたので、役人さんかなという感じです。自分たちが獲ったイノシシの写真を見せてくれました。やはり中国も自宅で猟銃を保管することはできないそうです。

最近入荷した商品です。
DSC08101.jpg DSC08007.jpg
VANGUARDハンティングバックパックです。猟銃が背負えるようになっていて、レインカバーもついています。一般の人の方がこのブランドのことをご存知です。ショルダーの長さも調節できますし、ポケットのひとつは温冷仕様になっていて、前のベルトポーチはとりはずしができ、山岳用です。それに銃を収納できるということです。

DSC08107.jpg DSC08105.jpg
BERETTAのニットジャケットです。表は普通のニットですが、内側は防風生地になっています。色はグレーに見えますが、上品な杢ベージュです。防寒ウエア―と言うと厚物でしたが、最近は新素材の登場で薄物が増えてきました。射撃にも普段にも着用頂けます。これは本国、イタリア製で、日本サイズLです。
商品について詳しくは当ブログからオンラインショップへどうぞ。

ブログでご紹介した一銭洋食を買いに高島屋京都店へ行きました。今度は友人と本店へ行ってきますと、ご覧になった方からご報告を受けました。ありがとうございます。本店もおすすめです。

DSC08192.jpg DSC08193_20170226222624879.jpg
今日は円い物が続きますが、京都ではこれまたよく知られた麩まんじゅうです。お餅の代わりに生麩、その中にあっさりしたこしあんが入っています。麩自体は味がなく、お餅よりもしっかりした食感で、麩には青のりが練り込んであり、和菓子とは少し違う気がします。冷蔵保存でひんやり口にツルンと入り、2個は食べられます。麩が硬いと美味しくありません。みそあんが入っている物もあり、料理屋さんのお弁当の一品としても使われます。先のみずは北川さんの物も美味しいです。

DSC08194_201702262226259b7.jpg
ついついこういう物は買ってしまいます。こちらは四角い文明堂のカステラ2切入りです。姪っ子へ。

あとひと月もすればまた、桜の季節が巡ってきます。去年は小栗旬と・・・なんて妄想しておりましたが、元々、年下には興味なく、弟ならいいよなぁ。そりゃ・・・ね、うちの4代目とは似ても似つかん。顔をご存知の方はうなずく。
「どういうタイプがお好きですか?」と尋ねられると即答できないです。う~ん、鬼平、長谷川平蔵かな。吉右衛門さんではなくて、吉右衛門さんが演じる鬼平。精悍な感じでありながらも少し遊び心も持ち合わせ、情のある懐の深い人がいい、と、勝手にイメージして「この世にそんなんいるかい」と言われそうです。

近頃、男女の仲を騒ぎ立てる事が多く10組のカップルがいたら、10通りの付き合い方があるわけで、他人がとやかく言うまでも無くほっといてあげたら、と思ったりするわけですが、私の身近でとある艶聞を耳にして「ほら見てみい、言わんこっちゃない」と年増ならではのセリフが出てしまいます。今の若い人は異性に興味がないとか、一人がいいと言う人が増えているそうで、もったいないですよね。若いからできる事も多いですし、仮に思いが成就しなくても、後にそれが良い経験となって器が大きくなると思います。
同情よりも女心を知りたければ女に尋ねよ・男心を知りたければ男に尋ねよ。恋に悩む女性が「尽くす女性は愚かなのか」と言うもので、「尽くす女性でも時にはNOと言える人はいい女だと思うけどな」 自分で決断すればいつか涙も寂しさも消えます。離れてみて彼氏に「しまった」と思わせたら彼女の方がうわてではないですかね。
以前、松竹座へ行った時、舞妓さんが男性と腕組みし、その男性が70才くらいの地味な人でした。それが見ていても不快に思えませんでした。舞妓さんが飲み物を用意したり、かいがいしくお世話をしている様子でした。そのお年の男性でしたら舞妓さんの修業にお付き合いできる上客です。おじいちゃんと孫みたいなものですから、これが花街の良い習慣と言うか洒落た世界ですね。相手がホステスだったら純粋には捉えにくいです。老いも若きも仲良く、ハッピーに春を迎えよう

スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK