狩猟解禁・・・前
11/10(Thu) 17:01|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
狩猟登録証が交付され、解禁日を心待ちにしているハンターの皆さんは準備に余念がない事と思います。
小林銃砲火薬店は例年通り13日日曜日は臨時営業致します。営業時間は朝10時から夜6時です。また、この日は京都笠取国際射撃場でも装弾販売をいたしますので、射撃場でお買い求めのお客様は前日までにご注文をお願い致します。
この日以外でも毎週水曜日・土曜日は京都笠取国際射撃場にて出張販売をしております。事前にご注文を頂きましたら猟用装弾もお持ちしますので、今猟期も本店共々ご利用よろしくお願い申し上げます。

DSC06951.jpg
どちらにしましょうかね。スコープの取り付けは4代目にお任せ下さい。実際、取り付けてみないとわからないこともあります。
スコープにしても銃にしても「たくさんあると迷ってしまう」とおっしゃいます。そして「いいのが見つかった。ありがとう」と言われるとこちらが恐縮してしまいます。

DSC06955.jpg DSC06954.jpg
クリームソーダのようなゼリーのような丸い物は弾頭です。Remington AccuTip サボット弾です。2・3/4薬室ですが、サボット弾ですのでサボット銃身にしか使用できません。ノーマル銃身には使えません。
スラッグ弾と言えば鉛の弾頭がむき出しになっているものがほとんどです。このサボット弾はハードプラスチック弾頭の下に鉛芯が入っていて真鍮で包み、マッシュルームのように潰れます。弾頭の周りには羽根のような物が見えますので、恐らく発射するとこれが開くのでしょう。衛星ロケットみたいです。この弾の動画をご覧になると弾の構造がよくわかります。

2009529-remaccuslug_fs.jpg DSC06960_20161110212854c2c.jpg
この弾について説明をしようとRemington社webの自動翻訳を見て、大笑い。このように表示されます。殆ど意味不明の説明です。
slugにはナメクジの意味があったとは知りませんでした。
ハードプラスチック弾頭に穴が開いていて、発射すると風を切る音がし、それを察知したシカが止まる、と言う説もありますが、先端が丸いと抵抗が大きいので、尖らせてさらに空いた穴が水平弾道の安定を図り、弾頭の重さを一点に集めて威力を高めます。
スラッグ弾は命中精度はもとより獲物にダメージを与える力も備わっていなければいけませんので、最適なスラッグ弾をおすすめします。
Remington社は弾に関するノウハウは豊富で、見かけ倒しの製品は作りません。スラッグ弾は他のブランドも独自の製品を出していますので、色々試してみるのも如何でしょうか。
空中では強い破壊力を持つ実弾も水中では信じられないほど弱いことが実証されています。
水中で発射したライフル弾は水の抵抗を受けて1mも水中を進むことができず、水中では空中の60倍もの抵抗があるということです。我々が地上と水中を歩行するのに違いがあるのと同じです。それにしても何とライフル弾は水中では無力に等しいことか。

DSC06961.jpg
奥からソーベストレ鉛サボット・FEDERAL3インチ10粒・WINCHESTERサボット非鉛

DSC06962.jpg
左)Rottweil 9粒 右)Rottweil EXACTスラッグ

ヘタクソクラブ最終例会では初めて使う装弾の試射を兼ねてメンバーさんとご一緒に国際トラップに入れてもらいました。どうしてこんなにあたるのか? と言うくらい自分でもわからず、抜けが良く、とにかく弾の感触は抜群にいい。男性にはショックが緩いので頼りなく思われるかもしれません。
DSC06887.jpg
その弾はこちらです。FOBはショックは軽いのにクレーのはじきが強く、弾のおかげで数枚(あたりが)助けられたかな、と思えたら自分に適する弾だと思います。
一般的に弾にも散弾の広がるパターンがあり、銃身にも絞りのパターンがありますので、一概にこの弾が良いと言うものではなく、弾と銃身の相性もあります。ただ、データーだけではそれを探り当てるのは難しいため、アスリートシューターは実際、撃ってみて自分に合う物をお使いになります。
FOBは初速がフィオッキーオフィシャルと同じくらいで特に弾速が早いわけではありません。データーで見ると旭エスケービーの製品が弾速が早く、輸入品はそこまで弾速がありません。RXP・B&PがNIKEと同じくらいの弾速となり、弾速が早いとショックも伴います。
しかし、弾速以外にも選択項目として火薬の燃焼・鉛の硬さ・広がりのパターン等があり、国産品は銃身の汚れも少ないと言われていました。
FOBはNobel sport社が生産したもので、原産国はおフランスです。スリリングもフランス製で、いずれもショックが軽く、ズドンとショックが来るのが私は苦手です。イタリアにはFIOCCHIやBaschieri&Pellagriなど欧州屈指のメーカーがあり、日本国内でも需要が多く、射撃用は欧州製、狩猟用は米国製の弾が一般的によく使われています。
先の試射1ラウンド目はさておき、2ラウンド目は案の定、いつも通りにスコアーは下がり、周りから「メッキが剥げたな」と笑われ、パトリオットミサイルじゃないんだからさ、やっぱり腕が悪いんだよね。バシッとあたりはきれいでも、あたるかどうかは腕次第だからね。クレーに引っかかってくれればいーんだよ。と、射台で講釈を述べていると横の人が「その弾、買って帰るわ」と、お買い上げありがとうございます。後日、撃った感想をお聞きしようと思います。


11月に入り早くも年賀状が売り出され、初しぼりの酒粕をお得意様から頂き、年の瀬の足音が聞こえるようになりました。
DSC06952_20161111121808e19.jpg
こちらはお得意様のお母様お手製の焚き物です。しいたけではなくザクザク厚切りの松茸です。おひたしを濃くしたような薄味で際立った松茸の風味が口の中に残ります、毎日、少しずつよばれました。市販品よりも美味しいです。長年作り続けてこられた味付けは料亭の一品のようでした。名残りの秋、ごちそうさまでした。

お金持ちの御曹司どころかドラ息子がアメリカ大統領となり、どうなるのでしょうか。あれほど派手なライブショーのような選挙運動が必要なのかどうか日本人には理解しがたい所もありますが、アメリカの銃砲業界はトランプ大統領の方を歓迎するとも言われています。それよりも大統領の息子さんの方に注目。俳優のように端正な顔だちです。ベッカムJrよりもハンサム。父よりも彼の方が将来ケネディ大統領のようになるかもしれません。

千本通界隈も立ち飲み屋が開店したり、銃砲店の近所にインド人のインドネパール料理店が出来ました。私達よりも先にご来店のお客様が行かれて、そこそこ美味しかったと。銃砲店のついでにどうぞ。
そして、千本通を歩く外国人によく道を尋ねられる先代の奥さん。「キャッソー、キャッソー言うてはる。二条城へ行きたいん違うか?」と、道案内の指示が出ます。奥さん自転車にも乗れないのに英語が聞き取れるとは大したもんだ。“キャッスル”と言う言葉はおそらく伏見キャッスルランドを記憶していてわかっただけと思われます。まだ、ぼけていないようだ。
そんなついでにNTT電報を依頼した時の話。今はネットで申込みができます。けれども宇治金時は電話を使います。あのオペレーターの人達は音声だけで文字を起こしていくわけで、マッチのま、さくらのさ、いろはのい、と言い方があるようで、言う側は関西風ずぼらに「アルファベットでS・M・LのLです」 マクドナルドか? ラージのLと言う方がスマートと後になって気付く。
更に漢字の場合は間違いが起こりやすいので大変です。「はじめは筆に似たはじめです」と言うと「ハナ肇のはじめですね」とオペレーター。さすがにこれは平成生まれには通じないのではないかと、昭和生まれでよかったな。

意外にもこのブログを女性の方がよく見て下さっているようで嬉しいです。今日は男ばなしになってしまいましたが、冬の間は女ばなしを展開していきます。さあ、解禁日まであと数日、只今、かきいれ時。今年も豊猟でありますように。

スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK