オバマ大統領 スキート射撃
02/04(Mon) 15:02|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ヘタクソクラブの日程をご覧になった方からスキートマンクラブの日程はまだですか?
とご質問がありました。
こちらは上野射撃場を使用するため、まだ、日程が決まっていません。
早くても3月頃となりますので、わかり次第、ブログでお知らせします。もう少しお待ちください。

さて、夜のTVニュースでオバマ大統領がキャンプデービッドでスキート射撃をしている写真を見ました。
サウスポーで、かなり銃床が長いというのが目に留まりました。
「スキート射撃をやっている」と言っているそうで、意外や意外。ここで「スキート」が脚光を浴びるとは。

ブッシュ前大統領は親子共、銃が好きだったようで、その関連記事も。
l_r_phorn_franco_gussali_beretta_pres_gw_bush_presgwb-tfb-tm.jpg
NRAの記事によると
2010年、あるレセプションで当時ブッシュ前アメリカ大統領が手にしている銃はBERETTAのオーナーからの
プレゼント品。
モデルSO10EELLだそうです。
大統領の父も同じくオーナーの父から銃をプレゼントされていたそうで、BERETTA社からすればアメリカにたくさんの銃器メーカーがあるにも関わらず、イタリアメーカーがアメリカ軍・警察の公認を受け、その国のトップであった方への贈り物は名誉なことであろう。
記事ではこの銃のことにも触れ、Mr.ブッシュのために世界にひとつだけの最高の銃を作ったとあります。
例えば、サイドプレート彫刻は24K金象嵌でハンティングシーンを、イニシャルや彼の愛犬をイメージした
ものなどがデザインされているそうです。しかも製作に500時間以上もかけたということ。

普通はサイドプレートの彫刻で約200~300時間と聞いたことがあります。
一人の彫刻師がスケッチから彫刻まで行います。彫刻師集団では複数の手によって作られる物もあります。
BERETTAでもPERAZZIでも特注品と言うと「時価」「お見積り」ということになるのですが、
台木を選んだり、彫刻をこうして欲しいとか、リクエストをするとこうなります。
当然、このような品は国王や世界の富豪という方が所有しており(それも何十も)、我々の市場には出回ることは
ほとんどなく、中古品はサザビーズやクリスティーズと言われるオークションでの流通となります。
まさに美術品です。はあ~とため息が出ますね。公安委員会に「銃をはなせ」を言われるこの日本とは
スケールが違います。
素晴らしい彫刻は後日、ブログに載せたいと思っています。


昨日は節分。普段は仕事があるため近くの神社へお参りするのですが、今年は休みなので少し足を延ばし
千本今出川あたりへ出かけました。釘抜き地蔵という有名なお寺は煙で前が見えないほどのにぎわい。
庶民の地蔵信仰の篤さがうかがえます。
そして、千本えんま堂。名前の通り閻魔大王様が鎮座され、大きな目でにらまれると
まさに迫力の「厄除け」を実感します。
幼いころは遅くまで起きていると「閻魔大王さんが千本通を歩いて、起きている子を連れていかはる」とか
嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれるとか、親の言うことを聞かないと「えんまさんの所へ連れていくぞ」と
少々怖い存在で大人になって訪れるようになりました。
えんま
フラッシュを使わなかったため、ピンボケで失礼。かなり大きい坐像です。この左右に閻魔大王のアシスタントが
おります。丁度、あんじゅさんのご祈祷が終わったところで、お参りの人たちへ一礼をされました。
閻魔さんに食べられてしまいそうなかわいいあんじゅさんでした。
このブログを見られた皆さんに開運厄除け
ご利益がありますように

DSC04431.jpg もう一つおまけ。
鐘の上のもの何に見えますか? 器らしきもの。はい、これは閻魔大王さんの湯呑みだそうです。
下から見ているのでどのくらいの大きさかははっきりわかりませんが、30cmくらいあるのかな。
こーゆーユーモアがいいですね。
宇治金時は帰りに近くのお餅屋さんでいちご大福を買い、家で頂きごちそう様でした。酸味・甘味のバランスが
よく、また買いにイコーッと。
そうそう、ブログを見た方が私に「宇治金時ってめちゃくちゃ面白い。どこから名付けたの?」と。
特に理由はありません。たまたま射撃場でお客様から鳴門金時をもらいまして、なんで鳴門金時なのかな?
宇治金時と関係ないよね、とか言っていたことはありますが、西陣おたふくでも千本大福でも
何でもよかったんです。宇治金時の方が品がありますでしょ?
本人は改名してもいいと思っていますので、ご意見ある方はどうぞ。





スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK