狩猟セミナー開催
02/03(Tue) 17:27|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
寒いのはともかく近頃、この時期にしては雨がよく降ります。しっかり降る雨ではなく、しとしと、昨日はしぐれまじりで、今日も夕方降りました。

もう少し案内の到着が早ければひとつ前のブログにセミナーの案内を入れられたのですが仕方ありません。
主に狩猟に関心のある方、狩猟を始めたばかりの方を対象に“狩猟が見えるセミナー”が2月21日(土)午前10時から午後3時30分まで京都府南丹市日吉町生涯学習センター“遊youひよし”で開催されます。
猟友会の方が講演・パネルディスカッション・実演などをされます。お昼にはイノシシ汁の試食もあり、参加料は無料。
参加申込は2月9日(月)までに参加申込用紙を郵送・メール・ファックスにて京都府南丹広域振興局森づくり推進室へ送って下さい。尚、食事はご希望の方のみ500円にてお弁当を用意できますので、申込み時にあわせて申込みをして下さい。
振興局は〒621-0851 京都府亀岡市荒塚町1-4-1 E-mail nanshin-no-mori@pref.kyoto.lg.jp FAX 0771-21-0118 TEL 0771-22-0426
申込用紙は小林銃砲火薬店にもありますし、直接、振興局へ請求もできます。お知り合いの方で狩猟に興味がある方にお勧め下さい。
このチラシが届き、見ている所へ“狩猟をしたいと思って”とお一人様ご来店。グッドタイミング、このセミナーを紹介すると“行きます”と。ネットを見ていてもどうしたら狩猟ができるのか、その流れがわからず銃砲店へ来られました。スッキリした面持ちでこれから初心者講習会の申込みに行ってきます、と店を後にされました。まずは第一歩のお手伝いができてよかったです。

DSC00827.jpg DSC00831.jpg
DSC00830.jpg

DSC00824.jpg DSC00826_20150203214030de8.jpg

山はしぐれています。釘抜き地蔵というお寺です。お参りしました。写真の通り釘抜きと釘が板にはめられそれが多数、御堂に奉納されています。願掛けのお礼です。釘抜きが「苦抜き」となり、お百度まいりをする人の姿もあります。こじんまりしたお寺ですけれどもお年寄りがたくさんお参りされています。この日は焼き芋がふるまわれていました。地図でお寺は卍で表記されます。仏教ではこれは吉祥を表すそうで、ここの瓦屋根にも卍が入っています。お地蔵さんと言うと子供を守ってくれる仏様というイメージで京都の街中にはいたる所に小さな石像があります。かさ地蔵の昔ばなしにも登場するように如来とか菩薩とかよりも親近感があります。このお寺には見慣れた不動明王、観音像もあります。日本の仏教は厳しい制約がなく、誰でもいつでも仏様に手を合わせられる良さがあります。幸せな時に手を合わせるよりも苦しみ・悩みを抱えている時に仏様にすがる思いが生まれます。困った時だけお願いするなんて都合の良い話ではありますが、日本人が他の国の人々に比べて穏やかな気質なのはこのような理由もあるのかもしれませんし、ご先祖さまへの感謝も信仰のひとつ。ある人が「なぜ信仰をするのか? それは目に見えないから。神や仏の存在が明らかではないから」と言いました。そう、だから信じようとするのかもしれません。真実がわかれば信じないということでしょう。

DSC00811.jpg DSC00813.jpg
DSC00815.jpg
新店の紹介です。福井の親戚の下で修業をされた方が京都でお店をオープンされました。越前酒膳 白山ムーンです。
北陸の新鮮な魚介と日本酒が味わえます。今回は大将と親戚の女将のおすすめの品を出してもらいました。
もちろん日本海のズワイガニで「ズボガニ」という地元以外には出回らない食べごたえのあるカニです。手でちぎってスポッと身が出てきます。脱皮した殻はやわらかくて身がはがれやすいらしくお店の人がお手本を見せてくれました。カニ酢をつけなくても美味しい。京都も日本海側ではズワイガニが獲れますが、とてもとてもお値段に目が飛び出ます。でもこのズボガニは手が届きます。そしてバイ貝も宇治金時の手ぐらいジャンボですし、赤カレイの焼き物は身が厚くてホクホク。とにかく素材の大きさ、新鮮さに驚きです。京料理って綺麗ですけど、食材を部分的にしか使わないので、魚1匹など食材をまるまる食べさせてくれる所が京都にはあまりありません。魚料理ならお任せって感じのお店です。今の時季なら寒ブリ・ズワイガニ・のどぐろ・あんきもの味噌鍋・白子などなど思わずツバをゴクリとお魚好きにはたまらない。黒龍のお酒もあり、越前そばも食べられます。お魚とお酒が好きな方にお薦めです。一人でカウンターもOK。どうぞご利用下さい。
白山ムーン 京都市中京区蛸薬師通柳馬場東入南側 Tel 075-257-7630 17:00~24:00 月曜日定休


スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK