色づいたかな?
11/22(Sun) 20:54|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
今年最後の連休ですので、もみじの色づきは・・・まだ、もうひとつというか今年はハズレたみたいですよ。気温が高いので赤くならない。去年はあれほど綺麗だったのに。
DSC03228.jpg
数日前、TVで見た京都が舞台、昭和34年の映画「鍵」で二代目中村鴈治郎さんと京マチ子さんの関西弁に感心し、鴈治郎さんが市電から降りるシーンにここはどこだろう? 岡崎? 東天王町? と、調べてみると、やはり東天王町でした。料亭岡崎つる家がある交差点は昭和34年の風景とは確かに違いますし、もちろん、自分はその当時を知りません。ここは宇治金時の通学路であり、無意識の内にこの山並みが頭の中に擦り込まれていて本能的に記憶がよみがえるという不思議な体験でした。そう、今年の顔見世では4代目鴈治郎襲名披露が行われ、先の映画はこの方の祖父にあたり、中村玉緒さんのお父さんと言えばご存知ですかね。ということで丸太町通を真東に東山の手前、東天王町に近い金戒光明寺へ行きます。ブログをさぼっていたのではなく、作業に時間がかかってしまい、今日は長いですから覚悟して下さい。

DSC03234.jpg DSC03233.jpg
DSC03231.jpg
丸太町通に面した岡崎神社では石のうさぎの「阿」「吽」が出迎えてくれます。かわいいので思わずなでなで。金運を招くまねき兎の像もあります。

DSC03159.jpg DSC03160.jpg
京都の人はこの金戒光明寺を黒谷さんと呼びます。
法然上人の浄土宗の始まりがここであり、会津藩松平容保の京都守護職が置かれた所でもあります。仏教の難しいお話は抜きにして、丸太町通の岡崎神社前のバス停を降り、岡崎別院と岡崎神社の間の小道を行くと、黒谷さんの墓地の入口に着きます。小道の左手に中村鴈治郎さんの墓石があります。今は親族が東京に住まわれているので、お墓は移されていて形だけ残っている状態だろうと思います。鴈治郎さんと言えば2代目。男前でもなく、背も低く、役者さんとしては二枚目ではないのですけれども、上方歌舞伎の役者さんで京都に住んでいらして、流ちょうな関西弁は絶品で、声は渋く、多くの映画に出演されています。現在、役者さんでドラマや映画と言うと中村吉右衛門さんくらいでしょうか。役者さんは歌舞伎の舞台があるのでスケジュール的になかなかドラマや映画に出演することが今の時代は難しくなってきました。吉右衛門さんは端正な正統派、鴈治郎さんは人間国宝であり、庶民派でありながらも出来ない役は無いというくらい芸の細かい役者さんでした。鴈治郎さんの映画の傑作は昭和32年「大阪物語」と言う浪花千恵子さん共演の貧乏人から大店の成金になって最後には家族離散と言う物語で、<ケチ>をテーマにした時代の違いを感じない、大人なら誰しも見入ってしまう見事なモノクロ映画です。

DSC03162.jpg
墓地のてっぺんに三重塔・文殊塔(重要文化財)があり、後ろを振り返ると
DSC03163.jpg
京都市内が一望できます。曇り空のため近くしか良く見えませんけれども皆さんにご覧入れたかった景色です。ここから見る夕日が沈む姿はきれいでしょうね。肉眼ではこの程度にしか見えず、カメラをズームすると

DSC03173.jpg DSC03174.jpg
左は知恩院です。こちらも浄土宗で、法然上人が浄土宗を起こしたのは黒谷さんで晩年に居たのが知恩院らしいです。今、改修工事中で、大きなお寺はこのように覆いを被せます。右は以前、北大路橋からの写真を載せた将軍塚の青龍殿です。人の姿が見えます。知恩院よりも南の霊山観音・清水寺・東福寺は同じく東山連峰にあるので残念ながら見えません。むしろ反対の西側から見るとお寺の甍が連なって良い眺めでしょうね。

DSC03175.jpg DSC03180.jpg
DSC03176.jpg 
左上は京セラビル(伏見区竹田)と祇園閣(東山区八坂神社の南) 祇園閣は大雲院と言うお寺で石川五右衛門の墓があると言われていて元は大倉財閥の別荘だったそうです。大倉財閥を調べると武器を扱う鉄砲屋を開いた後、貿易業をし、大成建設・サッポロビール・ホテルオークラ等々、そして私どもも産業用爆薬で関わりのある日油も関連企業だそうで、意外な事を知りました。祇園閣は比較的新しい建築物で、金閣・銀閣・銅閣? 祇園閣は銅板葺きで屋根の緑色が汚れてきたな。祇園祭の鉾に似ていて先は鶴なのですが、はっきり見えませんね。特別公開時に一度楼閣へ上がって見たいです。位置関係は下の写真でわかってもらえると思いますが、知恩院の右の森の裏に八坂の塔があり、黒谷さんの山門の楼閣からですと八坂の塔と祇園閣の両方が見えます。

DSC03177.jpg DSC03179.jpg
京都タワーと平安神宮の大鳥居。ズームしま~す。鳥居の左は岡崎の京都市美術館、右は国立近代美術館。大鳥居は下から見るのがほとんどですが、上から見るとこう見えます。

DSC03178.jpg
実際に見えるのはこのような感じで京都タワーの後ろの山が天王山で少し左の低い山が八幡市男山で、その間に位置するのが大阪方面らしいです。空気が澄んでいれば何とあべのハルカスが見えるそうです。その昔、東山の高台寺から北の政所が大阪城を見ていたというお話もあるようですし、今は宇治市の宇治カントリークラブのゴルフ場から淡路島が見えるとか、左京区久多からわずかに富士山(261km)が写真に撮れるというお話もありましたし、ちまちました日常とは違う壮大な話題にウキウキします。

DSC03198.jpg DSC03253.jpg DSC03199.jpg
ドラマでも見る山門です。南禅寺の三門の方が古く大きく、石川五右衛門の「絶景かな」は南禅寺です。しかし楼閣からの眺めはこちらの方が良いのではないでしょうか。「浄土真宗最初門」と書かれた扁額は「浄土宗のまことは此処から始まった」という意味だそうで、前に居る人と比べるととてつもない大きさだとわかります。秋の特別公開で楼閣へ上がることができます(有料)。写真撮影はできませんが、その眺望はおすすめです。双眼鏡持参でぜひ。先ほどの三重塔の真横に左大文字が見え、こんなに間近で大文字を見たのは初めてです。塔の場所からは見えなかった南禅寺や蹴上、西山を見渡せ双ヶ岡や愛宕山も見え、京都守護職はここから大津・大阪方面からの動きや市内の様子を見ていたと言われていて、なるほどその様子がよくわかります。楼閣には極楽浄土の阿弥陀像・十六羅漢像・天井には火伏せの龍の図があり、ガイドさんが簡単な説明をしてくれますので、歴史のお勉強になりました。龍は雨の遣いのような存在で寺院では火除け、庶民には干ばつにならないよう龍神を崇めるという両面を持ち合わせていた為、お寺で龍はよく見ます。

DSC03168.jpgDSC03181.jpgDSC03189.jpg
DSC03184.jpg DSC03185.jpg
DSC03186.jpg DSC03190.jpg
やはり古いお寺ですので、とにかくお墓の数は無数にあり、我々の知る四角い墓石だけでなく変わったお墓や像があり、他のお寺とは違いますね。ガメラあり、アフロあり。ポップコーンみたいな頭の石像は通る人たちが写真を撮影していて、写真を撮るだけでなく、ちゃんと手を合わせましょうね。うーん、何となく自分に丸顔が似てるような気がして頭をなでなでしてきました。厄払いできたかな? これまた横顔に愛嬌があります。なぜ、像をなでたがるのか? ・・・と思われるかもしれません。幼い頃から天神さんのお牛さん(牛の像)をなでる習慣があり、ついつい、なでたがる。信心深いのか欲深いのか?
DSC01457.jpg
北野天満宮境内にはいくつものお牛さんがあり、どれもなでられてツルツル。ところが最近、この像が黒毛和牛に見えてしまって。あっ不謹慎。

DSC03213.jpg 
これが左大文字です。西北に向いているため「大」に見えづらく、あの送り火とは思えないはげ山にしか見えず。この周辺も色づくはずなのに、全く変わらずですよね。

DSC03239.jpg 
会津墓地です。幕末において倒幕の機運が高まり新撰組と共に京都の警護にあたった京都守護職。数年前のNHK大河ドラマで綾野剛さん演じる会津藩主松平容保を思い出します。
京都守護職の任についた会津藩は1000人を擁したとも伝えられ戦で何百人もの人たちが犠牲となり、この墓地に祀られています。たくさんの墓石を眺めながら再び郷里の土を踏むことが叶わなかった藩士たちに合掌。

DSC03243.jpgDSC03245.jpg
DSC03247.jpg
金戒光明寺の会津墓地の隣は真如堂の敷地となり、今回、ご紹介したかったのは高貴な雰囲気のこちら。石橋と金の家紋は三井家の墓地です。お行儀悪いけれども許してたもれ、ちょっと覗き見。ゆうに100坪以上ありそうで、財閥の菩提寺が京都なの? と思いますが、NHK連続ドラマ「あさが来た」のあさちゃんこと広岡浅子の実家は出水三井と呼ばれ上京区、今のルビノ京都堀川の辺りに屋敷があり、本家を始め他にも京都には三井家が何軒か居を構えていた為、京都に菩提寺となったようです。あさちゃんのご両親もここに眠っているのでしょうか。さすがにお墓ひとつをとってもスケールがちがいます。

DSC03203.jpg DSC03207.jpg
真如堂も紅葉の名所ですが、ご覧のとおりくすんでいますし、門の所もまだ青い。ここは天台宗のお寺で境内には300本の紅葉があり、ここにも三重塔があります。

DSC03250_2015112322345199d.jpg
紅葉らしい写真は金戒光明寺の塔頭くらいです。

DSC03224.jpg DSC03226.jpg
真如堂から東の白川通、市バス錦林車庫の所へ下り、左は川なのか疏水なのかわからないけれど白川通を横断し、この向こうは哲学の道、銀閣寺方面へつながっています。ここを左折して少し歩くと白川通沿いに山田ベーカリーと言う老舗パン屋さんがあり、美味しいです。食パン・フレンチロール・あんぱんなど定番が揃います。今日はこのパンをお土産に

DSC03225.jpg
では錦林車庫から市バスに乗ってお家へ帰ります。3つ目の青信号が東天王町でそこを右折した所から今日は歩き始め、金戒光明寺から真如堂と北へ進み東へ回ってきました。ここから南禅寺・永観堂へは南へ、吉田神社のある吉田山へは北へ、銀閣寺へは北東へと徒歩で行くことができます。銀閣寺にはアイスキャンディー屋さんや時々お世話になる精肉店銀閣寺大西さん、宣伝はしないのに流行っている麺どころ「おめん」、真如堂前には焼肉おおた、東天王町には料亭岡崎つる家と有名なお店があります。真如堂へは見えている歩道橋の所、真如堂前のバス停を降りて西の山手を上がれば行くことができます。以上、写真でご紹介しましたが、ちょっと散策にいい所ですので、よかったらお出かけ下さい。公開期間を設けて金戒光明寺は他にも有料で仏像や庭園を見せてくれますし、楼閣も普段は上がれません。
お寺で袈裟を着てお坊さんに扮した二代目中村鴈治郎さんが「皆さん、ようこそお参り頂きました。もみじも色づいてまいりましたし、もみじと一緒に写真を撮る時はフラッシュをたいてください。そしたら光でお顔のしわも消えて、もみじも輝きお嬢さんがたも、もみじもべっぴんに撮れまっさかいに、ハッ・ハッ・ハッ、ほな、よろしゅうに」と、成駒屋僧正もいいなあ。いつもの妄想です。あー、ヘタクソクラブ会長のお話のように長くなってしまいました。もう、こんなに長い物は書きません。

<お願い>この記事はオリジナルにつき他への使用はご遠慮下さい。

スポンサーサイト
億のお話
11/13(Fri) 19:02|よもやま話comment(2)trackback(0)edit
ひと雨ごとに寒くなり、そろそろ紅葉も見ごろとなってきました。朝はお寺の鐘で始まりカラスが鳴くとお寺の門が閉まるはずが紅葉狂想曲のごとくどこもかしこもライトアップと騒々しく仏さんは寝る間もなく、その内、お寺もコンビニのように24時間営業となるのではないかと思うくらいです。
15日は狩猟解禁日で、今年は日曜日とあって出猟する人も多かったのではないかと思います。雨の後でハンター達の猟果はいかがでしたでしょうか。今年も事故なく、獲物が多いことを願っています。

“京都ぎらい”と言う本が売れていると聞き、京都に対して“どうも鼻持ちならん”と思う人が多いと推察します。読んではいませんが、タイトルで食いつきを良くして最後には京都はいい所とくくるのではないか? 大阪の人は京都の人を“見栄っ張り”とか“高飛車”と、嫌う人が多く、逆に大阪の人は「ケチ」で名古屋の人は「しぶちん」と言われることもあるそうです。名古屋はドーンとお金を使う派手なイメージがありますが、県民気質は客観的に見ると面白いです。 宇治金時もどちらかと言えば京都寄りですので、今日は辛口にすっぴん京都の陰口です。
億と言えばお金。ジャンボ宝くじの当選金くらいしか馴染みはなく、これも当たることはありません。春に荒神橋(丸太町橋のひとつ北)にある法務局へ出向いた時、その南側にあった建物が解体されていました。公的機関の建物でしたので、建て替えかと横を通ると三菱レジデンスの5階建マンションとありました。前に鴨川・大文字が望め、2億円くらいかな・・・と思いきや、最上階の1戸は287㎡で7億円。販売側は付加価値と言いますが、原価計算をしてもぼったくりとしか思えず、宣伝の意図もあり、実際はもっと安くで取引されるのではないでしょうか。“高ければ良い”と信じる人か、お金の使い道がない人くらいしか買えません。三菱レジデンスと言えば南青山の新築マンションで施工工事のミスがあり、全契約を解除し、建て直しをするということで契約者には販売価格の20%を迷惑料として支払うという話がありました。施工会社の責任ですので、販売会社がすべて負担するわけではないでしょうが、その金額だけでも数十億となり、財閥系ブランド力と資金力で対応をし、京都のマンションの付加価値と言われる部分は東京の補てんに回されるのか・・・とよこしまな事を考えるのは私だけでしょうか。

中京区では億ションが次々と建設され、京都以外の資金が流れ込んでいて、京都駅周辺では宿泊施設用地が足りず、近々建物の高さ制限が緩和され、更に価格上昇が予想されます。東京から大阪まで商業地の地価が上昇している中、京都も例外ではありません。地価は景気の基準のひとつと見られ、地価の高騰というとバブル期の再来かと思ってしまいますが、あの頃は借金をしてまで不動産を投機目的で取り合った結果でして、そもそも不動産は売買で利益を得る株とは違い、買い時と言うのはありません。買いたい時に買う物、長期に保有するものです。買う時に高いか安いかの判断であって、例えばこの不動産欲しいけれども高いな、とためらっている内に売れてしまったとなると、二度とその物件は買うことができません。株ならば買い損ねてもまた、買い時はやってきます。観光バブルで砂糖にアリが群がるように観光ビジネスは活況を呈し、貸出金利が安く、借入れをして不動産を買う人も増えています。銀行にお金を預けていても利息はつかないし、それよりも利回りの良いものにと世の中にお金が還流し、世界にはどえらいお金持ちがいて、今の好景気は為替を始め観光は外国人頼り、投資にしても外資のお金が入っていることもあり、稼げる時に稼ぎまくって逃げ足早いのがその特徴ですので、荒らされた後は半沢直樹のドラマを見た人はどうなるかおわかりだと思います。銀行のことを“日傘は貸すが、雨傘は貸さん”と揶揄する言葉。同じ轍は踏まないように。このブログを読まれている方は不動産を買う事ないし無関心の方もいらっしゃるかもしれませんが、地価は固定資産税や相続税にも関わってきますし、投資信託も増えていますので個人への影響は無いとは言えません。

京都は見かけを重視する傾向があり、街並みにはうるさく街づくりには無頓着です、“鉄道会社と街づくり”と言ってもピンとこないかと思います。東の東急・西の阪急と言われるように鉄道を中心に不動産開発が行われ東急では田園調布や渋谷、阪急では宝塚などが有名です。銃砲店に近いJR二条駅は中心部の稀少な再開発地区で京都駅から7分、地下鉄東西線も乗り入れ、二条城へも近く、アクセスの良さを活かした街づくりをすれば京都駅に次ぐ第二のターミナルになったはずなのに。いっそのこと市役所を移転させるもよし、外国人の宿泊拠点を作ってもよかった。とにかく人が集まり地域の活性化を促して欲しかったです。現実は私立大学の立派な建物他、街づくりからは的外れの市のミスリードです。議会も何をしていたのか疑問符がつきます。市役所の増築に300億円、二条城の修復50億円、電柱の地下埋設工事は1km9億円など単体に億単位の支出とあってはお金は足りませんし、当然のように市民に負担を強いるのはごめんですから知恵を絞って自治体は収益を上げる意識が必要です。京都ぎらいもいれば京都好きもいるので、ふるさと納税におめぐみを。算盤勘定が下手と言うか世事に疎いと言うか市が二条駅の土地を売却したのはもったいないな。パン食い競争的な発想しかないんですかね。
ブログをご覧の方の中にはこれからお話する事に不快感を抱かれるかもしれませんが、お許し下さい。二条駅前にある私立大学の校舎があまりにも立派なもので、景観に配慮されているようにも見えず、なぜ駅前に必要なのか? と思います。市内のマンモス大学には3万人の学生がいて、一人当たり年間90万円を払うとして270億円。その上、助成金があり、入学金に受験料と大企業並みの数字がはじき出されます。
“合格した喜びもつかの間。入学金と授業料を支払わなくてはならず、早速、奨学金の案内をもらった” “あんな立派な校舎よりも授業料を安くしてほしい”と親たちは口を揃えて言います。最近は奨学金を利用する学生も多く、卒業生は借金を背負って社会生活をスタートさせ、夢も希望もない。親は子へ仕送りをし、子はアルバイトに勤しみ、わずかなお金も無駄にできぬと苦学の学生で済まされていいものか、これが教育の場にふさわしい事なのか考えさせられます。
勿論、京都だけのことではなく、大学の街、京都から是非とも改革をして欲しいものです。しかし、京都では宗教法人と学校法人は表裏一体の所が多く、タックスヘブンでもありますし、巨額のお金が動くこれらは不動産よりもおいしい投機対象だとも言えます。いずれにしても我々庶民には億のお金なんて無縁で、せめて夢の中ででも億ションに住んだり、宝くじに当ったり、喜びたいものです。でも、実際に起こったら・・・心臓止まるかも~。

DSC03046.jpg DSC03048.jpg
DSC03051.jpg
オレンジベストに柿。西陣猟友会射撃研修会でのみなさんです。柿を食べてエネルギー補給。柿食えば腕が鳴るなり猟師たち。
柿が食べ放題でも皮むきが大変です。しかし猟師さんのナイフさばきはご覧のとおり鮮やかで宇治金時よりかはよっぽど上手に皮をむかれます。

DSC03062.jpg DSC03065.jpg
DSC03054.jpg DSC03081.jpg
こちらはミドルエイジ、アスリートの部。和歌山国体で京都府のゼッケンをつけていた3人が今日はオレンジベストを着て狩猟用の銃で練習です。西陣支部にはもう一人、国体選手がいますが今日は欠席でした。一つの支部にアスリートシューターが多く所属するのも全国的に珍しいと思います。オレンジバージョンでの京都府クレー射撃協会の面々4名で記念写真です。

DSC03073.jpg
こちらはシニアエイジ、ベテランの部。毎年開催される京都府猟友会安全狩猟クレー射撃大会で今年も団体優勝した射撃軍団西陣支部。その主力メンバーがこちらです。先の国体選手達は国体と時期が重なるため安全狩猟クレー大会には参加しませんが、それでもベテラン陣が底力を発揮し、層の厚さがうかがえます。前半スキート2ラウンド・後半トラップ2ラウンドと個人メドレーではありませんが、よくあたっています。しかし、トラップはちょっと体力的にお疲れ気味の様子でした。柿を食べなきゃ。ヘタクソクラブとは違いみんなオレンジなので後ろから見ていても誰なのかわからず、横から覗き込んで確認していました。

DSC03075.jpg DSC03077.jpg
笑顔で拍手、満射がでました。ご本人は“フー”とほっとした表情で、この日はただ一人の満射でした。

DSC03086.jpg DSC03087.jpg
スキートの皆さんから「スキート射ちいな」と言われます。私が撃つとタイミングを逃しハウスを撃ちそうで。一人で1番射台に立ち、思っていたよりか距離があり、8番はこんな感じかと、トラップと違い開放感があり、全体が広く見えました。
ヘタクソクラブ 最終例会
11/05(Thu) 14:57|例会comment(0)trackback(0)edit
今年最後の例会となり、今回も5名の新しいメンバーが増え、全例会にフル出場の皆勤賞は14名、皆勤賞に届かなかった準皆勤賞は13名と1年を通してご参加ありがとうございました。
今年の例会を振り返ると、久しぶりに新入会員さんが増え、参加者が60名を超える時もあり、活気ある一年でした。とりわけ、メンバーさんがお友達を誘って参加されることも多く、待ち時間が長くても、和気藹々とあちらこちらでメンバー同士の交流もはかられ、とても良い雰囲気に包まれていました。

トラップOBクラス 75点満点
1. 森下 66点 福井  2. 辻 61点 京都  3. 上家 60点 京都

トラップAクラス 50点満点
1. 谷口恵 45点 京都  2. 清水 44点 京都  3. 谷口貴 43点 奈良

スキート 75点満点
1. 川嶋 63点 京都  2. 山田 62点  京都  3. 大野 62点 京都
いずれもハンディあり

DSC02997.jpg DSC03003.jpg DSC02998.jpg DSC03006.jpg
 DSC02986.jpg
今日の新人会員さんは所持歴が数か月という人が2名で、スキートの人も1名いらっしゃいました。お勤め先の会社の社長さんもクレー射撃をされている人、狩猟仲間同志、銃にほれ込んで只今、射撃の腕を磨いている人など、来月からは例会はしばしお休みとなり、来年3月まで間があきますが、また、いらして下さい。

DSC02985.jpg DSC03009.jpg
DSC02981.jpg DSC02980.jpg
スキートの皆さんです。1番手“よっ、おっさん”は男前の射撃フォームでドンピシャ・・・真っ芯にあたった・・と思いきや“どこ撃ってるんかわからん”と、目が悪いか、目の奥が悪いか?
8番はあたると気分がいい。

DSC02962.jpg DSC02988.jpg 
DSC02971.jpg DSC02966.jpg
トラップにも綺麗なフォームの人がいます。肩付けがしっかりできていて、目がスーッと通っています。なかなかご自身で自分のフォームをチェックする機会がないでしょうが、いつのまにか銃床の位置やからだの重心のかかり具合が変わっていたりする事があります。

DSC02979.jpg DSC02972_20151105163423ccf.jpg
DSC02977.jpg
バックトュザフューチャーではなくてリトルヘタクソクラブはクラシックカーに乗せてもらって大はしゃぎ。たくさんのボタンに興味津々。こんなカッコいい車に乗ってどこへ行きたい? 所有者のメンバーさんありがとうございました。

DSC03010.jpg
これは賞品ではなく会長宅に鈴なりにできている柿を進呈です。

DSC03016.jpg
ねーむれー、ねーむれー・・シューベルトの子守歌  

DSC03012_20151105152852a0e.jpg
DSC03029.jpg DSC03034.jpg
賞品台はガランとしておりますが、スチロールの中には豚ヒレ肉が入っていて、おひとりずつに、皆勤賞はいつものあったか毛布、準皆勤賞はシクラメンの花。

DSC03037.jpg DSC03040.jpg
これが賞品? 小さな紙に嬉しそうな表情の理由は・・抽選のほたて貝は会場の外に置いていましたので、その引換券です。
ジャンケン大会の前に本年、メンバー皆さんのご協力のお蔭をもちまして、つつがなく例会を終えるにあたり全員の三本締めで「よーっ! チャチャチャ、チャチャチャ、チャチャチャッチャ」ありがとうございました!
平成28年3月からの例会スケジュールは来年2月頃に当ブログにてお知らせします。また、年度がわりにあたり、案内状の整理をするため、過去の参加状況に基づき案内状の発送を止めさせて頂くことがあります。日程は当ブログにてご確認願い、詳細につきましては事務局へお問い合わせください。
では、また、来春、“関西No1射撃クラブ 不動のヘタクソクラブ”は皆さまのご参加をお待ちしております。