8月10日(日) 練習会 at京都笠取国際射撃場
07/30(Wed) 18:23|掲示板comment(0)trackback(0)edit
連日、猛暑となっておりますが、ブログをご覧の皆様元気でお過ごしでしょうか。
当初8月10日はヘタクソクラブの追加例会を予定しておりましたが、こちらは中止とし、代わって「スキルアップトラップ 撮影練習会」を下記の通り開催いたしますので、暑さに強い方はどうぞご参加下さい。

日 時   平成26年8月10日 日曜日 午前9時開始 10時締切
場 所   京都笠取国際射撃場
参加資格 小林銃砲火薬店のお客様に限らせて頂きます
要 項    当日受付 
       アメリカントラップ3ラウンド撃ち その内、最終ラウンドはゲーム方式
       射撃指導希望者は射撃姿勢を録画し、映像を見ながら射撃アドバイスを受けられます
参加料   クレー代 6500円
その他    全員に参加賞あり      

練習会についての詳細は小林銃砲火薬店 TEL 075-841-8866へお問い合わせください
当日はスキートマンクラブも開催します

スポンサーサイト
大捕り物?
07/16(Wed) 14:28|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
今日は祇園祭の宵山で、一番、人が繰り出す日です。と暢気にしている場合ではありません。
昨日の地元紙夕刊にギョッとする記事が載りまして、そのせいではないですが、今日はしずか~な業務です。
近畿地区の方はご存知だと思いますが、先月、大阪府内で猟銃製造販売業者が公園内で散弾銃を発砲し、逮捕されました。実弾4500発を保管していたので、その弾の出所を捜査している中で、昨年、容疑者が誤交付された火薬類譲受許可証で実包を京都市内で購入した・・という記事でした。ネットニュースに詳しい事は載っています。
「あれって小林さんとこ?」って関心がおありでしょうが、「うちが販売したんとちがうで」と社長のコメント。おわり。

では、後はおしゃべりな宇治金時が補足します。
業者の悪行、所持者の人たちまで心配させて、取り上げたくもないのですが、新聞に載った以上、誤解されては困りますから、言うべきことは言っておきます。私どもは未遂でした。購入問い合わせの電話があり、皆で疑わしいと思い、店長の機転で販売をしませんでした。この容疑者への誤交付は2件あって、両方の許可証で火薬類を購入していました。
新聞記事によると同じミスが起こったことで許可証を誤交付した自治体が責められいるのですが、ここも被害者ですよ。何しろ法律が複雑で、よくわからない。このケースでは容疑者は火薬類販売許可は持っていませんでした。でも、猟銃の販売許可は持っていました。そこで、猟銃の試射をするために実包などが必要ということで、業務用の火薬類譲受許可を取ろうとしました。私どもが同じ許可をもらうには京都府にお願いします。ところがですね、容疑者のように猟銃販売許可しかない業者は公安委員会で火薬類譲受許可をもらうことになるそうで、つまり先の自治体が交付した許可証は誤りとなったわけです。で、本来なら間違いですから許可証をすみやかに返納して下さい、となり、事なきを得るはずが、容疑者はその許可証で多数の実包を購入してしまい一つの許可証での購入分は販売店へ戻したものの、もう一つの許可証の北海道での購入分は4500発の一部となった。とさ。マンションの一室が秘密の武器庫になっていたんですよ。

自治体にも販売業者にも同情します。同じ目的の許可証が自治体と公安委員会、それぞれで交付できること自体、大きな声では言えませんが、宇治金時は知りませんでした。皆さん個人で猟銃を所持されていて「こんなのアリ~」って疑問に思いませんか?
そもそも花火や産業用火薬とちがい、実包類は猟銃があるという前提で必要とする第二の許可なわけで、猟銃や火薬類については自治体よりも公安委員会の方が実務的に詳しいので、個人所持者と同じく公安委員会で試射用の許可は発行すべきだと考えます。ある意味、縦割り行政の弊害、法の複雑化が招いた事例ではないかと思います。
そんな事を発端に色々な意見が出されて、矛盾点がいっぱい出てきます。個人の所持者は教習射撃や技能講習、講習会、火薬類の購入・消費の記録、など課されるべきことがいっぱいあるのに、猟銃販売事業者はそんなの無しで猟銃が使えるのか? 大概、銃砲店の店主なり従業員なり個人的に猟銃を所持してるのですが、猟銃販売許可にその資格要件はありませんから。個人の所持者は講習会で関係法令の話を聞いて、技能講習で猟銃の取扱いを再確認して、事故や事件が起きないように指導されるのに、業者にはそんな義務は無いんですよ。だのに試射という名目で撃てるんですから。
但し、実際、試射は必要です。小売店において新品銃の試射はありえませんが、中古銃はしますね。機能・安全性を確かめるため。
個人で何十挺の猟銃は公安委員会が認めないけれども、販売許可なら20挺でも50挺でも保管可能な限り手にすることができ、撃つことができるということ。あー恐ろしい。これはあくまでも容疑者の場合で、販売目的の事業者はまず、こんなことは致しません。そんなことしている暇はありません。

武器等製造法には許可の要件としてはっきり「販売」と書いてあります。コレクションのために事業許可をおろすなんて書いてないですよ。審査が緩すぎる。おそらく、この容疑者は火薬販売許可も取りたかったはずです。しかし、私どもの2013年1月18日のブログを見て頂くとわかるように、火薬類の販売許可は条件が厳しいものです。宇治金時が「銃砲店もどき」が増えている、と申しました通り、この類は実態調査をした方がいいのではないでしょうか。
個人所持者は射撃・狩猟・有害鳥獣駆除の用途のため、所持が認められています。これは自己使用。
一方、事業者は猟銃の製造・販売など営利目的で事業許可を与えられています。これは「業」です。
個人は公安委員会の管轄。事業者は経済産業省の管轄で実際の窓口は自治体となります。
今回のケースは本来、個人所有のはずがいつの間にか事業者に転じて、悪く利用されてしまったようです。
個人の場合、使用実績がなければ、猟銃等の許可を返納して下さい、と言われます。それと同じく、事業者も業務実績がなけば、事業許可を返納して下さい、と言うことになりますよね。

この大阪の前代未聞の不祥事を契機に、猟銃販売の事業許可は「販売」を業とする目的を明確にし、ガンマニアに事業許可を与えた自治体に襟を正してほしいです。でも、お役所ってこーゆーんですよ。「欠格事項に該当しなければ、許可を与えざるを得ない」とね。販売実績のない事業所もあるようですから、法の見直しも必要かと。銃砲店・火薬店、共に趣味や副業感覚でやる商売ではないです。今回の事件では「通信販売」もひっかかってきます。何事も"度を過ぎれば"何とやら。大阪府は猟銃所持の許認可が最も厳しいと言われていて、長年、府下の業者さんは営業を抑圧されてきた感があります。今回の事件も殆どの業者さんは直接関係ないので冷静な対応です。しかし、銃砲火薬行政が厳しい割にはこの不祥事。許可を与えたのは自治体、定期検査は警察も立ち会っていて、「何をしてたんや。行政と警察は」という声はいくつか聞こえてきます。そうですよ。多くの業者さんが迷惑しているのですから。大捕り物になる前に何か手立てはあったはず。この容疑者、逮捕前に猟銃や火薬類、隠していなければいいけれど。
ホント、嫌な事件です。マニュアルや規定が通用しないモラルの問題ではあると思います。私どもはこれからもお客様に信頼される銃砲火薬店であるよう、改めて自分たちが置かれている立場を再認識しています。
お・し・ま・い。

DSC06626.jpgチームベスト
BROWNINGのNEWベストです。写真ではわかりにくいですが、背のラインとBROWNINGのロゴの間がメッシュで、肩当ても人工スエードを使っているためサマーベストではありません。
サンプルでS・M(USAサイズ)が入荷しましたが、大きい方のサイズは売れたため小さいサイズの方しか今、ありません。
今年のBROWNINGはこのイエローカラーのシリーズが多く、ベスト以外にもガンケース、シューティングバッグなど新商品が発売されています。何といってもバックとサイドのデザインが斬新です。
写真のベストはUSAサイズS(日本サイズM)で右用。価格は15000円税別です。ご希望の方は直接、当店へご注文下さい。他のサイズが入荷したらネットショッピングに掲載します。
ネットショッピングに掲載中のシャツ、ベストなど、サイズは基本的にS・Mの在庫となっておりますが、大きいサイズについてもお取り寄せができる場合がありますので、お気軽にお申し付け下さい。




8月10日
07/08(Tue) 18:03|掲示板comment(0)trackback(0)edit
急ぎお知らせします。
当初のヘタクソクラブスケジュールに8月10日が組み入れられていましたが、例年、8月はお休みをしていますので、今年も夏休みということで8月10日は例会は行いません。次回は9月7日に開催します。

そこで、8月10日は笠取射撃場でスキートマンクラブを開催します。いつもの上野射撃場ではなく、今回は笠取射撃場ですのでお間違いのないようお願いします。
また、同日、小林銃砲火薬店がアメリカントラップ射撃会を開催する予定で準備をしております。詳細が決まり次第このブログにてご案内します。
ヘタクソクラブ 7月例会
07/08(Tue) 16:27|例会comment(0)trackback(0)edit
七夕前日のヘタクソクラブ。出た・出たしかが。今日も機嫌よく?スキートの崖にシカが2頭、姿を現したそうです。
6月の灼熱の例会とはうってかわって今回は暑くもない曇り空の下、射撃開始。そして閉会式が終わると雨が。何と幸運な。
スキートは今回から3ラウンドに変更となりまして、撃ちたい人は1ラウンド追加で撃てます。

トラップOBクラス 75点満点 ハンディを含む
 1. 小菅 61点 京都  2. 桂 60点 奈良  3. 森下 57点 福井

トラップAクラス 50点満点 ハンディを含む
1. 猿川 46点 京都  2. 中井 46点 京都  3. 武本 45点 京都

スキート 75点満点 ハンディを含む
1. 木村 65点 京都  2. 吉武 63点 京都  3. 岩崎 61点 京都

DSC06573.jpgDSC06596.jpgDSC06591.jpgDSC06599.jpg
今回はいつもとは違うポジションで撮影しました。1番・7番・8番射台です。スキートは色々な角度から見ることができます。
ただ、射撃中なので撮影が邪魔にならないよう注意を払っています。
様子を見ている人は「まだ、あと1枚は抜くで」と、誰のことを噂しているのか。
ヘタクソクラブ会長は狙いこんでいます。スキートマンクラブ会長は「80(才)にしてようやく当たるようになったわ」と

DSC06576.jpgDSC06577.jpg
今日の抽選品のスイカと巨峰です。小玉すいかでは小さすぎるし、やっぱりスイカはおおきくなくっちゃ。転がってしまうので割れないようパツンパツンの箱に入れてます。

DSC06578.jpgDSC06612.jpg
全員に小川珈琲のアイスドリンクを。左に並んでいるのはジャパンルールスキートの賞品。缶詰の左横にある洋酒はスキートマンクラブ会長の手に。早速に来月のスキートマンクラブに寄贈しますと。ありがとうございます。
ジャンボ缶詰に注目が集まっていました。さーて、さっきのスイカ。アレー、いつの間にか落書きされてしまって抽選の最後の品となり「すいかー」と粘っていた人に、当たりました。この落書きが吉と出たか?

DSC06615.jpg
今回も会長賞として抽選でこの缶詰15個セットが2名の方に。そして皆さん全員にも数個ずつお持ち帰り頂きました。もちろん、非売品です。「ヘタクソクラブ」のために提供して頂き、この会でしか手に入りません。
お味もカレー・味噌・大和煮とバラエティに富んでいます。何度も言いますが、これは素人の作ったものではなく、缶詰工場で作ったものですので味も品質も間違いありません。

DSC06606.jpg
おまけ。草むらを歩くとバッタが一斉に飛び出します。写真の中にバッタが居ます。Realtreeバッタ。まるでアメリカのカモフラージュ柄をまとったみたい。Realtreeで検索すると、その意味がわかります。そうそう、大リーグMetsの選手たちも7月7日はMilitary Mondayということでホームゲームでミリタリー柄、デジカモのユニフォームを着ていました。野球とカモフラージュの取り合わせにちょっと驚き。



水曜会
07/03(Thu) 15:39|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
水曜会って麻雀大会? 昨日は年に2回だけのミニ射撃会を開催しました。お天気も良く、クレーもよく飛んで? 見えて、楽しい射撃会でした。ヘタクソクラブのように大きな会ではメンバーさんとゆっくりお話をする時間もないのですが、ミニ会では写真を撮ったり、色々お話をしたり、一緒に射撃をしたり、とてもゆるーい雰囲気です。
そもそも練習のようなもので、賞品代だけを会では頂きます。入会金も年会費も不要。参加条件は小林銃砲火薬店のお客様、というだけ。この会の発足は平成10年10月でして、もう16年目になるんですね。その時からの参加者の方がいらっしゃいます。うれしい限りです。ささやかな賞品をお渡しする際、その場に居合わせた参加していないシューターの方からも拍手をして頂き、お蔭で会らしい盛り上がりのある閉会となりました。
一般のシューターも練習のため射撃場へ来られ、昨日は元国体チャンピオンにお会いしました。元チャンピオンの射撃を見ようと慌ててスキートへ行くも「もう撃ち終わったでえ」と、残念。元チャンピオンはトラップ射撃もするのでその後、国際トラップ射面で「ちょっと、トラップのスコアー見てんか」と言われ拝見すると、やっぱりスキートの方が点数がいい。「ねえ、だからやっぱりスキートですよ。スキートを撃ってもらわなきゃ」と言うと「そんなこと言うけどスキート、スピード早いでぇ」と。冗談でしょ。宇治金時が言うのならわかるけど、元チャンピオンですからね。たまにではなくて、もっと射撃場へ足を運んで下さい。

宇治金時のようにこの世界に長年、身を置いていますと、昔の事を懐かしく思い出す時があります。京都の方はご存知かと思いますが、平成8年頃まで市内に山科射撃場というクレー射撃場がありました。昭和の終わり頃からここを拠点にした20名くらいの射撃グループがありまして、とにかく皆さん、よく練習をされ、三度の食事よりも射撃が好き。殆どの方が年間1万発以上、弾を消費していました。中には2万、3万発という方も。その時代、今みたいに輸入装弾があふれる時代ではなく、国産装弾が主流で、このグループの方はRXPをお使いになっていました。500発で24000円くらいしたのでしょうか。ざっと年間の弾代が算出できます。弾代にこんだけ使うの? と思う人もあるかもしれませんが、「練習しないと良いスコアーは出ない」とシーズン中は平日は練習。週末は公式大会へ参加というスケジュールでしたから、公式大会でも当日受け付けとなると、夜中に出発して、早朝に射撃場へ到着して射撃となります。半端じゃない。グループの数人は国体へも出場しました。宇治金時はこのグループのマネージャー的役割で主に会計を担当していました。練習時は昼食に鉄板焼やそうめんを作って食べたり。作り手は管理者である女性の方でもなく、宇治金時でもなく、会の世話役さんが鉄板も食材も運び込み、なおかつ作ってくれるという段どりの良さ。練習が終わって日が暮れた後も休憩室で熱の入った射撃談義。忘年会をするとコンパニオンや賞品の手配は宇治金時。支払いを済ませると幹事さんが「支払い足りたか?」と気遣ってくれて、「これだけ足が出ました」と報告すると、幹事さんが埋めてくれます。食事会・飲み会は数えきれず、メンバーのご自宅で大文字送り火を見ながらビアガーデン、琵琶湖でクルージング、テニスをしてバーベキューもありました。射撃は得意でもテニスをした事がないおじさん達の困惑した姿は忘れられません。イージーライダーならぬ演歌を歌いながら1500ccの大型バイクを連ねて射撃遠征に出かけたり、数々のエピソードはあるものの、気の合う射友同士、強い団結力、いつもユーモアと笑いに包まれていました。年齢的に殆どの方はもう射撃をやめられましたが、今でも数人続けられています。その方たちも宇治金時同様、当時のことを懐かしく思い出しては大笑い。写真を見て「これ、いつ頃ですかね」と聞くと「髪の毛見たらわかるやんか。こんだけフサフサしてた頃なんやから」と、髪は正直。豪快さもあの時代だったから出来たことかなあ・・・としみじみ思います。

この山科射撃場、「ありえへん射撃場」でした。もちろん今はもうありませんけれども。何がありえへんか・・・と言いますと、皆さんびっくりするでしょうね。国際トラップの前方が駐車場への道を兼ねていまして、要はクレー放出口の向こうを車が通るのです。クラクションを鳴らしてゆっくり車が出入りします。射台で準備をしていると車が入ってきて「あっ○○さんきゃはった」と、お仲間が一人二人と次々とやって来て、約束するわけでもなく、いつもの顔がいつの間にか揃います。

DSC06570.jpg
件の射撃グループの練習風景。マシンガンのように? 排きょうされた空薬きょうを見ても、こんなのまだ少ない方。薬きょうの山ができるほど。さて、ここでも「ありえへん」事が。手前のバケツ、冬は使用しませんが、夏に使用します。このバケツ、何に使うのでしょうか?

DSC06572.jpg
山科射撃場で射撃中のべーちゃん。渡辺店長です。30年くらい前かな? ところで、べーちゃんの左にいる方、ヘタクソクラブのメンバーさんです。この頃は常時公式大会へ参加されていて、射撃以外目もくれなかったそうです。誰でしょうか? わかりますよね。

DSC06545.jpgDSC06556.jpg
水曜会の様子
左)仕事のスケジュールを調整し、お仲間4人と揃って参加して下さいました。
右)お馴染みのヘタクソ・スキートマン両クラブ会長のガチンコ勝負。今日は国際ルールスキートで。ミニ射撃会にも顔を出して頂きありがとうございます。

DSC06566.jpg
ヘタクソクラブ会長は空気銃のサイト調整もされていました。的紙まで40mだそうで弾の飛行が見えるとおっしゃっていました。

DSC06537.jpgDSC06541.jpg
釣り合わない食べ物2つで、宇治金時の好物です。左はヘタクソクラブ会長が会へ提供して下さるカモ肉で、これはマガモのメス、丸ごと1羽。お・い・し・いヨー。身は綺麗に二つにさばかれていて、スライスするのみ。すき焼きかカモ鍋でよばれます。カモ鍋はかつお出汁に日本酒を多めに入れて醤油と塩で調味(すっぽん鍋の要領)水菜・大根・豆腐・九条ネギ・火にあぶった東京ネギを入れて取り分けた出汁には七味とうがらしか生姜を少しいれると味がしまります。最後はお餅かおうどんを入れてしめます。
右は雪餅。夏に雪餅? 見た目にも涼しげな和菓子。こしあんが道明寺で包まれていて笹の葉でくるまれています。食べる少し前に冷蔵庫で冷やしてから食べると美味しいです。千本寺之内にある大福餅さんで売っています。
これを食べながらある歌舞伎俳優さんのブログを見ていました。お年は70才を超えていらっしゃるのですが、歌舞伎界の人気者で、役者さんの間でもよくその方の話がでます。含みのある語り口がいいですし、日本語の奥深さを感じます。最近はIT化で言葉が簡素になりつつあり、相手に書き手の気持ちが伝わるような「したためる」言葉は大切にしたいですね。このブログを見ていて件の山科射撃場のグループのことを思い出しました。どこまでが本当の事で、どこからが冗談なのかわからない面白さ。そのせいか宇治金時は男性によく騙されたのかもしれません???