気が張っています
08/30(Tue) 21:18|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ヘタクソクラブの賞品ではありません。
DSC05775.jpg
日本人男性の喫煙者の割合が3割を切ったと聞きました。タバコは身体に良くないと言われていても愛煙家はなかなか止められず、写真はアイコス。携帯電話のように見えて、喫煙具とは知りませんでした。なので、説明をしてもらいました。

DSC05777.jpg DSC05774.jpg
アイコス用のマールボロは通常のタバコよりも短いもので、1箱の価格も同じ。アイコスにはマールボロしか使えません。JTでも同じような物が販売されています。アイコス用のマールボロは数種類あるそうで、味は通常タバコとほとんど変わりがなく、長さが短いからと特に吸う時間が短い訳でもないそうです。
パイプのような物にタバコを差し込み吸いますが、煙が出ません。吸わない時はパイプを充電器本体に仕舞っておき、その間にパイプを充電します。パイプは一本吸うと続けて吸う事ができず、本体の横にゲージがあり、パイプの充電具合はその表示でわかります。本体は1日バッテリーが持つそうで、本体はコンセントに差して充電します。価格は1万円弱だそうですが、TVで紹介した為、品薄状態です。アイコスを見ただけではどんな仕組みかわからなかったのですが、説明がわかり易かったです。既にお使いの愛煙家の皆さん、この説明で合っていますかね。

さあ、いよいよヘタクソクラブ東西対抗戦です。
初めての試みですので、緊張しています。いつも通り集まって頂けるとは思いますが、皆さんをガッカリさせることがないかと心配です。
まず、東軍・西軍の振り分けです。過去の例会をサンプルに人数に偏りが出ないよう、線引きをしましたが、余りにも偏りがあると今度は賞品が足りなくなってきます。
団体戦ですので、2種類の賞品を用意しています。
DSC06180.jpg DSC06179.jpg
勝利チームには日清カップ麺をとりどり詰め合わせた物を用意しています。今までから使っている薬師庵の生うどんにはかないませんが、ラーメンはご当地物の函館・信州・尾道。どん兵衛も北海道・東日本・西日本と味の違う物を揃えました。
地域によりつゆの味が違うため、関西では西日本味、関東では東日本味を販売しています。つゆだけでなく、きつねや七味も異なるという噂です。関西ではスーパーやコンビニで東日本味や北海道味は売られていませんので、食べた人はその感想を当ブログにコメントしてもらえたら。
このような理由でカップ麺も東西物としました。他にもカレーうどん、焼そば・鴨だしそばがあり、どれが入るかはもらってのお楽しみです。
ところで、この東西の味の境目はどこだと思いますか? 日清食品によると「天下分け目の」・・・関ヶ原なのだそうです。お餅が丸いか四角いか、おにぎりが三角か、俵型か、とか、広くない日本でも地域性が色濃く出ます。
残念チームには亀田製菓のお菓子で、こちらは新潟県です。

DSC06181.jpg DSC06182.jpg
忘れておりました。勝利チームのチームシューター4名にはラ王・チキンラーメン・カップヌードルなどが入った特別パッケージ10点セットです。チームシューターを目指して頑張って下さい。

DSC06194.jpg

DSC06193.jpg
プチイベントのお達者de賞は羊羹です。でも、よく見てください。どこの羊羹か。カメラのNikonです。何それ? ダミーか? ・・・と思わず言ってしまいます。なぜNikonが羊羹を販売しているのか不明です。写真撮影の待ち時間に口さみしい時、食べるのでしょうか。
小倉・塩・本練・ゆず・ごまの5個をセットにしてプレゼントします。ヘタクソクラブのメンバーさんの中にはNikonのカメラをお持ちの方が結構いらっしゃいます。当日、メンバーさんがNikonのカメラで撮った例会の写真を当ブログに掲載したいと思いますので、ご協力お願いします。
あんぱんが好きな甘党シニアの皆さんに遊び心と一緒に喜んで頂けるとよいのですが。

そして、抽選のシャインマスカットが当たった人の前後の番号の人お二人にジャンケンをしてもらい、勝った人に「かすったde賞」をお渡しします。何かは当日までシークレットです。気になる人は当日、賞品の並んでいる所を覗いてみて下さいね。
更に自称“ヘタクソクラブを愛する”メンバーさんから缶コーヒーをご寄贈頂きました。
競技ルールはいたってシンプル、全員75ケ撃ち、要はチームシューター次第で勝敗が決まると言うことと、表彰方法を団体形式で行うと言うことですので、気楽にご参加下さい。

例会の前宣伝はここまで。
ある日、中京区のパン屋さんへ行きました。名前は聞いたことがあったので、どんなパンがあるのか見たところ、「エッ?」350円、480円・・・1個がです。ケーキと変わらない値段です。一番安いパンはどれ? 高いパンはどれ? と商売人根性が出てしまい、あんぱんや食パンは売られていませんでした。でも、中京区と言う場所柄、お客さんは入っていました。値段を見ながらパンを買うのは初めての経験で、ちなみにパンは知人への手土産だったので、私は口にしておりません。
こんなたまげた事もあり、手軽に買える物として2つ前の記事に豆餅の事を書きました。その後、偶然だと思いますが、いつも、おせき餅を下さる常連さんから豆餅とくず餅を頂戴しました。お店のあの行列は並ぶ気がせず、わざわざ並んで買われたと思います。やっぱり美味しい。ありがとうございました。来月にはくり餅が店頭に並びます。
DSC06190_2016083023184564a.jpg

スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK