桜を食べる
03/25(Sat) 22:00|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
一週間の経つのが早く感じられます。
「アキエ騒動」をぶち上げて、時間をかけて結論が出ない事にならないでしょうね。つくづく「おとなって嘘つき」と思います。誰かが嘘をついているのは明らかなんですけれども、許される嘘と許されない嘘があって、偉そうに言えないおとなのこういう姿は子供には見せたくありません。

先の三連休はお休みとはならず、一日は京都府クレー射撃協会例会へ行ってきました。
年会費を集金に。「年会費、高いわ、痛いわ」と耳にたこができるくらい聞きます。日本クレー年会費15000円は高いです。公式大会の参加料もしかり。当然ながら日本クレー射撃協会の会員数も減少していると言いますし、「若手・女性」に期待を寄せる話もありますが、ヘタクソクラブの次元とは違い、スポーツのさわやかなイメージからかけ離れていて、新陳代謝の悪い古い体質の協会イメージがダーク。バスケットボール協会のように外から壁を潰さないといけないかな。日本クレー会員でない宇治金時の個人的意見です。

DSC08397.jpg
東京オリンピックの翌年、2021年に三重県で国体が開催されます。会場はここ

DSC08453.jpg
上野射撃場です。

DSC08417.jpg
DSC08416.jpg
DSC08402.jpg
スキート三銃士は昨年の近畿国体以来のブログへ登場となります。ナカ君はこの日、自己最高点、96点をマーク。1ラウンドに1枚しか抜かないんですよ。ヘタクソクラブでは出ない点数です。公式大会ではないとは言え、まぐれで出るスコアーではありません。ブラボー!
銃職曰く「96点と言うのは限りなく100点に近いので見事なスコアーです」
他にも良い写真がありますが、三銃士名づけ親でもある宇治金時は彼らを応援していますので、他の選手にヒントを与えてもいけませんので、いけずだけれども載せません。

DSC08414.jpg
この一枚だけ掲載させて頂きます。ご本人は「あーダメです。この写真は」と、おっしゃっていましたが、後で謝っておきます。

DSC08460.jpg
スキート三銃士3名とトラップKATZ君の計4名が80点以上の成績で奨励賞を受けました。

DSC08439.jpg
今年の近畿国体はこのメンバーなのでしょうか。

DSC08461.jpg DSC08398_20170325224632f63.jpg
トラップでは今年は誰が国体へ行くのでしょうか。この射撃場はクレーがヒューっと伸びていきます。

DSC08419_201703252302171e5.jpg
姉御、ご苦労さまです。朝4時に起きてお弁当を作って来ました。京都協会所属の女性は3名で、会に参加するのは姉御だけです。

DSC08447.jpg DSC08443.jpg
今日だけのメニューです。次回はオムライスくらいになるかな。
京都から来たコッカスパニエルのリンちゃん。近づくと吠えられた。家族以外にはまだ慣れていないのだそうです。

いつもは伊賀市から滋賀県へ入り甲南インターから第二名神、名神高速京都東経由で帰るのですが、この日は連休という事で伊賀市から京都府南山城村へ入り、木津川市、山田川インターから京奈和道路を走り、京田辺市から帰りました。夜道に日は暮れず、京都府南部も随分、変貌しました。北陸新幹線南ルートもこの付近を通るという話ですから、まだまだ南部は人口も増えそうです。

DSC08462.jpg DSC08463.jpg DSC08464.jpg
伊賀市は城下町だけあって京都では見られない木造建物もあります。伊賀市役所駐車場は休日も無料で駐車できるそうで、車を止める所が少なく、観光地は車であふれている京都市内とは違います。3枚目は上野城の入口。

DSC08467.jpg
上野城です。

DSC08468.jpg
伊賀と言えば忍者・くみひも・伊賀肉くらいしか知りません。国道を走っているとやたらと「養肝漬」という広告を目にし、目や肝臓に良さそうな物なのか? とネットで調べるとお漬物でした。

DSC08470.jpg DSC08469.jpg
三重県伊賀市から京都府南山城村へ。ここが京都府の最南端になり、ここは町長さんではなく村長さんです。村長さんはおおらかでいい方です。
前に見えているのが谷の無い山? 牛の背中のような童仙房。標高500mくらいの高原にいくつもの集落があるそうです。

DSC08471.jpg
村内のJR関西本線月ヶ瀬口駅。京都駅から電車で1時間半。言われないと駅とはわかりません。三重県・奈良県・滋賀県に隣接する南山城村から北端は日本海に面する丹後半島まで、京都府も広いです。高速道路が無い時代はかなり時間がかかったと思いますが、今は高速道路を使えば北の京丹後市から南の木津川市までの140kmが2時間と言うことで、私の頭の中では距離と時間にズレが生じています。

DSC08488.jpg
京都府民なのに南部の道路事情はさっぱりわかりません。奈良方面から来る場合、京奈和道は京都市内へ入っていませんので、京田辺市で一旦京奈和道を降りて第二京阪道へ乗らなければなりませんが、来月には第二名神高速の一部が開通することにより、このふたつがつながり、高速つながりでスムーズに市内へ入れます。
銃砲店へは京奈和道・第二京阪道を来られる奈良県・大阪府からのお客様もいらっしゃり、遠い所、ご来店いただき、ありがとうございます。

DSC08492.jpg DSC08494.jpg
DSC08493.jpg
オンラインショップにまた、新商品を掲載しました。
Peltor ショットガンナー2の初入荷です。デザインが新しくなり、なかなかナイスなイヤマフです。
今の所、黒色だけですが、遮音性も旧タイプNRR21から24と上がっていますし、上のグレードX4に似たアップルグリーン・グレーの色使いが精悍な感じを与えます。

DSC08512.jpg 
こちらはBERETTA DT-11のベストで新色です。従来はブルー系のスポーティな感じでしたが、色がブラックになるとかなり落ち着いた感じになります。たまたまですが、ブラックとグレーの色使いが先のPeltorと似ています。

DSC08489.jpg DSC08508.jpg
こちらもBERETTAでニューデザインです。DT-11よりも価格は高く、肩当てには合成皮革を使用しています。帽子と合わせてみました。
BERETTAのベストは徐々にデザインが変わってきています。
他にもBERETTAとBROWNINGの帽子も新商品が入荷し、オンラインショップに掲載しておりますので、どうぞご覧下さい。

3月25日は天神さんの日。先月は行けなかったので、今月は夜に行ってきました。まだ、遅咲きの梅が少し咲いています。
DSC08514.jpgDSC08516.jpg DSC08517.jpg DSC08524.jpg
濃いピンク色の梅が綺麗に咲いていました。夜はたくさんの灯籠の灯が揺れて、歌舞伎の舞台を思わせる情景です。大黒さんも灯籠の下で、おこんばんは。

DSC08535.jpg DSC08533.jpg DSC08536.jpg
北野天満宮のすぐ傍の花街、上七軒歌舞練場では北野をどりが始まりました。梅、春のをどり、桜、ヘタクソクラブ桜例会・・・いよいよ春ですヨ。

DSC08510.jpg
お菓子屋さんには桜にちなんだお菓子が並びピンク色の華やかさが目を引きます。
この季節限定の権太呂のさくらそばです。麺にさくらの茎などを練り込んだつけそばです。この状態で桜餅のような香りが広がります。お蕎麦はピンク色ではありません。花びらを刻んださくら塩も添えられ、こしの強いお蕎麦はさすが権太呂です。お花見よりも一足先に桜を食し、ごちそうさまでした。

スポンサーサイト
にらめっこ
03/18(Sat) 19:36|よもやま話comment(2)trackback(0)edit
3月例会の記事には一番多くの拍手を頂きましてありがとうございました。嬉しい反面、はあーっ(ため息) 4月例会の記事が書きにくいな。かなり落差が生じると思います。

銃砲店のご近所、半径50m以内では5件も建物の工事が行われていまして、どうしてこの時期に重なるのか不思議です。その中にはお宿の工事も含まれていまして、私、個人的には観光は水物と考えていますので、産業の柱にするのには首をかしげます。
にわかに有名になった名前、「アキエ」・・・「ひとの嫁さん呼び捨てにするな」と叱られそうですが、国会では籠池劇場が幕をあげると週刊誌に書かれ、素早い消火となるか大火となるか。日本は隣国ともぎくしゃくした状態が続いていて、自立の難しい観光は何か揺さぶりを掛けられると雇用や大きな投資に影響してきますので、楽観はできないと思います。
そんな中、あるお客様が「ミロクの株、ストップ高やで。買っといたらよかった」と言われ、業績が良かったのでは、とのことでした。銃砲部門が好調とは思えませんが、悪い話ではなく、良い話です

では、今日はつなぎのお話となります。
2月上旬に寺町通を歩きました。秀吉の時代にお寺が集められたと言われるようにお寺の集積地です。三条通から南の繁華街に老舗数珠屋さんが数軒あります。丸太町通から南は専門店が多い寺町通。
DSC08020.jpg DSC08023.jpg
夷川通を西から東へ行くと、寺町通に差し掛かった突き当りに西国三十三所、行願寺があります。写真を撮っている間に前を歩いていた人達の姿が消え、「あれっ?」 寺町通へ出る手前の右側にチョコレートのお店“アサンブラージュ カキモト”があり、そこへ吸い込まれるように人が入っていったのです。

DSC08025.jpg
京都にはお寺が多すぎて、似たような名前が覚えられないこともあり、ここは通称「こうどう」 

DSC08048.jpg DSC08049.jpg

お参りをしようと前に進むと、いきなり左から何かが松の木に駆け上がりました。
DSC08031.jpg
この写真の中に何が隠れているでしょうか。ヒント: ピンクパンサーのテーマ。

DSC08033.jpg
おわかりになりましたか? 松の木にスズメが止まっていて、それを目がけて一気にネコが駆け上がりました。幹を登るあまりの速さにシャッターは追いつかず、枝も折れそうで、松葉の先がトゲのように痛くないのかと観察していましたが、かなり登り慣れている様子。

DSC08036.jpg
「にらめっこ」 「こいつ、知らんやっちゃな。折角やしポーズとるから男前に撮ってや」 なかなかの顔つきの野良猫、ワイルドキャット。

DSC08035.jpg DSC08037.jpg DSC08039.jpg DSC08040.jpg

松の木と言ってもこんなに細い木で、スズメが飛び立ってもネコはそのまま居続け、「絶景かな」なんでしょうね。周りを見回し、番犬ならぬ番猫。木を駆け登るネコは初めて見ました。

DSC08051.jpg
珍しい灯籠もあり

DSC08041.jpg DSC08042.jpg
京都には都七福神めぐりの7寺があり、ここは寿老人のお寺で、その像は境内のお堂にあり、これは小さな七福神。真ん中の弁財天だけが女性の神様です。

DSC08043.jpg DSC08044.jpg
宇治金時恒例のなでなでは布袋さんのお腹。大黒さんの打ち出のこづち。何でも叶うこづち・・・欲しいな。今年はお節分に達磨寺にお参りできなかったので、ソワソワしていましたが、七福神が福を授けてくれそうです。ネコのお蔭で随分、ここに長居しました。

DSC08055_20170318223037bc1.jpg
京都の新旧町家です。右は伝統的町家で、左は現代町家です。中京区は左の建物のように町家の新築も多く、格子風の表はガレージとなっていて、設計料・建築費共にかなりの価格と思われます。

DSC08061.jpg DSC08060.jpg DSC08062.jpg
猫娘。こうどうのネコが化けたのではありません。十八屋と言う、版画の小箱を販売するお店のディスプレイ。箱を選び、箱の中身はこんぺいとうやチョコレートなどのお菓子やハンカチを選んで入れます。

DSC08063.jpg
お茶の一保堂。近所にはケーキのシュラメール、パンの進々堂、数軒のアンティークショップ、ちりめん山椒のしののめ等、お店屋さんが多く、お天気が良い時に歩きたくなる寺町通です。

DSC08066.jpg DSC08065.jpg DSC08068.jpg DSC08064.jpg
上から漆器の象彦。書道具店の龍枝堂では時々はがきや便箋を買い求めます。寺町通から二条通にかけて書道具のお店がいくつかあります。年配のご婦人が好きなロシアケーキの村上開新堂。ロシアケーキと言ってもクッキーのことです。白鳳堂京都本店は化粧筆を始め筆の専門店です。でも、広島県の白鳳堂がなぜ京都を本店とするのでしょうかね。

寺町通を御池通まで南下すると京都市役所があります。その市役所の北側の押小路通に面した広い場所に市役所の庁舎が新築されます。
DSC08070.jpg

市役所の御池通を挟んだ南向かいには「敵は本能寺にあり」の本能寺があります。元は堀川通蛸薬師近くにあり、本能寺の変はそこで起こりました。その後、御池通に移り、ビルの谷間にあるお寺ですが、墓地の地価においては一等地ではないかと思います。
DSC08074.jpg
DSC08075.jpg
本能寺に人が多い理由はまず、綾瀬はるかの映画、本能寺ホテル、この日は信長? も。

もうひとつは
DSC08071.jpg DSC08073.jpg
DSC08072.jpgDSC08188.jpg
若い女の子の行列に驚き、刀剣乱舞と言うスマホのアプリ? 嵐電とのイベントとかで、女の子に声を掛けると気前よくスマホを見せてくれました。立て板に水の彼女の説明に、私の脳みそ容量が少ないため、メモリーできない。ゴメン、写真だけ採用。
何でもここは信長の愛用する刀剣がどうのこうの・・・・。なので、パネルの前で黒子にみんな写真を撮ってもらっている。

DSC08189.jpg
本能寺には信長公廟があります。お墓ではなく、供養塔です。お墓は大徳寺の塔頭にあると聞いていますが、拝観はできないはずです。やはり本能寺の変があまりにも知られ過ぎて、多くの人が訪れます。この廟の向こう側が河原町通ですからね、御池通と河原町通に挟まれているので、過去には市役所から左京区の方へ移転しないかと言う話もあったそうです。確かにお寺こそ郊外にあってもいいかもしれませんし、市役所が手狭なのでそういう提案をしたのでしょうが、市役所もこんな地価の高い所にある必要があるのか、もっと広い所へ移転する方法もあったのではないかと思います。
別に市役所を目の敵にするわけではなく、市役所の一等地を民間所有にすればかなりの固定資産税が見込まれると言うことでして、京都は観光に湧き、さぞかし税収入も潤っているとみられがちですが、あながちそうでもありません。観光に偏ることなく、公益性を考慮してもらって、観光の弊害により市民が住みにくい街になってはいけませんよ、という事です。
京都市にお金持ちになって欲しいわけではなく、ただ、お金は無いよりもある方が望ましく、高齢者の多い街なので住民サービス向上に努めてもらいたいと思います。

DSC07060.jpg
本能寺から寺町通を更に南下すると鳩居堂があり、三条通まで行くと、すき焼きの老舗、三嶋亭があります。精肉販売の店舗は小さいのですけれども、ほとんどが食事のお部屋です。
ここで宇治金時の好物、牛肉コロッケを買います。お肉を買わずに安いコロッケだけを買うのも気が引けますが、売り切れて買えない時もあるので、ドアの外側からちらっとショーケースを見て、見つけたら店内へ。衣がサクッとしてお肉とこんにゃくとネギが入って甘味のあるすき焼き風コロッケは生なので、持ち帰って揚げたてはたまらなく美味しいです。2ヶ食べられます。
DSC08082_201703182324252c2.jpg
元々コロッケが好きなのではありませんが、ここのは特別。写真を見るだけでよだれが出てきます。

何かお菓子を買いたくて、三条通を東へ、三条大橋の方へ歩き、木屋町通を北へ上がり、小橋の所に
DSC08078.jpg DSC08077.jpg
タルトケーキのキルフェボンがあります。ここは京都店で、カフェはこの日、90分待ちでした。京都の女の子なら大概知っているケーキ屋さんで、持ち帰りのケーキを見ると600円くらいから、あまおうのタルトは1ピース・・・1133円??? でした。そそくさとお店を後にし、向かいの月餅へ。

DSC08079.jpg
月餅のお隣り、路地の奥にはお肉料理のモリタ屋。肥育牧場を持っている精肉屋さんで、すき焼き・ステーキ・しゃぶしゃぶが食べられ、焼肉はありません、二条通から三条通までは木屋町通の東側は裏が鴨川に面していて、ここモリタ屋も夏は川床でお食事ができます。
焼肉の弘も数軒隣りにあり、市役所西側の寺町通には銀閣寺大にし、先の三嶋亭も含めて老舗だけでも限られたエリアにこれだけあり、京都はお肉料理の店が多いです。

DSC08084.jpg DSC08085.jpg
こちらが月餅です。皮も白あんも硬めのおまんじゅうです。とりたてて美味しいと言うお菓子ではなく

DSC08083.jpg
むしろこちらの和菓子の方が好みです。銀座鹿乃子は有名ですが、京都では鹿の子(下の2個)を売っている所は少なく、左はとらの子と言います。ここはわらび餅がおすすめなのだそうですが、写真左上がごぼう餅と言い、刻んだごぼうがお餅に入っていて、中のあんは・・・・みそあんに梅味で、色はピンクと、これは私好み。甘くも酸っぱくもしょっぱくもあり、いいお味。ケーキとは比べ物にならない価格が安いお菓子ですので、すごく得した気がして、ケーキを買わなくてよかった。

DSC08081.jpg
木屋町通は飲食店街で、西側に高瀬川が流れていて、そのせせらぎと柳や桜の並木がさわやかな気分にしてくれ、これからの季節に歩きたい所です。寄り道し過ぎたので、そろそろお家へ帰ろ。
例会裏話
03/11(Sat) 22:45|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
例会後、早くも一週間が経ちました。今週は春の嵐と言いましょうか、強い風がよく吹きました。
でも、例会日は射撃日和で、皆さんのエネルギーが“晴れ”をもたらしたような気がします。
いつもはお金の精算を先にするのですが、今例会は今までと違う雰囲気を感じておりましたので、“役者が揃ったおかげで”と申しましたように、とにかくブログアップを優先して・・・頑張りました。お蔭で、えーっと現在の所、15拍手を頂いております。
“初△△”が18拍手ですので、あれっ・・・・これを抜きそうな勢いです。
掲載写真も50枚余りと、撮影協力に感謝致します。ブログではあえてぼやけたように掲載しておりますが、ご本人さんへはマシな写真でお渡しします。
ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。そして、参加はしていないけれども、ヘタクソクラブを応援して下さっている皆様にもありがとうです。
何と言っても“ヘタクソクラブ”のブログですので、メインの記事に反響がなくては困ります。それ以外はつなぎの記事ですので、初回からエンジン全開で行かないと、11月まで走れません。

特にヘタクソガールズのお嬢様達には貢献して頂き、主演女優賞を差し上げたいところです。妹分が奮闘していましたので、姉御も後押ししてくれまして、助演女優賞かな。ありがとうございます。
宇治金時と姉御ともう一人、年相応の女性が居たら、ヘタクソガールズではなく、三婆(さんばば)となりますからね。一枠空いていますので、誰か女装してくれてもいいですよ。期待しております。

前にもお話しました通り、人気の秘訣は「ネーミング」と「楽しい」と言う要素が必須であると言います。楽しさは皆で作る物であり、仕事ではなく、娯楽ですので愉快でなければいけません。
撮らせてもらった写真をもとに文章を綴っておりますが、基本はメンバーさんの素性を知る私、宇治金時が大げさにではなくて、少し脚色して吉本新喜劇ではなく、へたくそくらぶ小劇場風に仕上げてみました。
参加者が多いから出来ることでして、これが小規模であればマンネリ化して、話題が無くなります。毎月、メンバーが代わるのもこのクラブの特徴で、何事も新陳代謝が必要と思います。

誰が良い点を撃ったと言うのも興味があるかもしれませんが、ヘタクソクラブとはどのような物かをPRするのもブログの重要な役割で、これが今例会9名の新人さんをお迎えしたことからもおわかり頂けるかと思います。
新人さんでも初心者だけではなく、長年、所持はしているけれど、会には入っていなかったと言う方も結構いらして、ヘタクソクラブを選んで頂いた訳です。
年間を通じて「ヘタクソラブへ参加させてもらっていいですか?」と事前にお電話を下さる、丁寧な方もいらっしゃいます。勿論welcomeです。
近頃はこちらから紹介するまでもなく、銃砲店で銃を購入されるお客様の方から「ヘタクソクラブに入らせてもらいます」とおっしゃいます。ブログを見て、ヘタクソクラブに興味がわき、クレー射撃を始めようかな・・・と言う流れになれば、これは最小の宣伝で、最大の効果です。
外部の人は、今までは外から見ていたけれどもその一員、仲間になれるというちょっと期待を持って入会されます。実際、期待通りと喜んで頂ければ嬉しい事で、ヘタクソクラブはマナーが良いのも売りです。
レディも「紳士的な方が多い」と言っていたように、その通りだと思います。もっと会員さんが増えれば、更にパワーアップする余力を持っていると確信しています。
楽しい・愉快よりも大切な「安全に」と言うことは、申し上げるまでもなく、我々も気付くことがあれば、配慮いたしますので、皆様方もお気づきの点は遠慮なく運営側へお申し出ください。

このブログは業界関係者も見ておりまして、「関西人の塊」と思っているかもしれません。
今回はガールズの大活躍で、その反響は閲覧数、拍手数に現れております。アイドルくずれではない、飾らないにこやかな彼女たちと笑顔の皆さんがヘタクソクラブの好感度を高めているように思います。
宇治金時がいくら頑張っても自称30代、いえ、詐称30代では効果はありせんので・・・・もっと、ガールズを勧誘してきます。ゴキブリホイホイみたいに、男性陣がゾロゾロ集まってくれていいいんですよ。すいません、例え方が良くなかったですね。
何よりも仲良く、愉快に…嫌な事もしばし忘れて、お皿に集中、そして、あー、面白かった・・・と言ってもらえたら。

次の4月例会の賞品選定中です。抽選は・・・・乃が美の食パンとかんきつ類が候補にあがっています。でも、食パンはこの間、TVで紹介したので、買えないかもな。春みかんが美味しい時期ですので、値段は張るけれども子供さんも喜ぶ甘いみかんを探してきます。
変更があるかもしれませんが、喜んで頂ける物をご用意したいと思います。来てくださいね。待ってマス。

DSC08370.jpg
BERETTAのトローリです。新発売ではありません。需要が無いと思っていたので、在庫をしませんでした。しかし、前の千本通を歩く外国人がトローリが無いかと尋ねたことがあり、ショーウィンドに展示しています。
銃の所持者よりもBERETTAファンが欲しがると思います。一点限りです。
ちなみに帽子は別売りで、カラーがトローリと似ているので一緒に撮ってみました。

DSC08388.jpg
Allenフォールディングチェアーです。昔からあります。持ち運びができるようショルダーストラップが付いています。パイプにキズがあるので、お安くしています。
只今、小林銃砲火薬店オンラインショップに掲載中です。

DSC08357.jpg
BERETTAのシューティングベストとバッグです。セットでご購入、これから梱包します。

この冬、すっぽん鍋は食べたけれど・・・・もうひとつ好物のアレ、食べてないんだよな。モヤモヤするな。そうだ! この人におねだりしてみよう。
DSC08273.jpg
ヘタクソクラブ前会長は「ハハハ、ええよ、持って行ってあげる」と、クーラーボックスごとわけてもらいました。

DSC08352.jpg  DSC08353.jpg
晩ご飯の食材が調達できまして、例会から帰って、マガモ オス 530g の半身を庖丁で切って、お鍋に入れて、最後にうどんを入れて、その頃にはリップクリームを塗ったようにカモの脂が唇を覆います。
「あー、シアワセ」 例会は盛会だったし、念願のカモ鍋にお腹は満たされ、その晩の夢は・・・熟睡。そして、翌日はカモエキスでブログ作業も快調。
前会長のカモはさばき済みで真空パックで冷凍保存されていますので、最高の素材です。お野菜とうどんで食材費1000円でおつりがきます。
一粒だけ、あたり。天然の証です。母が「おいしかったな」の連発で、明日は残りの半身をまた、よばれます。前会長サン! ごちそうになりました! また、お願いしますネ(厚かましくも)

DSC08385.jpg
昨年、お店を建て替えされて、随分、伺うのが遅れてしまいました。京都駅南にある京馳走 佳辰さんです。こちらは私どもとは長年、家族ぐるみのお付き合いで、ご主人とお嬢さんのK子さんが調理を、奥様もお手伝いされていて家族で切り盛りをされています。予約をしないと行けなくて、サラリーマンが多く、京都以外の常連のお客さんも多いです。
私達も空いていそうな日を選び、遅がけに行きましたが、それでも5組ほど既にお客さんがいました。ゆっくりできる雰囲気の店内のカウンターでご主人と女性料理人K子さんと会話をしながら美味なお料理を味わいました。
久しぶりでしたので、周りにお客さんが居るのに大声で笑ってしまったり、お料理もさることながら会話もはずみ、私達の来店を喜んで下さり、千客萬来、ご繁盛でよろしゅうございます。

コース料理もありますが、私達はアラカルトで鶏塩焼き・海老芋てんぷら・穴子てんぷら等を出してもらい、刺身を始め、魚・鶏・野菜の煮物・焼き物・てんぷらと好みで食べられます。お目当ての鶏の刺身盛り合わせは売切れでした。
DSC08377.jpg DSC08378.jpg DSC08379.jpg DSC08380.jpg
この季節は菜の花のおひたし、自家製豆腐も看板メニューで、その揚げ出し豆腐です。我々の作る物とは違います。柔らか目なんですが、形が崩れていません。穴子を焼いています。お茶漬け・雑炊もありますが、4代目はにしん煮麺。麺が糸のように極細で、おいしそう。私はこだわりの卵かけごはんを頂きました。濃いお醤油に見えましたが、まろやかです。何種類かのお醤油をK子さんがブレンドして出しています。
デザートにゆずソルベ(すぐに手をつけたので写真を撮るのを忘れました)を。おかわり欲しかった。
何日も前に仕込む物もあったり、仕込みに随分手間がかかるそうで、親子2人で切り盛りする調理場ではネクタイを締めたK子さんのテキパキした動きが「おいしい物が出てきそう」と期待させてくれます。
ネクタイの理由を聞きました。なかなか良いお話です。K子さんは英語も堪能で、京都駅に近い場所がら外国人の利用もあり、自らお料理の説明をします。お店全体に目くばせ・気くばせができるのは女性ならではと感心しました。
彼女が小学生の頃から知っているので、いつからこの道に進むことを決心したのか尋ねると、今でも継ぐと決めたつもりはないと軽く笑っていました。その謙虚さも彼女の魅力、お客様から評判を得る理由かなと、いつの間にか私と対等の立場になって、私よりもしっかりしています。
ヘタクソクラブのメンバーさんで、行ってみたいという方はご紹介いたします。

DSC08356.jpg
手の大きさと変わらない物は京都府舞鶴の天然岩がきです。藻がついていて、ボイルでよばれました。牡蠣独特の苦みが全くなく、食べやすかったです、先日のヘタクソクラブ例会時、ある会員さんが牡蠣を大量に食べて入院していたと聞き、おいしい物はつい食べすぎてしまいますが、お腹もそんなに若く元気ではありませんので、我が身も気をつけます。

DSC08202.jpg DSC08201.jpg
牡蠣もジャンボでしたが、こちらの花見団子も私の爪と、豆餅の大きさと比較してジャンボなのがわかりますか? このように持っていて団子の重さを感じます。
3月3日の頂き物です。はい、豆餅が入っていますので、出町ふたばの桃の節句特製詰め合わせです。こんなのを当日、販売しているそうで、買うのに35分待ったと言う、ありがた~いお菓子です。
桜もちも入っていて、おそらく折りの大きさに合わせたジャンボ花見団子です。通常販売品は一般的な大きさです。二ュッと伸びるういろうっぽいお団子で、一気に3個は食べきれませんでした。
おはぎもジャンボサイズは永楽屋で販売しています。今も売っているかな。桜もちは葉を食べる派か食べない派かの話になり、食べる派が多いです。道明寺とあんこの味を素朴に味わいたいのと、葉の脈が舌に触るので、私は食べない派です。

ヘタクソクラブ 3月例会
03/06(Mon) 14:23|例会comment(0)trackback(0)edit
DSC08215.jpg
桃の節句、3月例会は私達、女の子が例会の様子をお伝えします。ヨロシクです。
麗らかな日和に60名が集いました。レディは「こんなにたくさん来られるんですか? 緊張しますー」
「レディさん、初めまして、なでしこです。お友達になれて嬉しいです」

では、初回例会の成績です。
トラップOBクラス(75点)
1. 森下 52点 福井  2. 上家 46点 京都  3. 大空 44点 京都

トラップAクラス(50点)
1. 谷口貴 40点 奈良  2. 高橋正 40点 奈良  3. 岩城 38点 京都

スキート(75点)
山田 67点 京都  2. 吉武 62点 京都  3. 岩﨑 61点 京都

とにかく人も車もいっぱいで、アメリカン射面は6組もあり、待ち時間も長く、名前はヘタクソクラブとユニークですけれど、皆さん、お上手で、紳士的な方が多くて、
DSC08214.jpg
見学した時、色々と説明をしてもらったスキートのマッチャンさんにもご挨拶をし、

DSC08213.jpg
こちらスキート5人衆は右端の前会長さんを除いて西陣猟友会の会員さん仲間なのだそうです。まだ、猟期は終わっていないのですけれども、ちょっと射撃も遠ざかっていたので、草木の芽吹きのように「ヘタクソクラブ」へ行こうと。
趣味での仲の良い仲間って羨ましいです。トラップの私達もよろしくお願いします。
「おーっ、お姉ちゃんたち、スキートへ来い、来い」と言いたそうなスギサマの顔がゆるんでいます。あっ、年のせいか・・・by宇治金時

DSC08207.jpg DSC08224.jpg  DSC08225.jpg DSC08226.jpg DSC08267.jpg DSC08282.jpg
皆さん淡々とお皿を割っていきます。会員さんがたくさんいらして、最終例会までには皆さんのお顔とお名前を覚えたいと思います。

DSC08217_20170306171507072.jpg DSC08218.jpg
この方も私と同じく新入会ですが、ベストが他の人と違い、昔、この笠取射撃場でかなり射撃をされていて、一度やめられたのですが、また、昨年、再度許可をお取りになったそうです。その当時のベストでオオサカシューターズクラブと書いてありました。

 DSC08232.jpg DSC08237.jpg DSC08230.jpg DSC08210.jpg
ヘタクソクラブ青年部と宇治金時さんが言っていました。国体選手候補に相応しい年齢だそうで、ヘタクソクラブからは何名も国体選手を輩出しているそうです。

DSC08216.jpg
私達好みのかわいい車が止まっていて、右は娘さんの車を借りてきたと。

DSC08240.jpg
銃砲店の店長さんは忙しそうでした。Aクラスの人数が多いので、3ラウンド目は国際トラップで撃ってもらえませんか? と声をかけていました。ここは2射面あるので変更ができますが、1面しかない所では撃ちきれないかも・・・と誰かが言ってました。
ヘタクソクラブって人気があるんですね。

DSC08255.jpg DSC08242.jpg DSC08243.jpg
姉御となでしこです。今日は人が多いので国際トラップに入りました。でも、あったりませ~ん。スピードが速いよ。「ごちゃごちゃ言わずに撃つ」と姉御に言われそうです。

DSC08270.jpg DSC08284.jpg
このお二人は元々友人で、右の人が始めたので左の人も誘われて始めました。射撃がお休みの間に山男みたいになってしまって? ここまで髭を延ばすと自分ではうまく剃れないので、そのままにしているんですって。お二人とも明るくて待ち時間だけでなく射撃も並んで撃っていました。

DSC08257.jpg DSC08252.jpg
左)この二人は持久力では負けません。宇治金時さんに「今年、国体を目指してみいひん?」と言われ「マラソンでですか?」と笑っていました。京都マラソンは倍率が4倍で去年も今年も参加できなかったそうです。
右)来年は福井国体です。ベストも新調し、地元開催での出場に意欲を見せます。代表に決まったらヘタクソクラブでお祝いしましょう。

DSC08305.jpg
ランナーと元ラガーマンの体育会系お兄さんです。5月例会は端午の節句ですので、男の子たちにお願いできますか。

DSC08299.jpg DSC08298.jpg
3ラウンド目、アメリカントラップから国際トラップへと移動し、進行に協力した皆さんはプレゼントをもらいました。

DSC08288.jpg
ヘタクソガールズのランチタイム。ドン! と三人まとめてお見合い写真だ~い。お婿さん募集中で~す。でも、理想は高いで~す。だから休日はデートではなくて射撃をしてま~す。

DSC08294.jpg
「ちょっと、真ん中の人、まちごうてへん? どさくさに紛れて」と渋いお顔。30代に年齢をごまかそうと思って顔に細工をしたんですけど “えーっ、ドン引き” と言われそうです・・・・by 宇治金時
実は、今日は肩が痛くて、我慢しながら撃ちました。早く治して下さいね。審判など、アメリカントラップのお世話をしてもらって、頼りになるベテランさんです。

女の子お二人、ありがとうございました。ここからは自称30代、宇治金時へバトンタッチです。
DSC08283.jpg DSC08269.jpg DSC08227.jpg DSC08263.jpg DSC08231.jpg DSC08292.jpg DSC08285.jpg DSC08308.jpg
DSC08249.jpg DSC08303.jpg
先のオレンジベスト着用の方も初入会で、新入会の方の中では最年長です。本日の新入会の人は9名でした。京都・滋賀・大阪と皆さん、愉快で「入れ歯のご相談はどうぞ」とか「ロケットに乗って宇宙へ行こうと思います」とか長年テニスをしている人とか、新人さん達の熱気にメンバー皆さんも押され気味で、今例会は新人戦のような感じでした。まだそんなに射撃になれていない人には銃砲店の銃職が基本を簡単にアドバイスし、皆さん、わからないことがあれば気軽に聞いて下さい。時間の都合上、お一人、お一人に教える事ができませんが、ご希望には応じます。ブログへの写真掲載を希望されない方はお申し出ください。

そして、この人だかりの視線の先には
DSC08203.jpg DSC08204.jpg
DSC08291.jpg DSC08301.jpg
レディです。ブログで衝撃的なデビューとなりましたので、この日は「大勢の人の前で緊張し、焦ってしまい、どこを撃っているのかわかりませんでした。射撃にも度胸が必要ですね。次回はもう少し成績が上がるよう頑張ります」と、いきなりのプレッシャーに少し可愛そうでした。まだ、2発撃ちもできていませんので、真っ直ぐのクレーでもう少し練習されるといいでしょう。

DSC08330.jpg DSC08338.jpg
今日は女性陣には大サービス。レディは抽選で京都肉が当たりました。

DSC08332_201703062111109d6.jpg
桃の花ではなく、鉢植えの花をひとつずつどうぞ。「わたしゃ花より団子だわい。カレーの方を下さい」と姉御。

DSC08346.jpg
一旦、辞退しても、また抽選で花があたり、愛想笑いにしてはかわいいじゃん。ほら、周りのお兄さん達も笑顔です。その後、この花はキーさんの所へ。

DSC08348.jpgDSC08350.jpg
そのキーさんは「53番お願いします」と自分の番号を叫び、前から「それは誤算(ごさん)です」と切り替えされても・・・最後にピンクのお花があたりました。二つの花を手に“白いのは本妻さんにな、ピンクは妾さんにな”と・・・色気づき、誰かお酒でも飲ましましたか? お隣りの前会長が「ここで見栄を張らんでええって」と、人数が少なく抽選確率の低いスキートは賑やかでございます。
DSC08328.jpg

DSC08344.jpg
スキートのシーさんも抽選に当たり、続いてスキートの番号が続くか? 去年から当り続けているこの人は
DSC08277.jpg DSC08337.jpg
へへッ、今日もあたっちゃったのよ。今年はお皿のあたりも良くなりますように。

DSC08334.jpg DSC08341.jpg
レディの他にも新人さんに抽選の品があたりました。驚く人、ニコニコする人、初参加でおみやげが二つは嬉しいですよね。

射台もフル稼働で、射撃場のスタッフ皆さんにもお世話になり、ありがとうございました。
今月来られなかった人は来月に、とメンバーが入れ替わりますので、来月も期待しています。これだけ役者が揃ったお蔭でブログも快調にスイスイ書けました。
関西No.1射撃クラブ、ヘタクソクラブは今年もパワフルに始動しました。11月の最終例会までよろしくお願い致します。次回は4月2日です。
ひな祭り
03/02(Thu) 22:38|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
DSC08171_20170302214921c89.jpg
夜6時頃になっても薄暗く、日が長くなってきているのがわかります。
去年からお顔を見ないお得意様がご来店になり、「お体大丈夫でしたか?」と尋ねると「首が回らへんくらいで」と、うまくかわされ「あんたは元気そうやな、悩みのない顔してるわ」と言われ・・・悩みがないわけでもないんですけど、まあ、確かに顔に出るような深刻な物ではないし、今年最初の満月への願い事は・・・叶ったよ・・・フフッ。

ブログにいつも拍手をして下さる皆様に感謝いたします。わたくし的には「おフランスでござンス」に拍手が多いかと予想しておりましたが、直近のブログの方を評価して頂き、自分の言いたいことを書く方が楽ではあります。
やはり資料を揃えるとなると時間がかかりまして、気が進みません。
おんな話は女同士ではよくある話題ですけれども、男性には「えっ」と言う内容もあるかもしれません。物書き業のような気取りは全くなく、おばちゃん達のカリスマ、瀬戸内寂聴さんの小説のようなドギツさに嫌悪感を抱く私はおとなの女性は「ここまではいいけれど、ここから先はあかん」と言う、何事にも踏みとどまるポイントを意識していなければいけないと言うのが持論です。その点、林真理子さんは焦点をぼかしながらもしっかり見る所は見ている的な作品は読みやすく面白いです。瀬戸内さんもかなりのお年ですし、私ですらジェネレーションギャップを感じるわけですから、20代・30代の女性には尚更、理解しにくい所もあるでしょう。
大学生の頃、「色気だけじゃなくて品がなくっちゃいけないんだよ」と言った男性がおりまして、その頃は何の事かわかりませんでした。しかし、周りの人との対話や人付き合いがあって、それがわかるようになってきます。本人の努力も必要ですが、他人の声に耳を傾けることも大切な事であると男女を問わず若い人達に伝えていて、それを取捨選択する能力を高めて一人前の大人になる気がします。
おとな未満には同情や励ましは必要と思いますが、おとなには殻を破って大きくなるために自分の力でガンバレと応援したくなります。、とはいえ、頭ではわかっていても思うように行かないのが人間で、だから惑い、悩みが生じます。冒頭の「悩みなさそうな顔やな」は良いことなのかどうか。

そこで、今、国会で名前の上がっている総理夫人。生まれは大手企業の御令嬢であると聞いておりますが、ドラマの社宅妻達のようにご主人の肩書きでお暮しになっている感があります。
総理大臣を始め閣僚の奥様の名前が上がると言うことはかつてなかったように思いますし、いくら女性活躍を謳う世の中とはいえ、ご自分の存在感なのかご主人の存在感なのか、ちょっと勘違いされているのかなと思います。ご主人の指示があったのか真相はわかりませんが、お年を考えれば先の「踏みとどまる所」を今一度、お考えになった方がよいのではないかと。「あなたね、人生にはね・・・」と、瀬戸内寂聴さんのカウンセリングを受けられるかもしれません。

DSC08195.jpg
おばちゃんの話はつまらないですから、若い女性のお話に変えます。
当ブログ、11月28日に白川通に面した建物に狩猟をする女性の大判写真がある・・・と書きました。その人がこちらの女性で、数日前の京都新聞の記事に取り上げられていましたので、「あー、これこれ」とご覧になった方も多いと思います。

今日はおひな様のお話てしたね。京都はお雛さんを目にすることが多く
DSC08191.jpg DSC08169.jpg
あかりをつけましょぼんぼりに、お花をあげましょ桃の花。三人官女、五人ばやし、段が多いほど立派なんですよね。偶然にもどちらも田中人形のお雛さまです。
男性はお雛様に興味を持たないと思いますが、お内裏さんとお雛さんの並び方を見てください。左がお雛様は関西流です。関東なんかは逆並びです。理由はわかりません。

DSC04247.jpg DSC04242_2017030222451885d.jpg
我が家は置くところが無いのもありましてお雛様はありません。その代わりに小学生の頃に市松人形を買ってもらい、かれこれ40年以上となります。
京の人形師さんの作で、正絹の着物に手縫いの刺繍と、現代ではもう作る人が少なくなったお人形です。特に男の子は手描きの頭が多いのですが、気味が悪いので髪の毛のある物を探し、おかっぱ頭はいまいちで、ようやく、将軍家の若君のような気にいるお人形が見つかり、子供ながらこだわり抜いて手に入れた物です。
やはり市松人形は福福しくて愛くるしさがなければいけません。たまに売られているお人形を見かけますが、口には紅をささず、たれ目で、いかにも疲れた、貧血を起こしているような人形もあり、手前みそで恐縮ですが、マイ人形よりも可愛い人形にお目にかかったことはありません。

20110818161907e8es.jpg
こちらはなんでも鑑定団で紹介された市松人形で、おいくらの値段がついたでしょうか? 500万円でした。浅田真央ちゃんのようなスッキリした目元が印象的で、一般的な人形とは違うのが何となくわかります。

DSC08198.jpg
こちら「雛遊び」も人間国宝平田郷陽作で熊本県立美術館にあります。たまたま、京都便利堂という美術はがきを販売するお店で買い求めたはがきで、平田郷陽とは知りませんでした。写実的な人形を作る人形師として有名です。郷陽の作品の中には背筋がゾッとするような感覚を覚え、たかが人形と言う概念を覆します。
京都便利堂は美術館の売店のように日本の有名画家の作品ではがきを製作したり、文具を販売しています。興味のある方は中京区柳馬場通三条上るへお出かけ下さい。

さあ、いよいよ日曜日はヘタクソクラブです。新人さんも何名か来られますし、レディーも来てくれるでしょう。何と何と、あの記事は17拍手となり、これを上回る数を得るのはこの先、不可能と思われます。すごいネ、レディー。
宇治金時もメンバーの皆さんにお目にかかれることを楽しみにしております。どうぞ、京都笠取国際射撃場へお越し下さい