マスメディアの捉え方
02/23(Sat) 15:29|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ついこの間2月になったところなのにもう終わり。早いです。
ブログのよもやま話を始めるきっかけは勿論、昔の写真がたくさんあったから。
更に地方のご贔屓の方々から色々お話を聞かせてもらう機会があり、もっとたくさんの人々に知ってもらいたい
という思いも。
例えば、福島県で射撃をされている方から。
福島県内では福島第一原発関連から一部狩猟禁止区域があります。
理由は申し上げるまでもなく放射能です。
しかし、問題なのは鳥獣は移動するということです。この禁止区域を出て他で捕獲しようものなら
まず、放射能を調べる。そして基準値を超えたならばその個体の処分にまた困るということなのです。
なので、狩猟が大幅に縮小されているというお話です。
何ということでしょう。手がつけられないのです。
益々、鳥獣は増え野放し状態。私もテレビでイノブタとイノシシの映像を見ました。
たてがみがあって大きくて驚きました。
原発も危険が無くなるまで長い時間を要しますが、野生の生き物はこれからどうなるのでしょうか。

先週でしたか、NHKクローズアップ現代という番組で狩猟についての内容が放送されました。
主な内容は狩猟者の人口が減っているということや有害駆除で捕獲した獲物を地域振興に役立てるなど、
正しい理解の下、狩猟・有害駆除のイメージアップを狙ったものでした。
最近はNPO法人が有害鳥獣を計画的に駆除するなど昔に比べ形態も変わりつつあります。
ハンターによる有害鳥獣駆除に限界が生じるとなると、もしかして民間業者が駆除専門をひとつのビジネスと
して引き受けるようになるかもしれません。

さて、以前に当店がフジテレビの取材を受けたとお知らせしました。
もうそろそろ放映かなあ? と思っていたところ、取材担当者から連絡がありました。
結論は放映しません。その方の話によりますとアルジェリア人質事件を受けて、銃の映像は自粛するべき
との意見があったそうで、銃砲店の映像はカットとなりました。
ブログをご覧の皆様にお知らせできることを心待ちにしていただけに残念。
オバマ大統領のクレー射撃の写真公開や先ほどのNHKの番組も放映されているだけに
「テレビ局の格のちがい」なのかと思いました。

今日の写真はテレビの映像をカメラで撮ったものです。かなりぼけた見づらい写真ですが
ご辛抱下さい。

DSC04441.jpg

年配の方ならおわかりでしょう。
昭和の時代、11PMという番組で、写真右から司会の藤本義一氏、三橋達也氏、松方弘樹氏
中村嘉葎雄氏、先代社長。
皆さん当時、クレー射撃をされていて主に銃や射撃の解説を先代社長がしていました。
お酒の横に銃が並んでいます。こんなこともこの時代は許されました。
現在でも芸能関係で猟銃をお持ちの方はいらっしゃいます。チャンネルを変えてもどこも同じような
芸人の出ている番組を目にすることを思えば、芸能人射撃チャンピオン戦くらいやったら面白いのにね。
テレビ局が猟銃に関する番組に消極的理由は≪警察の目≫
視聴者が「こんなんええんか」と言っていくみたいです。聞いた以上は公安委員会も動かざるを得ず、
法に抵触しなくてもおこごとのひとつやふたつを言うでしょうから、テレビ局側はそんなリスクを
負ってまでやるべき内容ではないということでしょう。

DSC04442.jpg
番組での射撃の様子。今の技能講習なんぞ、掛け声をして、銃口の角度まで指示されて、まるで軍隊のような。
どちらの時代がいいのかな?

私ごとですが、毎回よーこれだけナガーイ文を書くなあ  と思われているようでして。
目は疲れます。しかし、指は疲れません。なぜならば、宇治金時はカナ入力をしているため
指の疲労はありません。
今時、カナ入力かよおー、とバカにされても楽なんです。速度は早いし疲れないし。
アルファベットだとカナの倍、指を使いますからね。
元々、就職した会社でタイピングの研修があり、1分間に80カナ文字を打つ訓練をしました。
そのお陰で1分間に100カナ文字をスイスイ打てるまでになりました。
日本語はカナ、英語はアルファベットで入力するのでとても効率的です。これは宇治金時の得意技かも。









スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK