攻める姿勢
05/22(Fri) 15:11|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
「皆さま、こんにちは」一昔前ならば、この時間はワイドショーの時間帯で、ニコッとした上品な女優さんの冒頭のようなセリフを耳にしたものです。昨日、ブログの最近の記事に10拍手もありまして、日計では過去最高です。ありがとうございます。
昨日、ブログをご覧になっている二人のお客様がご来店になり、色々とお話をしていました。おひとかたはまだ、射撃を始められて日が浅く「ブログには知らない事も書かれていて・・・誰が書いているの? あれは若い人が書いたものではないですよね」と。「ゴーストライターです」 仕事にまつわる事だけでなく京都以外の人々にも銃砲店とは直接かかわりのない人にも読んで頂ける内容を考えています。BERETTA A400に関心を持たれたのか在庫中のBERETTAの他のモデルの自動銃をご覧になっていました。銃が入ってこない・・・と言ってお客さんの気を引いて煽っているのではないか? 小林の販売手法ではないか? と疑念を抱く方もいらっしゃるかもしれません。そう…サントリーが新商品を販売したら売れすぎて生産体制を整えるまで一旦、生産を止める・・・というニュースが流れ「これって宣伝ともとれるよな 売れすぎると聞くと、買ってみようかな」と人間の心理。
私どもは「店頭・対面販売」を掲げております。昨今、通信販売が右肩上がりで店頭販売も影が薄いですが、先代からの方針で「現物を見てもらって納得して買ってもらう」 ですから「在庫を持て」 BERETTAを始め在庫が減るととにかく「買う、買うぞ。在庫しろ」と4代目も積極的に仕入れをします。現物を見るとお客様の心理は興味から購入へと変わります。中古銃は「程度」があるためやはり現物を見て購入される方が多いです。
銃のお取り寄せの場合、お客様が許可申請をして引き渡しをするまでにタイムラグが生じます。その間仕入先には先に代金決済をする必要も出てきますし、更新との兼ね合いで今すぐ申請ができないけども、銃をおさえておいて欲しいと言われれば仕入れます。店頭販売は在庫だけでなく、購入後のアフターも含めてトータルにサービスが提供できるため、お客様から支持される理由のひとつだと思います。

そしてもうおひとりのお客様はお父様からのご贔屓で銃の買い替えのご相談を承りました。率直にご希望を伝えて頂き、いずれにしても入荷までに時間がかかるので「いいよ。その間にもお金を貯めておくから」と、快く応じて下さいます。「せやけど小林さんとこは在庫が多いし、在庫するのも大変やろな。普段は弾とかしか買わへんけれど、品物の在庫が切れそうになったらちゃんと確保してくれるし、滅多に銃の買い替えってないけどお願いしますわ」と我々の気持ちを汲んでくださるお得意様ならではの嬉しいお言葉です。そうなんです。売上が落ちた時は「これだけ銃があるのに何で売れないのか?」って思いましたし、「商品をお客様にすぐに提供できる」よう、利益は仕入れに充てて、十分な在庫の確保、弾の価格の値上げや卸元で欠品が生じそうな場合は可能な限り買入れをして、お得意様に不便をかけず満足して頂けるよう努めております。お金も働かせて活かさなあかん。当然のことながら利益が薄く自転車操業的なお店はこのような事が難しくなります。どの業界でも「安さ」を求めるお客様はいらっしゃいます。しかし、私どものお客様はそれよりも「満足」を求めて私どもを贔屓にして頂いていると思いますし「好まれる店」と「選ばれる店」の違いはそのあたりにあると考えます。
お得意様方から教えられることも多く、小林銃砲火薬店は皆様に育てて頂いています。「こちらから出向いて買って下さいと売りに行くのではなく、お客様は用があってわざわざ店に足を運んで下さるのだから感謝しないと」 販売が芳しくなかった時に支えて下さったのはお得意様達。その気持ちを忘れずに「攻めの姿勢」で商売繁盛となるよう、皆さまに満足して頂ける商品・情報・サービスを提供して参りますゆえ、これからもご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。ブログも頑張りますからね。

手持ちの写真が無い時は古いアルバムから
DSC05705_20150522180236247.jpg DSC05706_20150522180238013.jpg

お久しぶりね、2.5代目。昔、Perazzi社へ訪問した時の写真です。こちらはサービスカウンター。銃のあらゆる相談に応じる所で、愛銃を持ちこんで調整や修理をします。2.5代目を案内するため姿を現した当時の社長は通り過ぎることなく、直にユーザー達に応対します。元々社長はフランキーだったかの銃職人で銃を製作する技術があり、あらゆることに精通していたそうです。

DSC05704_201505221802362d7.jpg
工場内にある試射場。工場外にはクレー射撃場もあり、次回、載せます。


スポンサーサイト
狩猟免許試験
05/20(Wed) 15:47|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ここ数日、さわやかな風が心地よいです。この時期も混雑を避けて観光をする人々を見かけます。来店のお客様からこのお店ご存知ですか? とか、これから食事へ行きたいけれどどこがいいですか? とか尋ねられます。お客様の好みをお聞きして応対します。楽しいひと時を過ごして頂ければ。
先の四条通の渋滞。ある人は「観光客って四条通とちごて錦通を歩くんちゃう? 」と言い、それもそうねって納得。錦通は食べ物の市場で、通というほど広くはないもののいつも観光客で埋め尽くされています。四条通の工事をやって祇園祭が見やすくなるくらいしかメリットが無いように思います。
京都企業のお話に関連して「非上場の企業」なるものも少し関心があり、大企業でありながら非上場であり続ける意義は?
サントリー・JTB・竹中工務店・佐川急便など誰もが知る名前です。創業家が大金持ちなのだろうな・・・と。私どものお客様もサラリーマンの方が多く、やはり企業が元気でなければ我々零細企業はそのおこぼれに与れませんから。

昨日は初心者の猟銃等所持講習会でした。合格された何人かの人からは連絡をもらい早速次の手続きに入ります。聞くところによりますと次回7月以降の学科試験は問題形式が変わるとのことで、現在の四者択一式ではなくなるそうです。どうしようか・・・例題集が対応できなくなるな。
そして、今年の狩猟免許試験の日程が発表されました。
京都府内では4回実施されます。京都会場が3回、福知山市で1回です。いずれか選んで受験します。
DSC01435.jpg
DSC01438.jpg DSC01437.jpg
写真は拡大してご覧ください。狩猟試験のパンフレットは店内に置いておりますので、どうぞお持ち帰り下さい。

ゴールデンウィークが明けてからは店も落ち着いています。来店のお客様が少なくてもネットショッピングの方で売上があったりして、ネットショッピングの掲載からはずす商品も多く特に帽子は在庫が減ってきています。入荷しましたら再度、掲載しますので、引き続きご覧ください。ご来店並びにネットご利用のお客様に感謝申し上げます。最近はお客様の方からこんな商品を探しているのですが、ありませんか? というお問合せもちょくちょくあります。HPやネットショッピングに掲載していないのですけれども、それがあったりするんですね。お客様にとっては「やったぞ」って感じで。小林までに何件も他へ問い合わせをされていたのだと思います。もちろん無い品もありますので、期待しすぎないでください。
相変わらずBERETTA A400は人気があり、今も予約待ちの状況です。この間も遠方から来られたお客様が「どこを探しても品物が無いし、小林さんとこが一番早く手に入りそうだから予約します」とおっしゃっていました。奥様も「京都へ行ける機会が増えるから京都の鉄砲屋さんにして」とこの日もご主人が銃砲店にいる間、奥様はゆっくり観光をされていたそうです。こんな例もあります。京都では所持許可はおりないけれども他の県ではおりる、という猟銃もあり、こういうものこそHPで広告できるという良さはあります。そもそも府県によって可・不可があること自体おかしいことでして。
とても小さいこの業界ですから、販売する側、購入する側双方が広域的に情報を交換できる良い時代になりました。

ある話から知人が褒章をもらい「まだ年金ももらっていない年なのに、こんなのもらったら年寄りになった気がする。あとは戒名をもらうだけやな」と褒章なんて我々には縁遠いもので、もらった人ならではの感想のような気がします。この方のお仕事は定年がないので、「これからもしっかりと働きなさいよ」という激励ともとれますかね。

DSC01406.jpg DSC01405.jpg
こちらは本隆寺(智恵光院通五辻上る)の外壁。瓦が土壁に埋められていて天然の趣があります。周囲の民家ともなじんでいて、ゆがみのない瓦の直線的な意匠が斬新で、人の手のなせる業。寺といえば白壁や白い線の入った壁が多いのでこの壁は珍しい。確か大徳寺もこのような壁だったと思います。ほの暗い街灯のあかりだけで明るく撮れました。カメラの高感度機能のおかげで雲まで映っています。


DSC01412.jpg DSC01411.jpg
こちらは人の手で、道路にお絵かき。横断歩道の塗り直し作業中です。「あっ、間違った」と直せないですからね。タイヤがパンクしたような仕上がりにはなっていません。お見事。昼間の車の往来が多い時間であるにもかかわらず、通行制限せずにあっと言う間に白線を塗っていきます。せっかく塗りなおしても乾くまでにタイヤの跡がついてしまう。
もうひとつの京都
05/14(Thu) 20:04|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
台風くずれのお天気で関東では真夏のような暑さだそうで。だのに宇治金時は最近、眠くて眠くて仕方が無く、熟睡できているのか? 寝言を言ったり、口開けて眠っているのかも。
ヘタクソクラブジャンボ大会に3拍手、ありがとうございます。4月例会も3拍手。参加者の方からの「よかったよ」のお声と素直に受け止め、喜びいっぱいです。31日は京都府民クレー射撃大会が開催され、それまで射撃大会はしばしお休みとなります。そして6月例会はスラッグ射撃&クレー射撃大会となります。開始時間が変則になりますので、案内状でお確かめ下さい。

最近、お客様から「face bookはせえへんの?」と射撃に関する事を見せられて、知っている名前が次から次とあがってきます。facebookを始めるようすすめられているのですけれども、このブログがありますしね。それにそんな個人の平凡な日常に他人様が興味あるのかなあ・・・と。face bookって見た感じ日記風で、それを友達とかが元気にしてるんだ、とか、行動に感想を寄せるみたい。ブログはPR目的であり、誰に見られても良いように配慮はしているつもりです。
常日頃、気がおけないお客様達とお話しているだけで宇治金時は十分なんです。何よりも皆さん身元がしっかりしていて安心できますし、言葉は平面的、会話は立体的。知らない人との交流は意外と苦手。友人は仕事抜きで好きな歌舞伎の魅力を紹介したり、あなたの副業についてとか色々話題はあるじゃない・・・と言うけれど。夜のバイトねえ、これもこれでひとのお役に立ててやり甲斐を感じております。その友人と「この年でいい人が現れたら、まず、結婚詐欺を疑わないとね」と、話しながらベールに包まれたようなミステリアスな部分を残しておくのもいいんじゃないかと。身持ちの固いのが信条・・・なんて言ったりしたら、ド厚かましいと笑われるな。また、本名が珍しいので素性がわかってしまい易いのもためらう理由のひとつ。face book利用者の方、ご意見お願いします。

またまた前置きが長くなりました。前回のブログの最後に修学旅行について触れました。丁度この時期が一番多いそうです。関東方面からは京都駅に修学旅行専用新幹線なるものが日に数本、到着するようで、統計によりますと年間110万人余りの修学旅行生が京都へ来て、全国シェアは32%とのこと。歴史上人物や史実を身をもって学べるよい機会と考えます。ところが、今、京都のメインストリート、四条通りは車道が片側1車線の2車線通行に狭められ、その分歩道が拡幅されました。当然、バスや車は大渋滞。観光客のためらしいのですが、市民はカンカン。賛成意見は聞いたことがありません。市バスもトロトロ動くようじゃ、阪急電車の方が早い。公共交通機関利用を推奨しながら、これはどういうことですか? 市内屈指の幹線道路ですから、地元が占有するような形はいかがなものかと。京都の人はご存知でしょう、四条通の烏丸河原町間に地下道があること。冬は風を避けられ、夏は涼しくて全然混まず歩き易いですよね。
行政は決まって「今は批判を受けても何年後かには理解してもらえるようになる」と。それは理解ではなくて、あきれて物も言えなくなるってことです。通学・通勤・仕事で利用する人が大勢いるのに。「ふるさと納税」が頭をよぎる。観光客数では京都よりも東京の方が上で、アメイジングTOKYOにビューティフルKYOTO。確かに東京は多様性があり、行きたい所も多く、リピート率も高くなると思います。政府も観光に力を入れていて、京都も地場産業にとって代わる観光ですが、今の箱根の状況を見ると不安がよぎります。感染症が流行するとか自然災害で外国からの観光客がストップしたらどうなるのでしょうかね。日銭の観光業。今や国内だけでは成り立たないですし。
そこで今日のタイトル・・・観光だけが京都ではない、もうひとつの京都。
京都の企業と言えばどこの会社が浮かびますか? 任天堂・京セラ・ワコール・オムロン・島津製作所・村田製作所・タキイ種苗などなど。決算期を迎え大半が好業績と伝えられていて、自転車に乗るロボット・ムラタセイサククンを開発した村田製作所、島津製作所にはノーベル賞受賞者の方もいらして、任天堂も数百億の赤字が続いても会社はビクともせず、持ち直しました。財務基盤のしっかりした企業や老舗が多いように思います。企業を支えているのは京都銀行やランキングトップを争う京都信用金庫・京都中央信用金庫。昔から京都は都市銀行が弱い地域と言われていて、資金面だけでなく、株を保有したり、人材を送り込んだり企業を下支えしています。日本電産のように売上高1兆円、業界では世界No1と称される企業もあります。この会社の社長さんはユニクロの社長さん・ソフトバンクの社長さんと仲が良いそうで、いつも緑色のネクタイをされているのが印象的です。この社長さんや京セラの創業者の方が京都府立医科大学や府立大学に90億円の寄付をされていますし、京都大学IPS研究に楽天の社長さんも寄付をされたり、いかに京都に対して関心や期待が寄せられているかがわかります。
ニッセン・わかさ生活・王将・天下一品など聞きなれた会社もありますし、グンゼも元は京都府内で創業され、今では富士フィルムのような本業以外の分野で躍進する企業となっています。京都は企業だけでなく大学も数多く、京都御所・桂・修学院離宮もあり歴史的風土に培われた産学の共栄と未来への医科学研究開発や優れた産業技術力、そして温かいおもてなしの心など様々な顔を持つ盤石な京都にも目を向けて頂けたらと思います。こんなに色々な物がコンパクトに収まる京都は面白いしびっくり箱? 宝箱みたいです。平たく言えばメニューが豊富で何でも揃って何においてもレベルが高いと思いますし街の規模が小さいから横の繋がりも強いのだろうと。

では、いつものように
DSC01397.jpg DSC01399.jpg
5月17日は地元、今宮神社の祭礼です。そういえばこの日、松尾大社もお祭りだと言ってたな。今宮神社は還幸祭で昼間、千本通などをお神輿が通りますが、5日からは大宮通北大路下るの御旅所に3基の金色神輿が鎮座しています。左から大宮・鷹峯・あぐい。鳳凰・菊の御紋・ころんとした鈴に朱色の綱、形は八角形で品格があって好きだなぁ、今宮さんのお神輿。夜のライトアップ神輿というところでしょうか。昔はこの辺りにたくさんの夜店が出ていたそうですが、あまりにもひっそりとしていてもったいない。こういう所こそ観光の人に来てもらいたいです。この御旅所の鳥居の塗装が剥がれて修繕費用の寄付を募っています。少しばかり寄付しました。ねぇ、伏見稲荷さんにはあんなに鳥居があるんだから一本くらい寄進してもらったらどうかな? 神様が違いますから、とたしなめられますね。
17日午後2時半ころかな、千本通をお神輿が通るのは。店は休業していますが、よかったら見にいらして下さい。お茶ぐらいはご用意します。

DSC01388.jpg DSC01389.jpg
左はハンデルスベーゲンのアイスクリーム。種類も豊富であっさりした女性好みのお味です。本店は地下鉄北大路駅を少し東へ行った北側。ゼスト御池にもお店ができました。この店の名前をちっとも覚えられない。読みにくい。
右は4代目が買ってきてくれたカステラドパウロのカステラの切り落とし。これはふつーのお味。他に円形のホールカステラを買ってきてくれたのですが、写真を撮る前にカットしてみんな食べてしまっていて撮影できず。円形の方は卵がたっぷりの生地で、他にもポルトガル菓子をいくつか販売しているそうです。何でも4月20日にTVで紹介してから連日完売の張り紙があり、お店はクローズ。「ずーっとお店閉まったままなんかな?」っと気がかりで何度か足を運んで買えたそうです。北野天満宮東向かいにお店はあります。

DSC01414.jpg DSC01422.jpg
ゴールデンウィークの頃になると毎年雀の子がやって来ます。今年も第1号がやってきた。顔の周りがまだ黒くなっていなくて羽がきれい。親はせっせと子にエサをやり、数日すると単独でエサを食べるようになり、庭は当分雀の幼稚園と化します。ボーっと見ていて、雀でもこれだけ子に世話をやくのに世の中に我が子を育てられない親がいるのが悲しいな。

DSC01145_201505142320185c4.jpg
キジバトはと言うと、日陰でのんびり二宮金次郎の頭上でくつろいでいます。

<お願い>当記事はオリジナルにつき他への使用はご遠慮ください。




ヘタクソクラブ ジャンボ大会
05/06(Wed) 17:16|例会comment(0)trackback(0)edit
“今日は雲ひとつない晴天で新緑が目に優しくさわやかな日でした”・・・・と言いたかったなあ。
連休中この日だけ雨。ブラックホールのように射撃場上空に雨が吸い寄せられているんじゃないかと。3月から雨の三連敗。もう一回雨になると今年のお天気はドローか負け越し。さあ、こうなったら阪神タイガースの勝率と勝負だ。

トラップOBクラス  75点満点 ハンディあり
1. 上家 59点 京都  2. 森下 56点 福井  3. 阪田 55点 京都

トラップAクラス 50点満点 ハンディあり
1. 西森 46点 京都  2. 宮嶋 44点 京都  3. 小西 42点 京都

スキート 75点満点 ハンディあり
1. 岩崎 66点 京都  2. 清水 66点 京都  3. 木村 63点 京都

ジャンボ大会は盛りだくさんのメニューで、OBクラスの1ラウンド勝負戦・参加賞にパン・抽選品は花鉢と京都肉・オークション・300円争奪戦と
順に写真でご紹介していきます。

DSC01314.jpg
受付で参加者皆さんにパンをお渡しし、遠方から到着の人は一番にこの通りチョコクリームパンをほおばり“これ、おいしい、どこのパン?” と。中には「作ったん?」・・宇治金時が? ・・・そんなん1週間かかっても作れない。「会員さんでパン屋さんがいやはんの?」など、初めての試みでしたが、パン1個にご満足の皆さんでした。

DSC01320.jpgDSC01323.jpg
DSC01322.jpgトラップOBクラス

DSC01330.jpgDSC01334.jpg
今日はハンディをダーツで決めますので、このハンディが上位入賞に影響してきます。

DSC01340.jpgDSC01339.jpg
雨の日にちなんで番外編 左)今日のオークション品に銃型アンブレラがありましたが、こちらは刀のような握り手の傘。
右) 相合傘~ いいなぁ ハリウッドセレブも愛用のイタリア・パソッティの傘。サファリ系でも上品なのでマダムによくお似合いです。

DSC01345.jpg
福井県強化練習?
DSC01341.jpg
ワイン・カーネーションのOBクラス1ラウンド争奪戦の賞品。
DSC01350.jpg
こちらの福井県トリオの皆さんが参加しました。


DSC01352.jpgDSC01354.jpg
只今、スキート順位についてワチャワチャ協議中。前会長とシーさんが同点でしたので。

DSC01356.jpgDSC01357.jpg
岩崎前会長も去年までは賞品を渡す側でして、今年からは受け取る側になりました。亡霊? あっスギサマか。なぜか嬉しそうに笑っています。カットしときゃあよかった。

DSC01361.jpg
京都肉get。次は誰にあたるかな?
オークション品はBERETTAポロシャツ・銃弾プリントトートバッグ・BERETTAサーモボトル・銃型アンブレラとなかなかの品を出しました。初めは慣れないせいか掛け声もいまひとつでしたが、最後の品には次々と手が上り大人と子供の競り合いとなり“子供に譲ってあげたらあー”という声で決着。明日は子供の日ですからこいのぼり

DSC01369.jpgDSC01367.jpg
最後はジャンケンゲームです。恒例になりまして皆さんスムーズに並びます。
2回戦ではお一人相手が欠けたため、宇治金時が参戦。「私、ジャンケン弱いですから」と言ってしまって、案の定、負けました。相手さんに「勝たしてもろうてありがとう」と言われ、初めから負けを宣言したらいけません。
ジャンケンゲームで手にした小銭でオークションの精算ができると喜ぶ方もありました。

今回も参加者の皆さんに盛り上げて頂きありがとうござました。

DSC01288.jpgDSC01308.jpg

パンは当日朝に間に合わないため、前日に納品してもらい、2個入りを一個ずつに分ける作業を。パンのいー香りがしていました。あんぱん・チョコクリーム・チーズパンの3種類があり、パン食い競争みたいでしょ。小分け用のビニール袋・モール・ビニール手袋も用意して。銃砲店の近くに包装資材を販売しているお店があるので助かります。

DSC01310.jpgDSC01311.jpg
前夜から雨が降り始め、朝には一度止み、このままお天気はもってくれるかなあ・・・と空が気になる。
丸太町橋から北を望み、川端通を下ると右手にホテルリッツカールトンが見えてきます。左のビルは京都ホテルオークラ。雨上がりの鴨川沿いは柳をはじめ緑がより深く目が休まります。
この日は4連休の2日目とあって市内を他府県ナンバーの車がたくさん走っています。宇都宮・練馬・金沢・広島・栃木・静岡など遠方が目立ちます。名古屋・三重と言うのは第二名神高速ができてから良くみかけますし、時々、成田の観光バスを見かけることも。外国人を乗せたツアーバスなのだと思います。近頃は修学旅行も観光バスを使わず、ジャンボタクシーやタクシーに分乗し観光をするそうです。ただ、京都は宿泊施設が不足しているそうで、修学旅行にそのしわ寄せがいかなければいいのですが。ちなみに京都の小学生の修学旅行は昔、伊勢だったのが、今は愛知県のトヨタ自動車工場見学と名古屋港水族館らしいです。