北野天満宮
01/26(Sat) 14:58|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
昨日1月25日は初天神。「天神さん」と呼ばれている北野天満宮の恒例の市です。
1月・2月は受験シーズンでもあり、天神さんは大賑わい。
東寺の弘法さんが毎月21日で、両方とも1月は初弘法、初天神。12月は終い弘法、終い天神と呼ばれ
とりわけたくさんの人が訪れます。

さて、京都人がブログに書くことと言えば必ずといって「どこどこの何がおいしい」という
記事。我々は食べることにあまり関心がないので、また、商売にもかかわりがないので、あまり期待しないで
下さい。

今日の写真はどれにしようか? 二代目のカモ撃ちかな?
カモ撃ちが上手だったおじいさんの血筋か? 先代もカモ撃ちが上手でした。猟歴約60年。
様々な猟をしましたが、やはり、カモ撃ちが好き。昔は店長と二人であっちやこっちや猟にでかけたそうです。
四代目がカモ撃ちをし出してからは「どこ撃っとるんや。しっかり撃たんかい。」と次々とカモを取り逃がす
倅にゲキを飛ばしていました。四代目がまだカモ撃ち1年生の頃は見かねて「せっかくのチャンスやのに
見てられんわい。小さいのは撃たんでええから、大きいのだけねろたらええねん。お父さんが撃つから見とけよ!」とバサッとマガモを落とす。
「カモはな、落ちても腹ださへんかったら半矢(川で)やから、もぐったらわからんようになるし
しっかり目で追うとけよ」
毎年、数回しか猟には出ませんが、四代目もカモが惜しいらしく、親父に負けじと今年はしっかり撃ち落とし
てきました。四代目いわく「カモは羽が強い。当たってるんやと思うけど、落ちひん。せやし、当たってへんのかな? と思ってつい加減する。やっぱ、向こうからこっちへ向かってくる角度が一番むずかしいなあ」と
ようやく一人前になったかな?
おじいちゃんからのカモ撃ち猟は孫へ受け継がれています。
持ち帰ったカモの羽をむしるのは女性たちの仕事。
あの鳥のブツブツした肌が気色悪いと言う人も少なくありませんが
カモは特にこれがおいしいと思うのですが。
首がちぎれかけていたり、せっかくのいいお肉に散弾が入っていたり、撃ち落としたカモならでは。
後の処理が大変なので、羽がついたままの数羽は社長の友人がオーナーシェフをしているフレンチレストランへ。


こちらのシェフと社長は同級生でこの地に開店されて新しい、ご夫婦で営業している
評判のフレンチレストランです。北野天満宮東門前 RACINE ラシーヌ  水曜日定休。
特にシェフはジビエ料理に自信があり、普段はフランスから空輸された素材を使われるそうですが
自らも猟に出かけるという行動派です。
社長が持ち込んだカモは後日、美味しいテリーヌや煮込みにしてオーナー自ら「この間のカモ。食べてみて」と
お持ち下さいました。
カモ鍋やカモすきにしか知らない私たちはびっくりで、さすがにプロの手にかかると・・・これで
カモも成仏できるというもんだ。
シューター・ハンターの皆様、たまには奥様やお友達とご一緒に粋なフランス料理は如何でしょうか。 

DSC04356.jpg
カモ撃ちかな? キジ撃ちかな? 二代目は水平二連銃チャーチルを手にしています。
今にも鳥の羽音が聞こえてきそう。
随分昔の写真ですが、そんな古さを感じさせない不思議な写真です。
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK