億のお話
11/13(Fri) 19:02|よもやま話comment(2)trackback(0)edit
ひと雨ごとに寒くなり、そろそろ紅葉も見ごろとなってきました。朝はお寺の鐘で始まりカラスが鳴くとお寺の門が閉まるはずが紅葉狂想曲のごとくどこもかしこもライトアップと騒々しく仏さんは寝る間もなく、その内、お寺もコンビニのように24時間営業となるのではないかと思うくらいです。
15日は狩猟解禁日で、今年は日曜日とあって出猟する人も多かったのではないかと思います。雨の後でハンター達の猟果はいかがでしたでしょうか。今年も事故なく、獲物が多いことを願っています。

“京都ぎらい”と言う本が売れていると聞き、京都に対して“どうも鼻持ちならん”と思う人が多いと推察します。読んではいませんが、タイトルで食いつきを良くして最後には京都はいい所とくくるのではないか? 大阪の人は京都の人を“見栄っ張り”とか“高飛車”と、嫌う人が多く、逆に大阪の人は「ケチ」で名古屋の人は「しぶちん」と言われることもあるそうです。名古屋はドーンとお金を使う派手なイメージがありますが、県民気質は客観的に見ると面白いです。 宇治金時もどちらかと言えば京都寄りですので、今日は辛口にすっぴん京都の陰口です。
億と言えばお金。ジャンボ宝くじの当選金くらいしか馴染みはなく、これも当たることはありません。春に荒神橋(丸太町橋のひとつ北)にある法務局へ出向いた時、その南側にあった建物が解体されていました。公的機関の建物でしたので、建て替えかと横を通ると三菱レジデンスの5階建マンションとありました。前に鴨川・大文字が望め、2億円くらいかな・・・と思いきや、最上階の1戸は287㎡で7億円。販売側は付加価値と言いますが、原価計算をしてもぼったくりとしか思えず、宣伝の意図もあり、実際はもっと安くで取引されるのではないでしょうか。“高ければ良い”と信じる人か、お金の使い道がない人くらいしか買えません。三菱レジデンスと言えば南青山の新築マンションで施工工事のミスがあり、全契約を解除し、建て直しをするということで契約者には販売価格の20%を迷惑料として支払うという話がありました。施工会社の責任ですので、販売会社がすべて負担するわけではないでしょうが、その金額だけでも数十億となり、財閥系ブランド力と資金力で対応をし、京都のマンションの付加価値と言われる部分は東京の補てんに回されるのか・・・とよこしまな事を考えるのは私だけでしょうか。

中京区では億ションが次々と建設され、京都以外の資金が流れ込んでいて、京都駅周辺では宿泊施設用地が足りず、近々建物の高さ制限が緩和され、更に価格上昇が予想されます。東京から大阪まで商業地の地価が上昇している中、京都も例外ではありません。地価は景気の基準のひとつと見られ、地価の高騰というとバブル期の再来かと思ってしまいますが、あの頃は借金をしてまで不動産を投機目的で取り合った結果でして、そもそも不動産は売買で利益を得る株とは違い、買い時と言うのはありません。買いたい時に買う物、長期に保有するものです。買う時に高いか安いかの判断であって、例えばこの不動産欲しいけれども高いな、とためらっている内に売れてしまったとなると、二度とその物件は買うことができません。株ならば買い損ねてもまた、買い時はやってきます。観光バブルで砂糖にアリが群がるように観光ビジネスは活況を呈し、貸出金利が安く、借入れをして不動産を買う人も増えています。銀行にお金を預けていても利息はつかないし、それよりも利回りの良いものにと世の中にお金が還流し、世界にはどえらいお金持ちがいて、今の好景気は為替を始め観光は外国人頼り、投資にしても外資のお金が入っていることもあり、稼げる時に稼ぎまくって逃げ足早いのがその特徴ですので、荒らされた後は半沢直樹のドラマを見た人はどうなるかおわかりだと思います。銀行のことを“日傘は貸すが、雨傘は貸さん”と揶揄する言葉。同じ轍は踏まないように。このブログを読まれている方は不動産を買う事ないし無関心の方もいらっしゃるかもしれませんが、地価は固定資産税や相続税にも関わってきますし、投資信託も増えていますので個人への影響は無いとは言えません。

京都は見かけを重視する傾向があり、街並みにはうるさく街づくりには無頓着です、“鉄道会社と街づくり”と言ってもピンとこないかと思います。東の東急・西の阪急と言われるように鉄道を中心に不動産開発が行われ東急では田園調布や渋谷、阪急では宝塚などが有名です。銃砲店に近いJR二条駅は中心部の稀少な再開発地区で京都駅から7分、地下鉄東西線も乗り入れ、二条城へも近く、アクセスの良さを活かした街づくりをすれば京都駅に次ぐ第二のターミナルになったはずなのに。いっそのこと市役所を移転させるもよし、外国人の宿泊拠点を作ってもよかった。とにかく人が集まり地域の活性化を促して欲しかったです。現実は私立大学の立派な建物他、街づくりからは的外れの市のミスリードです。議会も何をしていたのか疑問符がつきます。市役所の増築に300億円、二条城の修復50億円、電柱の地下埋設工事は1km9億円など単体に億単位の支出とあってはお金は足りませんし、当然のように市民に負担を強いるのはごめんですから知恵を絞って自治体は収益を上げる意識が必要です。京都ぎらいもいれば京都好きもいるので、ふるさと納税におめぐみを。算盤勘定が下手と言うか世事に疎いと言うか市が二条駅の土地を売却したのはもったいないな。パン食い競争的な発想しかないんですかね。
ブログをご覧の方の中にはこれからお話する事に不快感を抱かれるかもしれませんが、お許し下さい。二条駅前にある私立大学の校舎があまりにも立派なもので、景観に配慮されているようにも見えず、なぜ駅前に必要なのか? と思います。市内のマンモス大学には3万人の学生がいて、一人当たり年間90万円を払うとして270億円。その上、助成金があり、入学金に受験料と大企業並みの数字がはじき出されます。
“合格した喜びもつかの間。入学金と授業料を支払わなくてはならず、早速、奨学金の案内をもらった” “あんな立派な校舎よりも授業料を安くしてほしい”と親たちは口を揃えて言います。最近は奨学金を利用する学生も多く、卒業生は借金を背負って社会生活をスタートさせ、夢も希望もない。親は子へ仕送りをし、子はアルバイトに勤しみ、わずかなお金も無駄にできぬと苦学の学生で済まされていいものか、これが教育の場にふさわしい事なのか考えさせられます。
勿論、京都だけのことではなく、大学の街、京都から是非とも改革をして欲しいものです。しかし、京都では宗教法人と学校法人は表裏一体の所が多く、タックスヘブンでもありますし、巨額のお金が動くこれらは不動産よりもおいしい投機対象だとも言えます。いずれにしても我々庶民には億のお金なんて無縁で、せめて夢の中ででも億ションに住んだり、宝くじに当ったり、喜びたいものです。でも、実際に起こったら・・・心臓止まるかも~。

DSC03046.jpg DSC03048.jpg
DSC03051.jpg
オレンジベストに柿。西陣猟友会射撃研修会でのみなさんです。柿を食べてエネルギー補給。柿食えば腕が鳴るなり猟師たち。
柿が食べ放題でも皮むきが大変です。しかし猟師さんのナイフさばきはご覧のとおり鮮やかで宇治金時よりかはよっぽど上手に皮をむかれます。

DSC03062.jpg DSC03065.jpg
DSC03054.jpg DSC03081.jpg
こちらはミドルエイジ、アスリートの部。和歌山国体で京都府のゼッケンをつけていた3人が今日はオレンジベストを着て狩猟用の銃で練習です。西陣支部にはもう一人、国体選手がいますが今日は欠席でした。一つの支部にアスリートシューターが多く所属するのも全国的に珍しいと思います。オレンジバージョンでの京都府クレー射撃協会の面々4名で記念写真です。

DSC03073.jpg
こちらはシニアエイジ、ベテランの部。毎年開催される京都府猟友会安全狩猟クレー射撃大会で今年も団体優勝した射撃軍団西陣支部。その主力メンバーがこちらです。先の国体選手達は国体と時期が重なるため安全狩猟クレー大会には参加しませんが、それでもベテラン陣が底力を発揮し、層の厚さがうかがえます。前半スキート2ラウンド・後半トラップ2ラウンドと個人メドレーではありませんが、よくあたっています。しかし、トラップはちょっと体力的にお疲れ気味の様子でした。柿を食べなきゃ。ヘタクソクラブとは違いみんなオレンジなので後ろから見ていても誰なのかわからず、横から覗き込んで確認していました。

DSC03075.jpg DSC03077.jpg
笑顔で拍手、満射がでました。ご本人は“フー”とほっとした表情で、この日はただ一人の満射でした。

DSC03086.jpg DSC03087.jpg
スキートの皆さんから「スキート射ちいな」と言われます。私が撃つとタイミングを逃しハウスを撃ちそうで。一人で1番射台に立ち、思っていたよりか距離があり、8番はこんな感じかと、トラップと違い開放感があり、全体が広く見えました。
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示
No.9
川嶋さんが富山放送でデビューしました(笑)
遅咲きのスターの誕生か?!(大笑)

http://news.bbt.co.jp/topics_detail.phtml?Record_ID=db1e5da90fa0e1b36551b3c60f0f3bcf
松本 憲幸|11.17(Tue) 07:49|URL|
No.10
いつもご覧頂きありがとうございます。新聞にとはお聞きしておりましたが、初テレビですか? もちろん、事件ではなく話題での登場ですから我々にとってはありがたい事です。ところで、肝心の収穫の方はどうだったのでょうか? 松本さんはどうでしたか? まだ、始まったばかりですから大きな成果があったらお知らせください。
ヘタクソクラブ|11.17(Tue) 12:28|URL|

TRACKBACK