紅葉を愛でる
11/29(Sat) 15:28|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
昼間のテレビ番組では紅葉を紹介しているかと思えばチャンネルを変えると毒殺事件で「京都」が何かと沸騰中。
何でも嵐山の渡月橋を歩いて渡るのに40分もかかるって? その内に橋から落ちる人も出るかも。
四条通の歩道を拡幅するよりか渡月橋の歩道を広くすべきなんでしょうね。

GUN SHOWの記事は如何でしたか。展示会を開催した事よりも、あれだけの数の猟銃をそのまま展示したと言うことが、珍しい記録だと思います。外国では当たり前に行われているのですが、日本の現状で展示会は不可能ではなくともそのままでの展示はやらない方が望ましい。あの頃と時代背景が違います。

京都の紅葉は別格・・・と聞きました。どこが? どうして? と、自分の目で確認してきました。
DSC00355.jpg
北野天満宮本殿北側にある大銀杏の大木2本 西日が当たると黄金色に輝きます “お土居の紅葉”と言われる境内西側では昼夜紅葉が見られます(有料 お茶菓子付)

DSC00381.jpgDSC00366.jpg
こちらは色鮮やかで感動しました 実際は燃えるような赤色がもっと濃い霊鑑寺の楓 ここは椿でも有名ですが、期間限定でしか中に入ることができません。いつも扉が閉まっていて、一度、中へ入ってみたかった所です。
敷地は広くなく、回遊式庭園を散策でき、臨済宗南禅寺派の皇女ゆかりの尼門跡寺院のため、調度品など格式ある品々が保管されています。 (有料)

DSC00390.jpg
紅葉と言えば永観堂 前道ですらこの混雑 見渡す限り一面が紅葉 有料ながらも列ができていました お正月の伏見稲荷大社の賽銭箱とここの拝観料とどっちが多い? どれだけの現金収入があるのか、仏さんも知らないのでしょうね。

DSC00386.jpgDSC00392.jpgDSC00400.jpgDSC00398.jpg
DSC00395.jpg
久方ぶりに永観堂から南禅寺界隈へトロトロ歩き、南禅寺と言えば“別邸” 別荘ですがご覧のような和風建築の邸宅が建ち並びます 最近は法人所有が多いようで、その代表格が野村財閥の「碧雲荘」 敷地17000㎡ 11年かけて完成したのだそうです 毎日庭師さんが庭の手入れをしていると聞きます 別邸群は公開をしていないところがほとんどで、中の様子もわからず 歩く人も目を留めません 別邸の要件として東山の借景と疎水の水を引き込むこと かつての宮家が造営した桂離宮・修学院離宮がそのモデルとも言われ、別邸は時空を超えて宮廷の雅を受け継いでいます

DSC00402.jpg DSC00415.jpg
DSC00426.jpg
明治29年に造られた山県有朋の別荘 無鄰庵 正面に東山が見え、庭園に溶け込んでいます 小川から水が流れ込み水面に写り込む紅葉の赤 ふーっと深呼吸 こちらは京都市の所有です(有料)  ここを知ったのはほんの数年前 もっと早くに知っていれば、ここで振袖を着てお見合いをしたかったなあ えっ? 今からでも遅くないって? いゃー 漫才師の庄司敏江・玲児になっちゃうじゃん 
そうそう、南禅寺近くに「菊水」という料理旅館があります ここも日本庭園があり茶室のようないくつかの個室の障子を開けると庭園を眺めてのお食事ができます 京都には大勢の観光客が押し寄せますが、京都=寺社仏閣というおしつけの観光ではなく、ゆったりとした京都ならではの風情を味わってもらいたいですね

バブル期のように市内中心部には億ションが建てられているそうで、「京都にセカンドハウス」をコンセプトに富裕層に売り込みをしているみたいですが、南禅寺界隈のお屋敷を見たら格の違いを感じることと思います。維持するにもとにかくお金がかかっています 歩いていたら、お屋敷が宿泊施設になっていたり、立派なお屋敷の1軒は取り壊され特別養護老人施設になるようで、別邸群は京都人の誇れるところ 所有者は変わっても建物は残るよう願います
無鄰庵の向かい側に有名な料亭 瓢亭があります 訪れたことはありませんけれども、別館があったり こんなに広いとは知りませんでした 西へ行くと南禅寺から岡崎にさしかかります 岡崎は平安神宮、美術館・京都会館など文化ゾーンで昼間はとても人が多いところです でも歩いてみて確かに南禅寺・岡崎は風格のある高級住宅地に見えますけれども学校あり、市営住宅あり、新興教団あり、ホテルあり、マンションあり・・・ちょっと首をかしげたくなるふ・し・ぎ・な所ですね
お屋敷に見とれて歩いているといきなりホテルが出現するんですからギョッっとします 近くに中学校もあるというのにどういうことですかね
東山って何か吸い込まれそうな霊気を感じるのは私だけでしょうか 夜になると人も車も見かけないし、人恋しい気持ちになります
お客さんに「この間、紅葉を見に行って来たんですよ」って言うと「一人で行って来たんか はぁー」ってため息をつかれ、それどーゆー意味? 宇治金時、一人で歩きながら色々妄想する時が必要で、突然昔の事を思い出すこともあります 変かも知れませんが、頭の中は今のところ問題ナシ

それにしても帰り道、地下鉄東西線で二条駅まで行こうとして京阪電車に乗り「この電車はここまでです」と市役所前で降ろされ、大半の観光客はホームでキョロキョロ "どうして烏丸御池駅まで行かないの?"って顔していました 次に来る市営地下鉄に乗るしかないんですよね 私はここから市バスで帰ることができるんですけれど 東西線は市営地下鉄と京阪電車の相互乗り入れで、市営地下鉄は太秦天神川駅行なのに京阪電車は太秦天神川駅まで行く電車もありますが、当初の市役所前止まりが今でもあるんです 二条駅から太秦天神川駅まで延伸した時に市側と再交渉ができなかったのでしょうか 京都駅へは烏丸御池駅での乗り換えが必要ですから観光客は京阪電車なのか市営地下鉄なのかわかりませんし、いくら「この電車は市役所前までです」と乗車前にアナウンスされても、観光客には市役所前と烏丸御池の位置関係がわからないですもの 日本人でも戸惑うのに外国人ならもっとわからないですよ 市も観光に力を入れるならせめて烏丸御池駅まで京阪電車も走らせた方が良いと思います 

DSC00430.jpg
おおちゃのゆ・・・と読むのでしょうか 件の北野天満宮のお土居の紅葉を見に入ると入場料の中にこのお菓子が付いています 半月状の麩の焼きでして、中は白あん白みそ味に山椒の味がアクセント このシーズンだけの限定和菓子だそうで、もちろん買うこともできます 
寺院で拝観料払って宝物を見るのに更に払って・・・お土産なし、の事思えば、神社は良心的ですよね

スポンサーサイト
GUN SHOW 後編
11/24(Mon) 20:10|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
この三連休はとても良いお天気で景勝地へ出かけても人・人・人。
なるべく人の少ない所で紅葉を愛でてきました。後日、写真掲載します。

それよりも先に後編です。
写真がモノクロで焼けてきていますので、不鮮明なところはお許し下さい。
DSC07022.jpg
会場の中央では“ハーブ パーソンの曲芸射撃”の映像を流し、それを見ている来場者の方々

DSC07021_201411242000415d8.jpg
映像を見ている人々の中にヘタクソクラブの常連さんが居ます。さあーどこに居る? 誰でしょう?
宇治金時が見つけ、ご本人に確認すると「私かなあ? 確かにここへは行った覚えがある」とのこと。
今から48年前ですから、全てのお客様の中でベスト5に入る古い顧客様になります。

DSC07024_2014112420004148e.jpg
喫茶室で2.5代目と萬屋錦之介氏。京都での撮影の合間にお越しになりました。後にジェームスバーディ・ペラッツィを所持されます。2.5代目とは公私ともに親しくさせて頂いておりましたので、数々の秘蔵写真が残っております。
肖像権の関係で掲載することはできませんが、日本を代表する名優でいらっしゃいますので、これらの写真も小林銃砲火薬店のお宝です。
昭和41年からの招待状
11/22(Sat) 21:47|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
今年最後の三連休、紅葉の名所へは多くの人がくり出しているようです。
とっておきの写真の掲載が遅くなりました。しびれを切らして・・・という方はいらっしゃらないと思いますが。

DSC00344.jpg
こちらは昭和41年4月23日・24日に中京区のタケダフェアーホールで小林火薬銃砲店が過去に一度だけGUN SHOWを開催した時のお得意様へのご招待状です。

“国内外の銃を集め大展示会を催すことになりました。西日本初入荷のFNブローニング自動5連銃4号・5号彫刻入りを筆頭に舶来銃を国際見本市以上に取り揃えましたので、ご招待申し上げます”
展示品 FNブローニング メルケル BSA  ブレダ ウィンチェスター ベレッタ グリナー フランキー サページ マンリカ レミントン マーリン ブルノー 
特別出品 パーデー ボス ホーランド チャーチル リチャード ランカスター ハリソン グリナー メルケル ベレッタ 

当時どのような猟銃が流通していたのかがわかります。展示商談会で、この時代でも所持許可は必要な為、会場で「これが欲しい」と言ってもすぐに持ち帰ることはできなかったそうですが、2日間で予約を含めかなりの数を売ったと聞いています。
お得意様にはこのようにご招待状を送り、一般の方も入場できました。

DSC00009.jpg
外からは中の銃が見えないようになっていて、私たちが一番に聞きたかったのは「展示会なんて警察がよう許可したね」と言うこと。「展示会やります」と言えば「どうぞ」の一言だったらしく。その展示方法に私たちは更に驚くことに。

DSC00266.jpg
会場に一歩足を踏み入れると・・・マネキンがお出迎え
DSC00268_201411222128000d2.jpgDSC00270.jpg
展示会は盛況で小林ファミリーだけでは手が足りず、取引先の営業担当の方などたくさんの応援部隊にご協力頂きました。
会場の設営はフジヤさん、会場にニッコウシャさんからモーターボートを、イノダモータースさんからホンダハンターカブ90を出展して頂き、2階の喫茶ルームはイノダコーヒーさんにお手伝い頂きました。

DSC07025.jpgDSC07023.jpg
DSC07030.jpgDSC00010.jpg
そして“ま・さ・か?”と思わず言いたくなる、“アリノ-ママデー” と、そのままで展示。モデルガンじゃないですよ。すべて猟銃です。50挺ほど展示していて、取引先から猟銃を貸出してもらい、普段、在庫をしていない猟銃をお得意様にご覧頂く商談会が目的でした。
売約済の猟銃には短冊のようなものがぶら下がっていて、多いものには4枚くらいついています。展示品の半数以上が売約となっています。特にフランキーは売れ筋だったみたいですが、同時期に大阪国際見本市が開催されていて、フランキーはそこへも出品していて全てのモデルが京都に揃わなかったみたいです。
もし、私がこの会場に居たら圧倒されて身震いしていたでしょうね。横並びにこれだけの数を展示すると、迫力ありますからね。ショーケースにすら入れず、そのまま展示していて、“お手を触れないで下さい”と掲示するのみで警備員が配置されるでもなく。そうですよね、この時代にはまだ警備業が無かったのですから。でも皆さんマナーがいいです。きっと“持ってみたい”って思っていたでしょうに。女性や子供さんの姿も見られます。今みたいに“猟銃”に対して特別な物という意識は低く、滅多に目にする事のない物を珍しく見ている感じですかね。
2日間に亘りましたので、一晩この状態なわけでさあー大変。男性陣10人ほどが会場に泊まり込みをしたそうです。
アルバムの写真のどれを見ても先代夫人と名物店長の姿がありません。
店長に尋ねると「私と奥さん達(2代目・3代目)」は店の方に居たので。夜は泊まり込みに行ったよ。こんな時代とは言えようやったよなあ」
写真は拡大してご覧下さい。
展示会の後編、続きます。

 
名物店長
11/12(Wed) 20:18|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
つたないブログをご覧の皆さま、いつもありがとうございます。
狩猟解禁前の忙しさも今日・明日がピークです。ホットカルピスを飲みながらホット一息です。
我が家では晩酌という習慣がありませんので、冷蔵庫には1本の缶ビールがいつまでも入れたままになっています。

今日、ご来店になったお客様から「長崎国体の中味(ブログ)はその通りですよ」とお言葉を頂き、“穴があったら入りたい”どころか“大きな穴があったら落っこちたい”くらい恥ずかしかったです。なぜなら、このお客様、オリンピックに出場されたことがあるトップシューターでいらっしゃいますので、私のような選手経験のない者が国体についてコメントするなど、はばかるべき事。
ただ、私同様、ヘタクソクラブの皆さんも国体とは・・・未知の部分が多いもので、客観的にお話ししました。
当然のことながら国体予選会に出場している選手の方は主観的にまた違った意見をお持ちのことと思います。
そのお客様がブログで取り上げた“ショーマンシューター”についてもお話をして下さいました。ご自身がオリンピックで他国の選手達を見て、アメリカでもどれだけ沢山の練習をしているか、もう撃つのが嫌になるくらい弾数を通している。撃つ数が全然ちがう。だからあんな事(標的を狙わなくても命中する)ができるんですよ。日本でオリンピック代表選手になりたいなら“射撃を取るか仕事をとるかぐらい覚悟がないと”と含蓄のあるお言葉でした。

DSC07076.jpgDSC07077.jpg
ポロポロの箱 昭和40年代の散弾実包の小箱です 正面にはFirearms Kobayashi とあり上には製造元 京都 小林火薬銃砲店と書いてあります この頃は手詰めで実包を作って販売していました もちろん、猟用は号数がありますから何種類かあったそうです 既に日邦工業さんのダイヒット他、メーカー既製品も販売されていました

DSC07080.jpg
そして実包はこういう物でした 前にもご紹介しました紙薬きょうです クリンプせず紙で栓がしてあります
これは模擬弾で中は火薬が無く散弾だけ入っています。今の模擬弾は透明のプラスチックケースに散弾が入っていてクリンプがしてあります 私どもでこの模擬弾を使っているのは、はっきりと実包と区別がつくからです
この模擬弾が必要な理由は自動銃で薬室の操作をする時に空ケースですとかむ事があったり、うまく薬室に装填できなかったりするので、実包と同じ重さの模擬弾を使います
手詰めの実包に話を戻し、当時は誰かが手詰めをしていたわけで 毎年、夏ごろから手詰め作業を始めていたそうです 

DSC07079.jpg
「弾詰めばっかりしてたし、こんな指になったんや」と店長自慢の親指です  「うわっ」
ところが後の話、店長の息子さんの指を見たら、ソックリそのまんまでした これは弾詰めではなく遺伝的なものでした でも、結果的には弾詰めにふさわしい親指だということです 店長の指は小林銃砲店と共に刻まれた歴史です
その店長、この時期になりますと益々張り切ります 電話の大半は店長ご指名 「ナベさんいるか」とかかってきた電話はあえてお客様の名前をお聞きせず、おつなぎします 
今日も弾選びをしているお客様とのやりとり
お客さん「どっちの弾がええんや?」
店長「腕がええんやしこっちの弾やったら10発でシカ11頭こけまっせ」
お客さん「ハハッ うまい事言うな ほなこっちにしとくわ 昔から私は鉄砲も弾も小林やで」と
お客様と店長の軽妙なかけあいに私たちの入る隙はありません 

DSC07078.jpg
銃カバーが山積み 銃カバーは消耗品ですので多種類十分に在庫を確保しています

DSC06993_201411122227134cf.jpgDSC06992_20141112222709fc0.jpg
最近入ってきた物めずらしい商品といえば・・・ゲーム感覚エアーライフル用ターゲット ダーツデザインとゴルフデザイン 
撃ちぬくと銃弾の穴っぽくあきます ガスガンで試しましたが、こちらでは撃ちぬくことができませんでした

いよいよ15日に狩猟解禁となります 豊猟でありますように そして無事故でありますように 


 



開園90周年
11/08(Sat) 13:02|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
京都府立植物園は今年、開園90周年を迎えます。昭和21年からしばらくは進駐軍の住居となっていて樹木の伐採もあったそうですが、12000種類、12万本の植物があるとのことです。
京都の子供達は一度は遠足や写生大会で植物園へ行ったことがあります。宇治金時もその一人です。大きな画板と絵の具を持って大芝生の上でお弁当を食べて。子供の頃以来です、植物園へ行ったのは。

DSC00225.jpgDSC00226.jpg
南正門前のケヤキ並木は随分色づいてきてます 駐車場はこの正門前にあり、地下鉄北山駅は反対側の北門になります

DSC00218.jpgDSC00216.jpg
正門を入ると森は黄色に

DSC00194.jpgDSC001951.jpg
菊のイメージとは? 華やかさはありませんけれども秋の代表花、献花、菊人形、菊の御紋 生け花にしてももちの良い花です
11月15日まで菊花展が開催されていて、盆栽風・枝垂れと、てしおにかけられた珍しい菊が見られます
嵯峨菊・江戸菊・肥後菊の古典菊から品種改良された菊までとりどり
真っ直ぐの茎に形の良い花、日本らしい凛とした姿が菊の見どころで菊づくりは難しいと聞いています
DSC002031.jpg
福助仕立てと言われ、花は大菊で鉢から花までの丈が50cm以下の菊です 整列しているとかわいくて目をひきます 宇治金時も背が低く顔が丸いのでこの菊に親近感がわくのかもしれません

DSC00205.jpgDSC00206.jpg
菊花展のメインはこちら 五山の送り火と言われる多色の小菊 白い花の中にピンクで「大」と言う文字が見えるのがわかりますか 遠目に見るとツツジのようです 菊もこれだけあでやかですと見応えがあります 菊のイメージが変わりました

DSC00212.jpg
思わず“おいしそう”マガモのつがい この池の周りはもみじなので今頃は水面が赤くきれいでしょうね

DSC00209_20141108135213879.jpgDSC00227.jpg
左は菊花展の懸崖菊 右は小林銃砲店の玄関先の懸崖菊 植物園のは3倍くらい大きいです 3本立の菊はお客様の谷口さんのお手製 背丈は高くありませんが真っ直ぐ茎が伸び、大輪です 玄関が華やかになりました

鴨川の流れは絶えずして、春は桃色・夏は緑色・秋は赤黄色・冬は白色と四季の移ろいを感じられる北大路橋からの眺めは京都を代表する景色です。
町家とマンションが混在する中心部や町家での暮らしが京都と思う人もあるようですが、住環境の良さは北ですよ。ちょっと寒いけれども。

DSC002391.jpgDSC00240.jpg
生まれて3ヶ月弱 おしゃべりよりも先にスズメの鳴き声を覚え “こちょこちょ”している内に“ペタン”とノックアウト
府立○○
11/07(Fri) 13:04|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
さて、ここはどこでしょうか? 射撃場?  だったら最高ですけれども違います。
DSC00186.jpgDSC00185.jpgDSC00184.jpg
インテリアショップのようで、カフェです  外観は・・・

DSC00181.jpgDSC00179.jpg
DSC00182.jpg
比叡山が東に望めるここは竣工したばかりの京都府立大学新キャンパス内にある稲盛記念会館です。京都コンサートホールの南側、京都府立植物園の東側に位置します まだ、新キャンパス全部が完成していないため、フェンスの向こうにはクレーン車などがあります “稲盛”とありましたが、京セラの創業者稲盛和夫氏が20億円を寄付された為です
日本航空の再建を託された方、日本電々公社に対し民間の電話会社KDDIの前身、第二電々を創業され、パイオニア精神あふれる企業家でいらっしゃいます また、“京都賞”と言われる学術研究者を顕彰する“稲盛財団”を設立し、児童養護施設“京都大和の家”も作られました 
京都府立大学と言えば、ダチョウの卵からインフルエンザ抗体を作り出す研究で、既にマスクとして実用化されている実績があります 学部は文学部・公共政策学部・生命環境学部の3学部しかなく、在校生の数も少なく総合大学てはありません 昔はキャンパスよりも農場(畑)ばかりで農業大学のようで、民間企業へ就職する卒業生は少なく、公務員養成校という地味なイメージでした 今は女子学生の数が多いそうで静かなキャンパスです 京都は私立大学の勢力が強く、ライオンズだロータリーだ、同族の会社経営者、地元企業で働くなら学校のよしみで、と私学の良さがあるのですが、より広いフィールドを求めるなら国公立大と言われます。
京都の国公立、京都大学を始め京都教育大学、京都工芸繊維大学、京都府立大学、京都府立医科大学、京都市立芸術大学とあり、総合大学は京都大学のみで、手頃な総合大学が私学しか無いのです。昔から府立大学が総合大学になったらいいのになあ・・・って思っていました。
そしてここからが本題です。京都府民としてご紹介したいのがこちら

DSC00188_20141107142929ab5.jpgDSC00190_20141107142930675.jpg
稲盛記念会館は1階から3階まであり、1・2階は講義室など。シックでモダンな講義室。うらやましーな、こんな教室で勉強ができるなんて。3階は専門教室が並びます。“医学”と言う文字があります。これです。
この建物は「三大学教養教育共同化施設」として造られました。つまり京都府立大学・医科大学・京都工芸繊維大学の学生がここで一般教養を履修するのです。“医大生”とお近づきになれるかも・・・と宇治金時なら頑張って府立大学を目指して受験勉強するかもね。何と不純な動機。宇治金時も学生時代この辺りをウロウロしていて、授業が休講となると府大生なら図書館で自習のところ、我々はキャッキャッはしゃぎながら北山通や下鴨本通のカフェでケーキを食べて時間つぶし。
当時は私立大の方がブランド力が上で、就職率も良かった。講義中は「おしゃべりするなら寝てなさい」なんて教授からたしなめられ眠たくはないし、でも友達と会話したいし・・と隣の友人とお互いのテキストに「お腹減ったな、今日、何食べる?」と延々筆記会話をしておりました。原始的ツィッター。確かに私語は講師に対して失礼とは思いつつも、つまらない話に付き合わされるのもねえ。決して安くは無い授業料をが払っているんですから。
近頃はとある東京の有名私大でも講義中、堂々とお弁当を食べたりする学生もいるらしく、それを聞き“親の顔が見たいわ”と言う自分に・・・私もほめられた学生ではなかったと。
私が就職試験で人事担当者二人と面接をした時、一人が「自分の成績についてどう思いますか?」と尋ねたので「こんなものだと思います」と返すと、もう片方の人が「ニヤッ」と笑っていました。成績に笑ったのか、受け答えに笑ったのかわかりませんが、何か感じ取られたのでしょう。後にこの笑った方、常務になられました。大学でお勉強ばかりでも社会では通用しませんし、社会に出ても勉強はしなければなりません。

ところで、私大にはユニークな大学として“近大マグロ”で脚光を浴びた近畿大学があります。長い年月を経て不可能と言われたマグロの完全養殖を成功させ、今では養殖マグロのレストランもあります。他の養殖マグロと区別するため、その証として近大マグロには卒業証書がつけられるのだそうです。こーゆー発想は関西ならでは、と言うか私大のおおらかさを感じます。マツタケとかぁ、ウナギとかぁ、完全養殖できたらよさそうですよね。

冒頭ご紹介した新しいカフェは一般の方も利用できます 今年だけ、カフェから比叡山が眺望できます。来年は建物が建つため見えなくなると思います。観光客も少なく、この辺りはゆっくりできます。最寄の駅は京都市営地下鉄烏丸線北山駅。駐車場はありませんが、隣りの京都コンサートホールに有料駐車場があります。
桜の季節よりも山々が黄色や赤に色づく紅葉の方がより綺麗です。まるで西陣織のような京の紅葉狩もいいですよ。
このブログ、同業者の方も地方の方もご覧になっていますので、明日は京都府立植物園をご紹介します。


ヘタクソクラブ 最終例会 part2
11/04(Tue) 17:25|例会comment(0)trackback(0)edit
それでは引き続きヘタクソクラブ最終例会ハイライト

DSC00064.jpgDSC00157.jpg
左) 「ヨォ おっさん」シリーズの主人公、スギ様は今年最後の例会のためか心なしか寂しそう 「ヨォ おっさん」の由来は銃砲店の先代と店長にいつも「ヨォ おっさん元気け?」と声をかけるからです
右) ところがー スギ様、抽選で会長賞のカモ肉が当たりニコニコ The Ossanzzの面々、前列3名左から抽選がアタリ、ハ・ズ・レ、アタリ・・・となりました キーさんは今年、スイカ・新米・カモ肉と抽選であたり年間最多賞です 抽選の品はメンバーで分けることになっているそうです

DSC00121.jpgDSC00167.jpg
左)今年、全例会参加した14名には皆勤賞として毛布が進呈されます また、1回欠けた方にも準皆勤賞が進呈されました
右)ジャンケン ポン ポン・・・アッ 勝っちゃったー

DSC00138.jpgDSC00140.jpg
「えー 今年最後の例会ですので記念撮影したいと思います」・・・写真に納まるかな? ちょっと心配・・・
撮影前は左のような状態でしたが、撮りやすく整列してもらえ、うまく納まりました 皆さんは先に競技を終了した方々で、まだ、トラップAクラスとスキートは競技中のため20名弱足りません 写真に入れなかったメンバーさん、ごめんなさい この写真ご希望の方は宇治金時までお申し出ください

「人気」の条件は“楽しい”と“ネーミング”だ、という方がいます。まさにヘタクソクラブはその要素を満たしているクラブだと思います。例会の写真をご覧頂いた通り、主役はシューターです。たくさんの笑顔があふれ、“楽しさ”を作っているのはメンバーの皆さんです。大人には大人の“楽しさ”があり、一人でも多くの方が「ヘタクソクラブに行こう」と思って頂ければ嬉しいです。
年間全8回の例会をつつがなく終える事が出来ましたこと、会長さん始めメンバー皆様のお蔭と深く感謝申し上げます。ヘタクソクラブ4代の会長を経て40年近く歴史を刻んで参りました。これからも「不動のクレー射撃クラブ」として活動して参りますので、引き続きご参加のほど宜しくお願い申し上げます。
2015年のスケジュールは来年2月頃に当ブログにて掲載いたしますので、ご覧下さい。
では、来年3月にお会いしましょう。(小林銃砲火薬店は通常営業していますので、お茶を飲みに遊びにいらして下さい)

もうひとつ番外編
DSC000761.jpgDSC000741.jpg
こんな人たちもいます 準備体操ですか? 右の方は太極拳の練習中です 太極拳は女性ばかりで女性のパワーはすごいと 今日は男性ばかりなので気兼ねなく 
ヘタクソクラブ 最終例会 part1
11/03(Mon) 18:15|例会comment(0)trackback(0)edit
例会ではお天気にヒヤヒヤさせられる事が多い一年でした。今日も天気予報では昼から雨ということで、傘を用意して。
風もなく寒くもなく過ごしやすかったです。
しかし、昼ごろから雨がピリピリ降り始め、ひどくならずやれやれ。今回も何とか逃げ切りました。
ヘタクソクラブ千秋楽ということで、名残惜しく? 皆さん参加して下さいました。

トラップOBクラス 75点満点
1. 辻  59点 京都  2. 小菅 57点 京都  3. 大空 55点 京都

トラップAクラス 50点満点
1. 芦田 48点 京都  2. 大西 京都 41点  3. 山川 39点 京都

トラップBクラス 50点満点
1. 西野 39点 京都  2. 水野 26点 京都  3. 段野 9 点 大阪

スキート 75点 満点
1. 木村 66点 京都  2. 岩崎 64点 京都  3. 川嶋 64点 京都
ハンディキャップ付

4代目のお許しを得て新しいデジカメを購入。“宇治金時さん、しっかり写真を撮って下さい”との命を受け、慣れない中、色々と試しながら100枚ほど撮影しました。
これまたどれをアップするのか整理が大変で、2回に分けて載せます。

DSC00062.jpg DSC00109.jpg
左)「若いおじいさん二人 二人合わせて160才・・ちょい切れか」と誰かに言われてもこの笑顔 半袖です 「写真を撮ってくれてありがとう 上手に撮れてる」とおべんちゃらに気を良くし、“モデルが良いのか?腕が良いのか?カメラが良いのか?”はてさて
右)仲良しオーラが出ています 何かイーお話でもされていたのでしょうか

DSC00044.jpg DSC00088.jpg
左)かわいいクルマ 1.5人乗りみたいな
右)受付に置いてあった映画「フューリー」のパンフレットを手に「これ見に行くよ」

DSC00040_20141103191043432.jpgDSC00079.jpg
リトルヘタクソクラブも最終例会です 元気な坊や達もおじさん達の賞品の用意をお手伝いしてくれます ありがとうね

DSC00089.jpgDSC00091.jpg
「ねえねえ、ちょっとマネキンになって下さい」とお願いすると快くお二人がモデルになってくれたところ、そこへすかさず店長がやって来て「ちょーどサイズもピッタリやしええやん」 お買い上げまいどありー

DSC00126.jpgDSC00117_20141103184557d69.jpg
DSC00130.jpg
オートマチックはこのように瞬時にショットシェルを排きょうします 上からRemington1100 BERETTA A400 Remington 11-87  オートマチックの回転不良は銃に問題と言うよりも他に原因があります 今日、お使いのオートマチックはバンバン回転しています 一瞬ですので撮影が難しく、特にA400は排きょうスピードが速く、角度も低いので撮影泣かせ 後になってこのカメラ、連続撮影機能が付いていた事がわかりました しまった 次回、再度チャレンジ

DSC000841.jpgDSC00123.jpgDSC00137.jpg
4代目が「今日は黒い単身銃が目につくな」と言うようにRemington870 BERETTA A400
オートマチックと言うことは狩猟がメインですが、熱心に射撃練習もされています ヘタクソクラブのメンバー達は銃の取扱いもマナーも申し分なし  

DSC00119.jpgDSC00113.jpgDSC00100.jpgDSC00104-1.jpg
上下二連バージョン BERETTAサイドプレート MIROKU G13金象嵌  FN D5G PERAZZI SC3
FNと言えばイタリア銃が台頭する以前、高級銃の代名詞でした A~Dまでグレードがあり、このD5Gはその中の最上級モデルで、先台をはずさずにスライドさせて分解でき、駿馬のようなしなやかさを感じる銘銃です
Fabrique Nationale社は現在、FN Herstal社となり米国BROWNING・Winchesterも傘下に置き、NATO弾・マシンガン・グレネードランチャー・軍需銃器類を製造するメーカーとなっています
いつもながら射撃の邪魔にならないよう、距離を置いてちょっと今までにないズームで撮ってみました これまた発射直前の瞬間のため、どうしてもブレてしまいます カメラが向くと気になる、という方もいらっしゃり、今回は絶えずカメラがウロウロしていて射撃のご迷惑になったかもしれず、すみませんでした 
DSC00114.jpg
超ブレブレ写真ですが、この彫刻はこちらです
DSC00229.jpgDSC00232.jpg
MIROKUカスタム イタリアのCreative Artにて彫刻をほどこし、彫刻図鑑に掲載されている逸品

ヘタクソクラブと侮るなかれ・・・射撃をこよなく愛すメンバーと多彩な射撃銃が集うサロンでもあります