無事に一年
12/30(Tue) 20:30|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
今年もあと一日を残すところとなりました。
去年の暮れは“疾風を駆ける馬のごとく”と新しい年への思いを語っておりました。まさにその通りのあっと言う間に一年を駆け抜け、小林銃砲火薬店をご贔屓にして頂きました皆様のお蔭で良い年末を迎えることができ、ありがとうございました。

年内最後の営業日の今日は地元のお客様はもとより兵庫県・滋賀県・三重県など遠方からのお客様もお越しになり、しじみやつきたてのお餅を頂いたり、“どうぞよいお年を”と、お正月前の人の往来のありがたさを感じておりました。
閉店時間が近づくと“あと一時間か。何かさみしいな”と、珍しく四代目がつぶやきます。” この方なりに一年を振り返っているのでしょう。店長も今年は少し体調が戻り、無事に一年を終えました。きれい好きな小林クンはさっさとお掃除を終え、張り切ってお正月休みに入りました。
今年一年、ご愛顧頂きましたお客様に深く感謝を申し上げ、相変わりませず来年もお引き立てを賜りますよう何卒よろしくお願い致します。

今年最後のブログがあるはず・・・と期待して下さった方のために。
DSC00493.jpg
Set of Five と言われる5挺セットの上下二連BERETTA特注品です 彫刻まではわかりませんが、Galeazziの彫刻で12番径が2挺と20番径が2挺、28番径が1挺で、それぞれに特製ガンケースがつけられています 我々扱う番径は12と20と410ですが、28というのもあるのですね。昔は16番径というのもあったそうです。

DSC00490.jpg
写真が不鮮明で申し訳ありません。5挺の唐草などの彫刻は統一されていますが、彫刻モチーフはそれぞれ異なります。銃身の根元にペアガンはⅠ・Ⅱと表示され、シリアルナンバーはこの銃の場合、AAA001B~AAA005Bと通し番号です。
このような特注品にまずお目にかかることはありませんが、散弾銃と言えども奥深い。
そもそもどうしてペアガンというものがあるのか、疑問に思われませんか? 何でも高貴な方々が狩猟をする時、弾を撃ちきって自分で次の弾を装填はせず、1挺目をバンバンと撃ったら、おつきの人に渡し、2挺目に取り替えてバンバンと撃つのだそうです。なので2挺必要とか。はあー、そうなんですか。知りませんでした。
英国ではハンティングは昼間の社交場だったのでしょうし、日本の皇室や宮家がロンドンガンを所有していたのも国外の来賓をもてなす為だったとも聞いています。
そういえば何年か前、天皇陛下がまだお若い皇太子殿下時代、FNの単身自動銃でクレー射撃をされている写真が週刊誌に掲載されていました。これはベルギーへ訪問された時におみやげにもらわれた品で、実際にお使いになったわけです。皇太子殿下はえらく気に入られ射撃を続けたいとおっしゃったそうですが、叶わなかったみたいです。

さて、忘れていました。GUN SHOWに来場していたヘタクソクラブメンバーさんとは…この方でした。
DSC06941.jpg
答えはシーさんです。

DSC00479.jpg

ジャーン。やきもちです。その名の通りあん入りのお餅が焼いてあります。京都ではポピュラーなお菓子です。
神社の門前や茶店には名物餅菓子があり、上賀茂神社はやき餅、下鴨神社はみたらしだんご、今宮神社はあぶり餅、北野天満宮は長五郎餅や粟餅、城南宮はおせきもち、という風に。いずれも素朴なお味ですけれども、初詣にお出かけの際にはご賞味ください。

では皆さま、よいお正月をお迎えくださいませ。
新年は5日月曜日より営業いたしますので、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
name:
url:
pass:

管理者にだけ表示

TRACKBACK