今年は岩手国体
09/18(Sun) 21:19|射撃会comment(0)trackback(0)edit
お月様も綺麗ですが、雨もよく降ります。
8月から1ケ月ぶりの休暇となり、とにかく身体を休めます。疲れが出やすい時期ですので、皆さんも身体の不調を感じたら何らかの手当てをされることをお勧めします。

昨年は和歌山国体が神奈川県で開催され、今年は東北、いわて国体です。ちょっと時間が経過してしまいましたが、それに先立ち先月近畿国体が高槻国際射撃場で開催されましたので、その模様を少し掲載します。
当ブログでは初めて取り上げます。近畿2府4県で毎年、開催府県が変わり、今年は京都府で、6年に1度当番が回ってきます。ちなみに猟友会の近畿大会は三重県も近畿地区に入り、7府県が対象となり、国体とは異なります。TVで三重県は近畿なのか東海なのかという調査をしていまして、三重県ではどちらでもOKなのだそうです。理由は交通の利便性による県民意識の違いだそうです。

昨年の国体での京都府はトラップで個人3位、団体でトラップは6位、スキートは17位でした。
DSC06177.jpg
今年の近畿国体の成績です。

DSC06178.jpg 
京都府スキート団体第一位の表彰状です。

DSC06148.jpg
代表で受け取ったのは監督兼選手のコー君で

DSC06160.jpg DSC06171.jpg
スキート個人ではワン・ツー・スリーとスキート三銃士が独占しました。コー君・ナカ君・イッ君※注)今日はナマノ君ではありません
近畿国体において京都府の選手が揃って入賞と言うのは初めてでしょうか。それにしても開催県が京都府の時に嬉しいですね。三銃士の名づけ親の宇治金時が幸運にもこの目でその瞬間を見届けられたのですから。会長もご満悦でした。
一昨年の京都府民クレー射撃大会のブログで3選手をご紹介後、ヘタクソクラブのメンバーさんもスキート三銃士に興味を持って頂き、時々、彼らの様子を尋ねられます。“高い目標を持って練習をし、射台に立てばお互い好敵手。彼らと一緒に腕を磨きませんか? 将来、実力・チーム力共にスキート王国と言われる日が来るのかな”と、そのコメントに応える三銃士の活躍に「We are the champions」の曲を贈ります。あのブログ以来、京都府クレー射撃協会にも三銃士と一緒に本格的にスキートをしようという人が増え、よい雰囲気になっています。
新しい人が代表枠の一角を狙うことはなかなか難しく、強い選手が居るとチャンスが巡ってこないと諦めることもありますが、目標とする選手が居ることで頑張ろうと言う気概のある若手もいて、三銃士も追われる立場になりつつあります。
一般の人が三銃士の奮闘を見て、「射撃をやってみようかな」と興味を持ち、所持許可を取る人が出てくればと期待します。
あくまでも目標は本国体ですので、近畿国体は通過点です。しかし、平均年齢44才とクレー射撃では比較的若い選手構成ですので、実際、射撃を見ていても小気味よさを感じます。

DSC06072.jpg
近畿国体では審判員は各府県協会から役員が派遣されますので、今日は選手兼記録係もつとめます。

ここからは「アクセルf」の音楽を聴きながら書きますね。
DSC06074.jpg
2ラウンドを終了してコー君、どうなのかな? と、成績は47点、これは90点狙える。

DSC06068.jpg
イッ君は大会直前まで海外出張だった為、十分な練習が出来ていなかったそうですが、それでも84点と手堅く締めます。

DSC06119.jpg DSC06073.jpg
三人が見つめる先はナカ君。最終ラウンド24点と87点で、京都府は二位の和歌山県を引き離します。

DSC06123.jpg DSC06121.jpg
これまた三人が見つめる先はコー君。“抜くなよ。前半の調子で行けよ” 最終ラウンド22点ならば初の90点となりますが、88点。点数を意識せずにと言う方が無理です。大先輩が「そんな簡単に90が出るほど射撃は易しくない」と。そうです、みんなこの壁が高くて、何度も挑戦して強くなるのですから。これから先、幾度となくこんな経験がありますよ。
しなしながら、順位を落とすことなくトップの成績でしたので胸が張れます。

DSC06132.jpg
閉会式の三銃士。イッ君 “やっとビールが飲める~”て、顔してますよ。
個人的なお話になりますが、彼らは兄弟が居て、おそらく“兄”なんですよ。トラップの選手も兄の人が二人いますね。クレー射撃には“兄”タイプが向いているのでしょうか。
三銃士の血液型は不明。予想・・・イッ君B型、コー君ABかA型、ナカ君O型と三人違うと見たが・・・ご本人たち、このブログを見ていたら自己申告して下さい。そして、京都生まれの京男達です。
去年はスキートはトラップよりも成績が悪かったので、今年は負けないようにと近畿国体後、練習を重ね、銃のメンテナンスにも余念がありません。三人揃って本国体に行くのは初めてです。
スキート三銃士は京の新撰組のごとく、刀の代わりにMIROKUを携え来月初めには国体の地みちのくへ羽ばたき浪漫飛行。近畿国体のように一人一人が力を出し切ればチーム力で台風の目になるかも。もし、3位までに入賞したら・・・・新撰組の法被でもプレゼントしましょうか。当然、小林銃砲店の名前は入れさせてもらいますよ。いや、法被をイメージしたお揃いのベストは如何でしょうか? (ブルーと白やな、はちまきは・・・帽子もいるな・・もう既に妄想が始まった)

ではトラップにまいりましょう。
DSC06104.jpg DSC06098.jpg
DSC06095.jpg
以上、三名がトラップ京都府代表選手です。去年に続き出場する選手が2名、1名は初出場です。年齢は40才代・60才代で、内、お二人はヘタクソクラブのメンバーさんでした。

DSC06096.jpg DSC06146.jpg
京都府はトラップ団体5位で、成績は奈良県、和歌山県、兵庫県の順でした。スキートは京都府の他、2位から4位までの和歌山県、兵庫県、滋賀県がいわて国体への出場権を得ました。

DSC06093.jpg DSC06088_20160918232404236.jpg
DSC06099.jpg
奈良県は和歌山国体では243点の団体3位で、81点平均です。今年は一人選手が入れ替わり、今年も入賞圏内に入りそうです。

DSC06050.jpg DSC06067.jpg
単独で撮った写真もあるのですが、選手の了解を得ていませんので使用せず、左写真の左列が和歌山県です。20才代の若い選手が目立ちます。勿論、数合わせではなく、若い選手は実力で代表選手になっているわけで、去年、地元国体でしたので、数年前から強化に入り、トラップ・スキートの総合成績としては近畿地区ではトップです。

DSC05877.jpg DSC05876.jpg 
スパイダーマン本を読む。スパイダーマンつまみ食いをする。近畿選手権の時には後ろ姿だけの掲載でしたけれども、ここで再登場でございます。あっ写真を取り違えてしまいました。

DSC06091_20160918211258d0a.jpg
その正体は近畿国体トラップ堂々の1位です。余裕がありますね。歩く週刊文春と言っては誠に失礼ですが、明るいキャラクターで何かと話題を振りまいて下さるトップシューターです。もしも、もしも、いわて国体で優勝される事があれば、ブログネタのお礼に鴨川の床で一席、設けなければいけないかも・・・と。芸妓はなしで。もし、ご本人が耳にしたら、「ほんまか? そんならがんばろか」と、ターボエンジンがついたように銃口から火が吹くことになるかもしれず。でも、妄想がお得意な宇治金時ですから「もー10月は鴨川の床、終わってますねん」て、いけずな京おんな。

DSC06082_201609182111177b7.jpg DSC06084.jpg
2位と3位です。

大会結果は以上でして、ここからは外野の様子をお伝えします。
DSC06049.jpg
競技前には全選手・役員が整列し、開始式を行います。開始式の前には監督会議が行われ、選手交代・変更の手続き、府県の射番を抽選で決めます。その後、トラップ・スキート共に射団編成を行い、競技の準備が整います。
開始式前の京都府選手達。ちょっとまだ、眠気もあり、リラックスムードですが、徐々にエンジンがかかってきます。


DSC06059.jpg DSC06133.jpg
国歌斉唱と国旗掲揚です。近畿の射撃大会では毎年一回、この大会だけです。式の準備は射撃場にお任せで、大変助かります。6年ごとと言っても、パンフレットの製作、役員要請・選手オーダー・賞品や粗品の手配、等々その都度バタバタ状態です。
DSC06071.jpg
朝は県庁や府庁のスポーツ担当部局の人達が激励に会場を訪れます。

DSC06114.jpg DSC06076.jpg
女性審判員です。現役選手時代は全国大会はもとより国際大会へも出場されていまして、久しぶりにお会いし、おっとりした雰囲気はお変わりありませんでした。
右の写真は大阪府の役員さんです。役員さんも朝早くからまる一日、審判員としてご協力頂きます。毎年、ありがとうございます。そりゃあ、射台に立って撃つ方がいいですからね。
ルールも少しずつ変わる場合もあり、ルールの再確認と言う点からも、京都府会員も公認審判員資格の取得をお勧めします。

DSC06090.jpg
他県の選手ですが、射撃を始められた頃、何度かヘタクソクラブに来られたことがあります。今年も本国体へ出場されると思います。

DSC06092.jpg DSC06112.jpg
この日も射撃場へおいしいもんの差し入れがあり、アイスモナカと射撃場の奥さんが大好物と言う「喜八洲総本舗」のみたらしだんごです。お店は大阪十三にあり、「前の人が50本買ったし、55本買ってきた」と、男気あるな。以前のアイスクリーム48個と同じ人の差し入れです。「たれがとっても美味しいんよ、温かいうちにあがって」と、奥さんが絶賛のお団子はとても有名で「団子の焼き具合も加減してくれんね」 こげをしっかりとかこげを少なくとか。たれは英語でジャパニーズキャラメルと言うらしいです。

DSC06045.jpg DSC06046.jpg
 DSC06047_20160918204950611.jpg
射撃場に着いたのが朝の5時頃、高槻市内はまだ寝静まっていますが、徐々に夜が明けてきて、お天気はよさそう。

DSC06174.jpg DSC06175.jpg
そして、夜6時前、大阪府と京都府との府境で出会ったシカ。道路の傍でも逃げもせず。そして、京都市内も灯りがともり始め、暗いうちから暗くなるまで、射撃場での長い一日が終わりました。
6年後、また、京都府に近畿国体が廻ってくる時はどんな顔ぶれで、どんな大会になっているでしょうか。
いわて国体クレー射撃は10月8日開幕です。インターネットで随時、成績が公開されていますので、応援をお願い致します。選手皆さんのご健闘を祈ります。

DSC06454.jpg
花巻市クレー射撃場へ練習に行かれた選手の方から銃砲店の女性陣へのお土産です。落ち着いたピンク色に桜の地模様と絞り染め、展勝地さくら染めのハンカチです。空も水も澄んだみちのくの桜もたいそう美しい事と思います。京都は華やかな友禅染めで、またそれとは趣きの違う素敵なさくら染めは市川猿之助さんの義経千本桜の桜吹雪を思いださせました。お気遣いありがとうございます。射撃場の印象は「のどかで、いい射撃場です。隣りにはテニスコートがあったり、驚きましたけど」と。

DSC05890.jpg
高槻射撃場の帰り道、レクサス販売店に展示されていたLFA。2000万円以上するらしく、射撃場でも少し話題になっていて、この車は試乗できないそうです。まだ、実際に走っているのは見たことがありません。
 
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK