狩猟免許試験
05/20(Wed) 15:47|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ここ数日、さわやかな風が心地よいです。この時期も混雑を避けて観光をする人々を見かけます。来店のお客様からこのお店ご存知ですか? とか、これから食事へ行きたいけれどどこがいいですか? とか尋ねられます。お客様の好みをお聞きして応対します。楽しいひと時を過ごして頂ければ。
先の四条通の渋滞。ある人は「観光客って四条通とちごて錦通を歩くんちゃう? 」と言い、それもそうねって納得。錦通は食べ物の市場で、通というほど広くはないもののいつも観光客で埋め尽くされています。四条通の工事をやって祇園祭が見やすくなるくらいしかメリットが無いように思います。
京都企業のお話に関連して「非上場の企業」なるものも少し関心があり、大企業でありながら非上場であり続ける意義は?
サントリー・JTB・竹中工務店・佐川急便など誰もが知る名前です。創業家が大金持ちなのだろうな・・・と。私どものお客様もサラリーマンの方が多く、やはり企業が元気でなければ我々零細企業はそのおこぼれに与れませんから。

昨日は初心者の猟銃等所持講習会でした。合格された何人かの人からは連絡をもらい早速次の手続きに入ります。聞くところによりますと次回7月以降の学科試験は問題形式が変わるとのことで、現在の四者択一式ではなくなるそうです。どうしようか・・・例題集が対応できなくなるな。
そして、今年の狩猟免許試験の日程が発表されました。
京都府内では4回実施されます。京都会場が3回、福知山市で1回です。いずれか選んで受験します。
DSC01435.jpg
DSC01438.jpg DSC01437.jpg
写真は拡大してご覧ください。狩猟試験のパンフレットは店内に置いておりますので、どうぞお持ち帰り下さい。

ゴールデンウィークが明けてからは店も落ち着いています。来店のお客様が少なくてもネットショッピングの方で売上があったりして、ネットショッピングの掲載からはずす商品も多く特に帽子は在庫が減ってきています。入荷しましたら再度、掲載しますので、引き続きご覧ください。ご来店並びにネットご利用のお客様に感謝申し上げます。最近はお客様の方からこんな商品を探しているのですが、ありませんか? というお問合せもちょくちょくあります。HPやネットショッピングに掲載していないのですけれども、それがあったりするんですね。お客様にとっては「やったぞ」って感じで。小林までに何件も他へ問い合わせをされていたのだと思います。もちろん無い品もありますので、期待しすぎないでください。
相変わらずBERETTA A400は人気があり、今も予約待ちの状況です。この間も遠方から来られたお客様が「どこを探しても品物が無いし、小林さんとこが一番早く手に入りそうだから予約します」とおっしゃっていました。奥様も「京都へ行ける機会が増えるから京都の鉄砲屋さんにして」とこの日もご主人が銃砲店にいる間、奥様はゆっくり観光をされていたそうです。こんな例もあります。京都では所持許可はおりないけれども他の県ではおりる、という猟銃もあり、こういうものこそHPで広告できるという良さはあります。そもそも府県によって可・不可があること自体おかしいことでして。
とても小さいこの業界ですから、販売する側、購入する側双方が広域的に情報を交換できる良い時代になりました。

ある話から知人が褒章をもらい「まだ年金ももらっていない年なのに、こんなのもらったら年寄りになった気がする。あとは戒名をもらうだけやな」と褒章なんて我々には縁遠いもので、もらった人ならではの感想のような気がします。この方のお仕事は定年がないので、「これからもしっかりと働きなさいよ」という激励ともとれますかね。

DSC01406.jpg DSC01405.jpg
こちらは本隆寺(智恵光院通五辻上る)の外壁。瓦が土壁に埋められていて天然の趣があります。周囲の民家ともなじんでいて、ゆがみのない瓦の直線的な意匠が斬新で、人の手のなせる業。寺といえば白壁や白い線の入った壁が多いのでこの壁は珍しい。確か大徳寺もこのような壁だったと思います。ほの暗い街灯のあかりだけで明るく撮れました。カメラの高感度機能のおかげで雲まで映っています。


DSC01412.jpg DSC01411.jpg
こちらは人の手で、道路にお絵かき。横断歩道の塗り直し作業中です。「あっ、間違った」と直せないですからね。タイヤがパンクしたような仕上がりにはなっていません。お見事。昼間の車の往来が多い時間であるにもかかわらず、通行制限せずにあっと言う間に白線を塗っていきます。せっかく塗りなおしても乾くまでにタイヤの跡がついてしまう。
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK