わらべうた
10/30(Fri) 16:53|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
晴天続きでヘタクソクラブ最終例会も晴れと思いきや少し怪しそうな雲ゆきです。
前回の“三条エレジー”をご覧頂いて感想は如何でしたでしょうか。京都の人には“あっ、そうだったな”と記憶のストレッチのようであり、他県の人にはちょっと小耳にはさんだ話を頭に浮かべて散策してもらえたらと思っております。
じっくり書くと長い内容になり、あれでも短くまとめる事に大変苦心していまして、拍手に気をよくし、勝手ながら補足をします。
ベラミのお話は常連さんや元ホステスさんから聞き、粋な遊びがいい時代だなぁと・・・羨ましい。社交ダンスにチークダンスと、我々マハラジャ世代とは違います。小中学生の頃のフォークダンスをふと思い出し、気のある男の子や女の子が回ってくるとちょっとドキドキした経験がありますよね。少しの間に感じる手の感触や温もり、耳元でのささやきとか、そういう感覚を知る人が少なくなってきました。恋仲に限らず幼いころの親子・兄弟の愛情も同じかと思います。
ヘンな話、ベラミ出身のスナックのママさんに見合い話をもらったのはこの私くらいだと思います。“この子何とかせなあかんわ”と、憐れんでもらったのかもしれません。東北出身の独特のアクセントと笑うとかわいいママさんはさすがに一流クラブの人だっただけあって男性を見る目は厳しく、お店は早くにたたまれて、今も元気で京都にお住まいだと思いますけれど、また会いたいな。

京都慕情の作詞・作曲は日本人ではなくベンチャーズで、音でイメージをつかむ優れた感性に驚きです。
そして京都には「丸竹夷二押御池」と言う、通り名のわらべうた? があります。宇治金時も含め完璧に歌える人は今ではほとんど居ないのでは。タクシー運転手さんになるには覚えておいた方がいいかもしれません。この丸竹夷も五条くらいまでは覚えていますが、その後続き、何と最後は「九条大路でとどめさす」で終わるのです。京ことばにはにつかわない、とどめさす? 「えっ、どぎつい」 これは丸太町通から九条通で、もうひとつ丸太町通から松原通の歌もあり、“坊さん頭は丸太町  つるっとすべって竹屋町~”これまた歌で聞くとクスクス笑えます。更に南北通り名は寺町通から千本通がありまして、これらの通り名を聞くと西の? 東の? 北の? 南の? と車を運転する感覚で一方通行のことを考えてしまいます。二条は東行き・押小路は西行き・間之町は南行き・釜座は北行き・・・・という風に。なので、さすがに他府県ナンバーの車を一方通行の道路で見かけることはなく、大概、大通りばかりです。市内は道路が碁盤の目でわかり易いと言うものの、狭い道路を含めると手ごわいみやこ道。
ネットで京美人三人娘が唄う京都の通り名の唄で歌声が聞けます。

さて、この風景はどこでしょうか? 京都府内です。
DSC02892.jpg

DSC02895.jpg DSC02903.jpg
日本三景のひとつ京都府宮津市天橋立です。約3.6kmに5000本の松林が続きます。とても良いお天気で見晴しは最高でしたし、青い海と空はとても爽快。天橋立へは25年ぶりです。京都には海もあるんですよ。

DSC02907.jpg DSC02927.jpg
元伊勢籠神社と湾内に停泊し運よく見ることができた客船にっぽん丸。

DSC02888.jpg DSC02909.jpg
バスが邪魔をしていますが、京都縦貫自動車道のパーキングエリアからの砥石ヶ丘。にょきっと突き出たような形が特徴で、岡田小富士とも言われ、砥石を産出した山とのこと。たった18人のゆったりお出かけサロンバスには車内中央にトイレがありました。地下へ降りるような感じで、すごい。昔はバスガイドさんが「ピッーピッー」笛を吹いてバスの誘導をしたものですが、近頃はバックモニターを装備しているので、車並みにスムーズに駐車できて、バスも何かと進化しています。

DSC02919.jpg
“どれにしましょうか”と吊るしてある干しがれいは売り物。天橋立近くの岩滝温泉の湯は少ししょっぱいらしく、お昼ごはんを食べて温泉に入って、十分くつろげます。天橋立へは観光列車、丹後くろまつ号・あおまつ号・あかまつ号とレトロな電車も走っています。

砥石は日本全国どこでも採れますけれども、京都では800年の歴史がある高雄菖蒲谷の天然砥石がこれです。
DSC02942.jpg DSC02943.jpg
DSC02944.jpg
砥石の事は詳しくなく、粗砥・中砥・仕上げ砥とあり、これは仕上げ砥で、“正本山本格品”“山城砥石”とあります。愛宕山付近で砥石が産出されるそうで、砥石を採るのに爆薬を使い、その関係で店内に砥石を置いています。もちろん売り物ですので、関心のある方はお問合せ下さい。

もうひとつ、商品のご紹介を。前にもブログに載せましたペルタースポーツタックです。あれ以来、何件かのご注文を頂きまして在庫があります。評判はも・ち・ろ・ん いいねです。集音ボリュームが調整できて、ボリュームに関係なく瞬時に発射音は抑えますので、“シュッ シュッ”と発射音が吸い込まれるような感じです。店の玄関で集音を高めてはめていると店の中での会話が隣で聞こえるくらいよく聞こえ、また、ドアの外の車の排気音がうるさいくらい入ってきます。イヤプロテクターは本来、音を遮るという役割でありますが、これはその常識をちょっと変えるかも。耳が聞こえにくくなってきたな・・・と言う人には音が聞こえ易くなるという利点もあり、はめているとテレビの音も聞こえがよくなりますよ。ただ、外部音は選択せず全て入ってきますけれども。
DSC02816.jpg
カップカラーがオリーブ(本体)/オレンジ(取り替え用)在庫中です。価格は28000円 税別です。
さあ、ヘタクソクラブ最終例会です。ジャンケンゲームの硬貨300円の仕込みをします。来てくださいね。
スポンサーサイト
三条エレジー
10/24(Sat) 14:52|よもやま話comment(2)trackback(0)edit
水曜日にはミニ射撃会を開催し、トラップ・スキート合わせて2組ちょっとのご参加を頂き、ありがとうございました。小林銃砲火薬店の射撃会では規模は一番小さく、平均年齢は一番高く、会の名前も“シルバーシューティング”に改名しなければならないか? でもお若いシューターもいらっしゃるので、このままでいきます。

DSC02878.jpg DSC02868.jpg DSC02866.jpg DSC02863.jpg
DSC02869.jpg DSC02876.jpg DSC02874.jpg
今回はトラップ・スキート混合で撃つ人も数人いまして、ハンディの効果があったかどうか。24点は4人ありましたが、惜しくも満射は出ず。75点満点で1位は69点で、23点平均。2位以下は順位にかかわらず、同じ賞品なのであまり点数を意識せず楽しんでもらえる射撃会です。
射撃に慣れた方々ですので、進行は皆さんにお任せして、受付をして賞品をお渡しするだけが宇治金時の仕事です。
今日はハンティング帽にスポーティング銃と、いつもとは違う方も。
この日は狩猟期前ということもあって射撃場は朝から練習の人も多く、午後からは更に人が増えて賑やかでした。
そろそろ狩猟登録証も交付され始め、狩猟用装弾をお買い求め頂く方も増えて参ります。今さらお願いすることではありませんが、火薬類の購入の際には所持許可証・狩猟登録証・火薬類譲受許可証のご提示をお願い致します。
実包、火薬類は今年も一部、欠品している物がございますので、ご了承ください。

さあ、狩猟解禁日までは徐々に忙しくなってきます。なので、今日はじっくりブログを書きます。
DSC02829.jpg DSC02830.jpg
一風変わったお寺は東山仁王門にあります。楼閣っぽい。この東大路通から川端通、三条通から北の地域は通りが狭いのですけれどもお寺が多いです。
そしてMITSUOKA自動車。ナンバープレートは後ろだけですので、バイクと同じ扱いですかね。お坊さんがこれに乗って走っている姿を見たこともありました。

DSC02850.jpg DSC02851.jpg
東山三条を下がると西側にこんなお家が昔からあります。まだ市電が通っていた頃は数件同じようなお家がありました。おそらく古道具屋さんだったのでは。今は整頓されていますが、以前は物が落っこちそうなくらいもっと溢れていたような。

三条通界隈を歩いておりました。そう、三条通には懐かしい記憶があります。山科射撃場があった頃は行きは丸太町通を帰りはこの三条通を車で走っていて、京阪電車京津線が路面電車でこの三条通を走っていた時代です。
今はGPSがあるのでお客様に電話で道案内をすることはありませんけれども、名神京都東からですと「三条通を真っ直ぐ鴨川まで進んで、三条大橋の手前を右折し、一つ目の信号を左折して御池通を突き当りまで進んでください。突き当りにJR二条駅がありますので、そこを右折して5つ目の信号の所が銃砲店です。」 このようにとてもわかり易い道順です。
DSC02831.jpg DSC02834.jpg
屋根瓦が茶色いのがわかりますか? 錆です。路面電車の名残りです。今は“岡崎ループ”と言うかわいいバスが京都市役所前と岡崎を往復していて、こんなバスがあるなんて知りませんでした。
三条通と言えば何と言っても“三条大橋” はい、東海道五十三次の終点です。安藤広重の絵にもありまして、どう見ても今の風景とは全く異なります
 DSC02847.jpg DSC02848.jpg
左の写真を見ただけで京都の人は三条大橋とすぐわかるぎぼし。現在の橋は昭和25年に造られたもので、橋の西は繁華街河原町通へつながり、バスの往来も多いのですが、ここは処刑の場・さらし首の場と血なまぐさい過去もありました。三条は欄干が木なんですね。四条は石? コンクリート? 加茂大橋は確か灯籠のようなものがあり、五条大橋は牛若丸と弁慶の像があるという、それぞれに特徴がありますね。

DSC02838.jpg 三条大橋の下、すっぽんか? いえ、カモです。カルガモですか? 川の東にある某お寺の庭で毎年カルガモのヒナが生まれ、しばらくすると親ガモと一緒に道路を歩いて鴨川へ引っ越しをします。道路横断時は警察官が車を止めてカルガモを優先的に渡らせます。もしかしてこのカモ、京都市左京区生まれなのか?
京都ではこの辺りを三条大橋と言うよりも三条京阪と言う人が多いのではないかと思います。橋の東側は京阪電車三条駅で、元々は淀屋橋からここ三条まででしたが、出町柳まで延伸となった時に七条あたりから地上を走っていた電車が地下に潜りました。その後市営地下鉄東西線が京阪三条に乗り入れ、先の京津線も同じく三条通の下を走るようになりました。駅なのに地上は活気がないんですよね。辺りにはホテルやドミトリーが増えて景色は京都なのに京都に居る感じがしないのです。
そして京阪三条の北側に“べラミ”というナイトクラブがありました。私が三条通を通っていた時はまだ、ありました。でも連れて行ってもらったことはありません。ちょっと世代が違います。行ったことのある人は今ですと70才を超えるお年の人でしょうか。クラブの玄関には有名歌手のショーの宣伝があって、“見てみたいな”と、それをじーっと眺めていました。今でこそホテルのディナーショーがありますけれども、その当時は生演奏でのショーと言えばかなり贅沢だったことと思います。行ったことはないのにべラミにまつわるエピソードに笑いが出てきます。スナックのママがベラミ出身というのも珍しくありませんでしたし、今、ニュースで耳にする、神戸・名古屋のアンタッチャブル集団の神戸のトップがこのベラミで襲撃された事件は多くの人がご存知と思います。お茶屋と芸妓のセットが紳士の夜の社交場だった京都には一力と言う格のあるお茶屋がありながらも、べラミも肩を並べていたのですから、京都の男はんは相当遊び好きだったのでしょうか。

DSC02833.jpg
栄華に満ちたベラミが消えてもその頃からのお店が今なお、お商売を続けていて昭和のたくましさを感じます。哀愁というわけではありませんが、木枯らしに吹かれる落ち葉・・・の感じで、エレジー。他にも旅館・お酢屋さん・茶懐石の辻留さんなど今も変わらないお商売もあります。

三条通は名神高速京都東インターから西へ嵐山まで通っています。途中、商店街があるため、車で一直線に嵐山まで行くことはできませんが、車は五条通、国道一号線を通ることが多いので、派手さのない三条通は京都の人にとっては空気のような通りですかね。あんまり通ることはないけれども無いと困るような。
DSC02849.jpg
三条通の東、写真の正面、四角い建物が蹴上のウェスティン都ホテルで東山方向は上り坂です。ここ三条大橋からお江戸日本橋まで昔の人は何日かけて行ったのでしょうか。夜、蹴上から車で緩やかなカープの坂を下り三条京阪まで来ると街の灯りにホッとします。“街の子”だから、灯りが恋しい。京都は大きくないし、あかぬけしていないし、都会の子ではないですよ。ちなみに京都ではお育ちの良い子供のことを“ええとこの子”と言います。

あの人の姿懐かしい黄昏の河原町~” 渚ゆう子の京都慕情。京都の民謡のようなもので、琴の演奏にもふさわしいたおやかで素敵な名曲だと思います。宇治金時の歌声でお伝えできないのが良いか悪いか別として、この歌詞に出てくる地名、河原町・高瀬川・嵐山・東山・桂川はすべて三条通から行き着きます。三条河原町界隈は今は無き映画館・書店が多い繁華街で、三条新京極と、京都の人なら懐かしい思い出がひとつやふたつあるのではないでしょうか。これも時のうつろい、エレジー。
三条堺町 “京都の朝はイノダのコーヒの香りから”と、イノダコーヒ三条店は初代社長の甥御さんが任されていたお店で、大きくて円いカウンターにお客さんが座りその中央でコーヒを入れるスタイルで香りにつつまれて味わうコーヒは本店より美味しいと言う人もありました。
三条通は道幅が広く、狭くなりながらも商店街があったり、西大路三条からは京福電車の路面電車が島津製作所の横を走り、国宝第一号弥勒菩薩のある広隆寺や東映京都撮影所・車折神社から嵐山へと西はこれまたノスタルジックで、三条通ってころころ景色が変わる飽きない道です。我こそ健脚と自信のある方は東から西へ歩いてみてください。どのくらい時間がかかるのでしょうか。結構距離がありますよ。
東山の南禅寺・岡崎界隈は女一人で歩くよりもデートをするにもいい所、でも、嵐山・嵯峨野は心傷ついた女性が一人で行くイメージがなぜかしらあるんですよね。さっきのベラミのホステスさん達は地方出身者が多かったらしく、京都慕情の歌は彼女たちが口ずさむとさまになるような気がします。あっ、ちょっと妄想が・・・。いえ、これまた恋模様のエレジー。
この間、ある人に“年の割には肌がきれいやな、何使ってんの?”“化粧品です”“それはわかってるがな”“グリスです” ガンオイルにしときゃあよかったかな・・・エレジーとはかけ離れた自分の日常に・・・ハァー、ため息。

<お願い>この記事はオリジナルのため他への使用はご遠慮下さい。
狩猟の魅力まるわかりフォーラム in 京都
10/18(Sun) 20:23|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
10月17日、京都府立大学において環境省主催の“狩猟の魅力まるわかりフォーラム”が開催され、近畿一円から約350人もの来場者に当初の1教室では入りきれず、2教室での視聴となり、20才代から50才代の参加者が多く見られました。
このフォーラムは3年前から始まり、毎年、府県を変えて数回各地で開催され、京都では初開催です。
猟銃所持者はこの十数年で53万人から18万人まで減少し、環境省では人と野生鳥獣の適切な関係構築などに向けて鳥獣保護管理の担い手確保に取り組み、このフォーラムを通じて狩猟の魅力や社会的役割、安全な狩猟方法等を紹介しています。

DSC02855.jpg DSC02857.jpg
参加者にはこのような冊子などが配られます。

京都府立大学大学院高原教授による「シカによる植物の食害」についてのお話の後、山梨県猟友会のハンターによる「ハンターとはどういうものか」の紹介、そしていくつかの会場に分かれ、狩猟に関する道具や物を見学、パネル展示での説明、シュミレーターでのハンティング体験、シカ肉料理の試食など、言葉通り「狩猟まるわかり」のイベントでした。
シカが花や笹を食べつくし、植物生態が瞬く間に変化してしまうという深刻な状況に防御だけでは対策しきれないというお話。また、シカは毒のある植物がわかり、食べないということも知りました。狩猟とはただ、獲物を仕留めるだけでなく、その命を頂くという意味も含めて、人も獲物も双方が命がけであると話されていました。
会場の様子を少しご紹介します。

IMG_1053.jpg レーザー
ハンティングシュミレーターが2台設置された会場ではゲーム感覚でバーチャルディアーハンティングが体験できます。
あれあれ? どこかで見たことのある人達。二人とも今年から狩猟を始めるヘタクソクラブメンバーさんです。スタッフの人達もずーっと映像の方を見ています。会場ではメンバーさんとかなり遭遇しました。女性には重たく、持ち上げて支えるだけで精いっぱい。中には銃床にほおを付けず狙う人もいました。

ヒット IMG_1049.jpg
光線銃 
左上の写真で白い木の右に小さく赤い点が見えます。これが着弾点で、1ゲームに数シーンあり、1シーン毎に発射される弾数が決められていて、その弾数の表示が映像左下のライフル実包です。この場合残り2発です。
シカが前後左右に出現しますから、見ているだけで目が動いてしまいます。映像はパソコンからスクリーンに映し出されていて、LASER SHOTというシステムで、ホームシアターサイズにも対応するらしく、ある人に「100万円くらいするのですか?」と尋ねられましたが、いえいえ、TOYOTAクラウン1台分くらいではないかとの噂です。ソフト自体はそんなに高くないでしょうが、レーザー銃がね。
任天堂レーザークレーの開発に携わった人は昭和48年に世界初のレーザークレーが誕生してから42年後のレーザー銃に無言。スタッフの人に「どうぞ」と勧められて、終了後「お上手ですね」と・・・恐らく髪の薄い爺さんにしてはお上手ですね・・・ということでしょう。だって腐っても鯛。爺さんでも元プロ。

IMG_1024.jpg 模擬銃
免許
別の会場では京都府猟友会が模擬銃を展示し、猟銃についての説明、参加者からの質問などに応じていました。「こんなに重いんですね」と手にした人の感想。京都府は狩猟免許の取得についての相談ブースを設け、この会場も人が多かったです。2014年の京都府狩猟登録はわな猟が約1400件、第一種銃猟が約1200件と狩猟者数の減少と共に銃猟免許登録も減っています。

試食 本
ナイフ よろい レザー
京都府立医科大学・京都府立大学生活協同組合企画・提供のシカ肉料理の試食、狩猟・射撃関連書籍の販売・ハンター7つ道具の展示・シカ革を使ったバッグや小物の紹介や、こんなよろいも展示されていました。革を縫って小さなサックを作る体験コーナーには女性ばかり。

ミロク いのしし
パネル
通路には写真やパネル展示があり、猟銃製作ではミロク製作所が。ありゃあ~ロースハムかと思ったら、イノシシです。毛のないイイノシシにびっくり。他にも罠道具を紹介する会場もありました。大日本猟友会会長さんも遠路、会場に足を運ばれ、関係者の方々とお話をされていました。これだけ大勢の方に参加して頂き、よかったですね。私たちも勉強になりました。関係機関の連携あってこそ、これだけの規模の物が開催できるわけで、なかなか我々の業界だけではできません。フォーラムの後に銃砲店へ寄って頂いた方もあり、ありがとうございます。
今年度は12月19日に島根県(松江市くにびきメッセ)で、12月26日は愛知県(名古屋市ウィンクあいち)での開催予定となっておりますので、興味のある方は訪れてみてください。

フォーラムの始まりまで時間がありましたので、カフェで食事をし、学内を見学。
IMG_1019.jpg
比叡山は見えなくなってしまいましたが、府立大学稲盛会館の東に建設中の大学図書館と府立総合資料館です。先日、世界記憶遺産に登録された「東寺百合文書」は現在、府立総合資料館で保管され、近々完成するとここへ運び込まれるのですね。いいタイミング。写真は東の方角を撮っていて、丁度クレーンのあたりに新しく通路が出来て、植物園の東にも出入り口ができ、大学の敷地を通り、下鴨中通までつながるそうです。現在は植物園と大学は一般の相互出入りができませんが、間もなく行き来ができるようになります。京都コンサートホールからこのあたりはかつて、農場が広がっていたのですけれども、全て建物になってしまいました。

IMG_1013.jpg IMG_1017.jpg
ローズサークル。白、ピンク、オレンジ、イエロー、赤とバラが咲いていました。ここだけは秋と言うよりも春のような彩り。とりわけ美しいばらを見つけたので、撮ってみました。

IMG_1067.jpg
大学近くの民家ではもうこんなに柿がなっていました。生柿と干し柿。これは甘柿? それともしぶ柿?

第3回スキートマンクラブ 菊花賞大会
10/14(Wed) 12:52|スキートマンクラブcomment(0)trackback(0)edit
みなさま、こんにちは、秋晴れのもと、第三回スキートマンクラブ菊花賞がここ、京都笠取国際射撃場で開催されました。
9時発走 4ラウンドジャパンルールスキート 年齢制限なしのエースクラスとチャレンジクラスのクラス別 19頭出走の4レース。
チャンピオンムネコ・マッチャンデビュー・シーサンロックなどなど、一番人気は? 予想は? 果たしてレースの結果はいかに・・・

出走のご紹介です。
DSC07342.jpg 

エースクラス
1 川嶋 79点  2. 山田 76点  3. 岩崎 75点

チャレンジクラス
1. 奥田 79点  2. 大空 69点  3. 玉村 67点

DSC07366.jpg
各クラス優勝者には懸崖菊が用意されましたので、冒頭からちょっと菊花賞風にしてみました。
今回は上野射撃場ではなく、地元、京都笠取国際射撃場と、ビギナーを含め5名ほどフレッシュなメンバーをお迎えし、たっぷりスキートを楽しんでもらいました。

DSC07344.jpg DSC07346.jpg
スキートビギナーの人だけの組を作り、小林住職がそばで撃ち方のポイントを指導。スキートは技術以前に、まず距離感をつかまなければなりません。始めはシングルの点数でも徐々にあたるようになり、半分以上命中していました。

DSC07358.jpg
以前は会に参加するのは恥ずかしいと遠慮される方もいましたが、近頃は積極的に大会へ参加されるシューターが多くなりました。お友達を作ったり、様々な銃が見られたりと理由はいろいろです。
今年も全3回、例会を終了いたしました。元々スキートマンクラブはヘタクソクラブのスキートから派生した会で、こちらも親クラブ同様、年々昇り調子で、会長以下メンバーの結束力のもと、射撃の腕も上がってきています。少ないスキート人口ではありますが、スキート愛好会として来年も活動していきます。

今週土曜日はブログでお知らせしました、狩猟フォーラムです。「ハンティング模擬体験」というコーナーではシュミレーターをを使ってハンティングを疑似体験できるらしく、おもしろそうです。府大生も協力してくれるようです。当初、京都大学に会場提供を打診したものの断られ、府立大学が受け入れてくれ、ありがとうございます。京都大学よりも府立大学の方が京都駅から地下鉄直通で行けてアクセスもよく、多勢の人にお越し頂けるよう期待しております。
また、10月31日の初心者射撃研修会も参加申し込みが増えております。ご希望の方はお早めに申し込みをお願いします。
初心者射撃研修会
10/08(Thu) 23:56|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
研修会
10月31日土曜日、京都笠取国際射撃場において初心者射撃研修会(日本猟用資材工業会主催)が開催されます。小林銃砲火薬店で銃をお買い上げ頂きましたお客さまにはご案内を差し上げておりますが、散弾銃を所持して1年以内のビギナー、ちょっと慣れてきたけれど上達したい初級者、女性シューターの方が対象です。
参加料は無料、昼食付。トラップ射撃、2ラウンド実射指導。
参加ご希望の方は弊店もしくは日本猟用資材工業会へお申込み下さい。

もうひとつ、10月21日水曜日は京都笠取国際射撃場で小林銃砲火薬店のミニ練習射撃会です。毎年2回だけの開催で今年は少し参加者が増えました。当店のお客様が対象で、初めて参加してみようかな、という方はご連絡下さい。

先のブログで先斗町のお話をしました。「ポントチョウ」と読み方をご存知ないかもしれず、富士の高嶺に降る雪も京都先斗町に降る雪も」のお座敷小唄の歌詞にもあります。「祇園」と「先斗町」はどうちがうのか・・・と尋ねられると、場所が違う。わかりやすいのは鴨川を挟んで東と西に位置します。祇園は四条通を境に南側は主にお茶屋が多い和風。北側は主にクラブや飲食店が多いと、昔はね。今はクラブも減ったらしく、隔たりなく和風になりつつあります。祇園はやたらステーキハウスが多く、おみやげにはカツサンド。なので祇園は高級だったため行く時はほとんどお得意様とご一緒でした。そして、自腹で行く時は先斗町ということで、花街としての規模は小さいけれども昔は芸舞妓さんの数も多く、こじんまりした色々な飲食店があり、とりわけ占い師が多かったことも思い出です。
新宿の母のように京都にも八坂の母とか四条河原町の角とか繁華街には占い師さんがいました。先斗町には公園の前に易者さんが行燈照らしてジーット座っていましたし、喫茶店のご主人も四柱推命で見てくれたし。
先斗町の帰り、友が「ほら、歌舞練場の向かいの占い師のおじさん、あなたに“波乱万丈の人生、何かあったらすぐに来なさい”って言った事、私、忘れられない」 全く記憶がない。「いたって穏やかだったと思うよ。占い師のおじさん、私とあなたと生年月日、間違わはったんちがう? と言うかあの占い小屋自体、早くに無くなっていたな」 宇治金時は極楽とんぼだもん。
三条河原町の女占い師は「OLはやめなさい。商売人に向いています」 ロイヤルホテルの男占い師は「今、おつきあいしている人とは近々別れます」と言うし、あたった事は覚えているもので、男の人曰く「占いなんて騙しやないか。何で女はそんな事を信じるの?」と。だけど「見知らぬあかの他人だからこそ、洗いざらい話ができる」というのもあり、若い人は将来への選択肢があるから迷い・悩むのだと思います。言われた通りになるかならないかは別として足踏みしている自分自身に背中を押してもらいたい気持ちがあったのでしょう。
今はwebサイトに必要事項をポンポンと入力したらすぐに占い結果が文字で出てきて、味気ない。これじゃあおみくじと同じじゃないか。占い師は淡々と話をし、いつの間にか人生相談になっていたり。占い師って年配の方がふさわしい気がします。宇治金時も初老に差し掛かる頃になったらこういう職業も考えようかな。未来よりも過去が長くなった今はもう、占いなんて必要なくなりました。
昨今18才前後の青少年がやたらと荒れているのを見て、もっと他人との接点があれば、洗いざらい気持ちを誰かに打ち明けられれば救われるのではないかと思います。勉強の答えはひとつだけれども世の中では答えがいくつもある事が多いですからね。街の占い師、復活せよ。当たるも八卦、当たらぬも八卦。

写真が少ないので少し入れます。
懐かしく国道162号線を通ってみました。大将軍にある府立体育館、島津アリーナ京都の前にDSC02764.jpg
大相撲ののぼりを見っけ。一年に一回巡業があるんですよね。街を歩く浴衣姿のお相撲さんを見たことがあり、大きいですね。手前ののぼりは遠藤関とあります。

DSC02766.jpg DSC02813.jpg
島津アリーナ京都の北西、京都学園の東に花園団地があります。広い団地は京都工芸繊維大学の跡地で、団地の北側にお好み焼「ジャンボ」があり、サイズが大きくて安いと、常連は学生たち。キャベツ切りだけでも相当な量らしく、このお店は昔から変わっていない。

DSC02768.jpg
御室仁和寺の金剛力士像です。「阿吽の呼吸」の語源、阿は口を開けた阿形像、吽は口を閉じた吽形像。これは良き物。風化していてもその形相に圧倒されます。だだをこねる子供はここへ連れて行くと良い。京都には数多く寺院がありますけれども、仁王像のある寺院は少ないです。

福王子から少し行くと左手に鳴滝音戸山という小高い山の上にちょっとした邸宅街があります。伏見桃山のように細くて傾斜のきつい道を上がるとそこからの眺めが素晴らしいのだそうです。市内の西に位置しますので、周りに高層建物がなく、市内が見渡せる。星由里子さんのご自宅も鳴滝あたりにありました。今でもあるかわかりません。ご主人が京都の人です。舞台女優で京都に居る時間は少ないのかもしれません。

DSC02771.jpg
奥に見えるのが愛宕山です。高雄から登り口があるので、ここからだと、もうそこに見えます。しばらく行くと国道沿いに細木数子邸があります。大きすぎて車中からは写真に納まらず。和風の邸宅で、黒塗りのリムジンが止まっていたりします。元の家は国道よりも山側にありまして、丁度広沢池の裏側になります。邸宅を始め嵯峨野あたりなどにも複数の施設を所有しているとかで、京都とはゆかりのない女史がこの辺りに拠点を置く理由はハテナ。そして嵯峨野に女史がもう一人、瀬戸内寂聴さんです。波乱万丈が女を強くするのですかね。くしくもこの二人が化野に近い地域に生棲しているのも何の因果か。

もみぢの名所、高雄はまだ色づかず。高雄には神護寺と高山寺があります。そう、社会科で習った鳥獣人物戯画は高山寺が、源頼朝像は神護寺が所有していて、現在は国立博物館で保管されています。鳥獣人物戯画は日本における漫画の原型とも言われ、源頼朝像は本人なのか不明確らしいです。
高雄と言えば“秋”の印象がありますけれども、個人的には避暑地としての夏の思い出ばかり。小野郷のあたりでしたか、北山グリーンガーデンという50mのプールがありまして、山の水でしたから冷たくて気持ちよかったですし、地蔵盆の一日は毎年、観光バスで高雄へ行き清滝川で泳いだり、お寺の境内で宝探しをしたり、池のあかはらイモリを家の庭へ放して、おばあちゃんが腰を抜かして怒られました。愛宕山へも登ったりしました。嵐山高雄ドライブウェイという有料道路もあり、この辺りの菖蒲谷で採掘される砥石は良質と言われいて、別の日に砥石のお話をしたいと思います。

12日祝日は京都笠取国際射撃場でスキートマンクラブ最終例会です。いつもは上野射撃場ですが、今回は地元です。スキート初心者の人もダブルなしのシングル撃ちでやってみませんか。お待ちしております。
ヘタクソクラブ 10月例会
10/06(Tue) 13:03|例会comment(0)trackback(0)edit
例会日では今年一番の快晴。天高く青空の広がるお天気で近年では最多62名のご参加ありがとうございました。
トラップAクラスでは射団が多いため、3ラウンド目は一部の方々に国際トラップへ変更して頂くことになり、ご協力感謝いたします。地方公式大会でも60名以下という中、やはりヘタクソクラブは人気沸騰中です。さすがに60名を超えると車も人もいっぱいで射撃場内も狭く感じました。

トラップOBクラス 75点満点 ハンディあり
1.川西 71点 滋賀  2. 西川 61点 京都  3. 小菅 61点 京都

トラップAクラス 50点満点  ハンディあり
1. 岩城 51点 京都  2. 丸山 47点 奈良  3. 安田 45点 京都

スキート  75点満点 ハンディあり
1. 岩崎 65点 京都  2. 清水 64点 京都  3. 川嶋 64点 京都

参加者が多いと時々、スコアーカードが抜け落ちる場合があります。順番が来ないな、と思われましたら遠慮なく受付へお知らせください。
では、恒例の新入会員さんのご紹介です。
DSC02676.jpg DSC02667.jpg
先月、ご主人が入会され、今月は奥様も入会され、小さなお子さんもリトルヘタクソクラブへ。「だんとつの最下位です」とおっしゃっていましたが、まだまだこれからですので、点数は気にせずご夫婦おそろいで気軽にいらして下さい。

DSC02678.jpg DSC02712.jpg
左)京都市内でレストランを経営されている若きガンマンです。大学時代はエアーライフルをしてらしたそうですが「引き金の重さといいエアーライフルとショットガンでは違います」と、ハンターデビューも楽しみにしていらっしゃいます。ヘタクソクラブメンバーでとお料理を頂きにお店に伺いましょうか。
右)かつて猟銃を所持されていましたが、この度、クレー射撃の復活となりました。久しぶりのクレー射撃に好感触の様子でした。

DSC02681.jpg
新人ではない新入会員さんです。国体、更にその先を目指す方で、射撃に対する姿勢はストイック。この日のOBクラス(国際トラップ)はこの方のお蔭もあり、締まりのあるラウンドでした。

以上4名の新入会員さんをお迎えし、次は「私たち仲良しデース」の皆さんです。
DSC02688.jpg DSC02692.jpg
シューターご夫婦といつも笑顔が素敵な奥様と旦那様

DSC02690.jpg DSC02693.jpg
左)射撃と狩猟で40年からのおつきあいです
右)「ヨッ、師匠」 職場仲間で、今は狩猟よりも射撃にどっぷりはまっています。会が終わっても射ち足りず? 練習されていました。

DSC02694.jpg DSC02697.jpg
こちらの爽やかなお二人も職場のお仲間です。他のスポーツもなさいますが、ヘタクソクラブには揃って来られます。

DSC02714.jpg
猟期は毎週、顔を合わせ、射撃はいつも車に乗り合わせ、暑苦しい ヽ(`ω´*)ノ彡☆ (ゴメン) ぐらい仲のいいお友達です。
DSC02725.jpg DSC02727.jpg
左)別の射撃クラブでのお仲間です。ヘタクソクラブはいつも賑やかなので来ます・・・と、メンバー歴も長いお二人です。
右)あっ、名物店長は釣り仲間と、大きな魚を獲りに日本海へ一緒に出かけます。「男前に撮ってや」と言われましたが、どうかな?

DSC02710.jpg DSC02716.jpg
吉本新喜劇からは・・・ちがった、hetakuso雑技団。おっと今日はオレンジじゃん。「秋バージョンの柿色や」「うわーっ、渋う--」 ランチは男5人で愛情のこもった手作り弁当をほおばります。い~ね、男同士は。

DSC02735.jpg DSC02734.jpg DSC02706.jpg
左)言わずと知れた小林銃砲火薬店の両輪です。オールドパーみたいに味わい深くはない70年物の二人は仕事で共に汗を流し、かなりガタがきておりますが、まだまだ動きます。
右)今日はリトルヘタクソクラブの保育リーダー、マッちゃんJrが来てくれて、一日、ちびっ子達の面倒を見てくれましたので子連れメンバーさんも喜んでいました。そして、賞品準備のお手伝いもしてくれて、ありがとね。

DSC02682.jpg DSC02686.jpg
「あれっ アンパンマンが射撃をしている」 かたやドクロ  アンパンマンの輪郭とマフカップの形がバッチリ合っていて凝ってますね。

DSC02700.jpg DSC02705.jpg
左)兄弟みたいに似てますけれども他人の関係です。
右)ええカメラやなあ。と釣りだけでなくカメラも趣味の名物店長はムネ子ちゃんのカメラに興味深々。

DSC02747.jpg DSC02751.jpg
ホォー。弾を脱包して手元でキャッチ。こなれたなかなかの妙技で、思わず目が釘付けでした。この方、国際トラップでもバシバシ、クレーが割れていました。自動銃でこれだけあたるのも滅多にないですよ。お上手です。

DSC02742.jpg DSC02745.jpg
左)「お菓子をどうぞ」と、リトル君。孫より小さな子供とシニアメンバー。まるで敬老会のよう。
右)「スギさま、枯れ木も山のにぎわいやね。健康ランドの娯楽室みたい」と言うと、「それも言うならデイケアーや!」と言い返された。

DSC02741.jpg DSC02739.jpg DSC02738.jpg DSC02737.jpg
優勝はボリュームある鴨うどんすき。抽選は京都肉・日本酒・桃太郎ぶどうで、どれもおいしそう。薬師庵のうどんはどこで買えるのか、と尋ねられ、ライフで買えると言う人もあり、大丸京都店とうふ売り場でも購入できます。京都肉が当たった人の中で松茸を調達する人がいるでしょうか。今年は暑い時期に雨が多かったので豊作とも聞いています。チャンス!

DSC02760.jpg DSC02761.jpg
狩猟フォーラムのチラシを配布し、ヘタクソクラブからも行ってもらえそうです。

例会の前日、京都市役所前で第2回京都肉祭が開催され、今年は2万人の来場があったそうで、どれだけの京都肉が消費されたか・・・京都肉の全部がここへ行ったのではと心配でしたが、賞品分はちゃんとお肉屋さんで用意してくれていました。
DSC02663.jpg DSC02659.jpg DSC02660.jpg
京都肉に人気が集まるのがよくわかりました。
皆さま、本日もたくさんの話題をご提供ありがとうございました。次回も期待しております
いよいよ次回は最終例会です。今度の賞品は何にしようかなぁ~。