火薬類のお話
04/19(Fri) 15:14|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
アメリカではボストンでの爆破事件、そしてテキサス州での肥料工場での爆発火災と連日大きなニュースが
流れています。
「爆発」と言うと我々火薬類を取り扱う者としては他人事とは思えず、改めてその怖さを思い知ると同時に
「安全」について再認識する時でもあります。
特に肥料工場の爆発はすごい衝撃波で、衝撃波というとあの「ロシア巨大隕石」を思い出します。
あれは宇宙規模の現象で、別格ですがあれだけの広範囲に衝撃波をもたらしほとんどがその影響で被害が
でました。
肥料工場での爆発がまるで爆破したかのような状態になったので疑問が。
この工場には原料のアンモニアがあったとか、硝酸があったとか言われています。
ほおー化学反応による爆発か・・・と。
それが爆薬並のすさまじい力を生み出し、おそらく「爆ごう」という衝撃波を伴う現象を起こしたのかな?
「爆ごう」とは爆発物中を超音波で反応が伝わる現象で、その先端に衝撃波を形成する・・・と一般化火薬学の
テキストには書いてあります。音速を超えるということです。
更に爆薬の場合、その伝ぱ速度は(爆速)は毎秒2000m~8000mにも達し、大きな破壊力を発揮する、とあります。
この肥料工場にはアンモニアが25tもあった? とか硝酸系物質があったとかで、あれだけの破壊力は
想像できないですね。さすがアメリカと言いましょうか、どデカいです。
もし、硝酸アンモニウムが存在すればその特性は
1.自らも爆発的になり分解する性質がある。
2.爆発した際には全部がガスとなるので威力を強める
とあります。なるほど、だからあんな大きな被害がでたわけだ。(あくまでも私の推測)

我々の身近にも硝酸系物質を含んだ火薬類はたくさんあります。
例えばダイナマイト、硝安爆薬他、黒色・無煙火薬などがあります。
猟銃の弾に使われる無煙火薬はそのひとつです。「えーっ」と家に実包を保管している人は怖いと思うかも
しれませんが、実際、1発に入っている火薬量は少ないですし、もし、火災が起こったとしても
先ほどの爆ごうは起こりません。
私どもの店舗で扱う品も同様で、火薬店と言うと「爆発する」と短絡的に考える人もいるようですが
爆ごうはしません。それに耐火性の堅固な保管庫に収納していますし、そもそも爆発するようならば
街中に店舗は構えられませんから。
要はね、おもちゃ屋さんやホームセンターで花火を売っているでしょ?
パッと見て「怖い」って逃げます?
向こうは保管庫に入れずに手に取れる状態にあるわけですから。これも我々の扱う物と同じ火工品です。
引火性はガソリンの方が高いでしょうし、ガソリンスタンドが街角にあるように火薬店も特異では
ないと思います。

アメリカの肥料工場は犠牲者数の把握もできない状況ですが、当然、日本国内でこのような事故はあってはならず
過去には花火工場や火薬工場などの爆発事故はありました。もちろん、発火する原因は除いてはいるのですが、静電気とか色々原因はあのでしょうね。
しかし、事故が起きても工場に働いている人は被害に遭う事はあっても近隣に死傷者がでないよう一定基準で
保安距離が設定されています。鉄道・病院・学校とか決められた物を4種類に分類しそれぞれの距離を算出します。
よって、万一、工場が爆発してもなるべく人的被害がでないようになっています。
ただ、黒色火薬は衝撃や静電気に過敏なため、この火薬を単なる粉とあなどってはいけません。
以前、東京都内で家が丸ごと燃えたという事故がありまして、その家は映画など撮影用のモデルガンで
ピストルなどの発砲シーンの演出を手掛ける仕事をしていたらしく、原因はどうも火薬の調合中、取扱いを誤ったようです。これはおっかない。
黒色だったかは確認していませんが、火工製品とはちがい火薬そのものは危険ですので、十分取扱いには
注意して頂きたいと思います。特に市販の花火を子供がおもしろがってほぐしたりしないようにお願いします。

宇治金時、高校物理の成績は悲惨でした。しかし、「火薬類取扱保安責任者」の資格を取るために物理・化学関連知識は避けては通れず、1回では合格できませんでしたが、ズルをせず資格を取りました。
甲種・乙種の2種がありまして、甲種・乙種は貯蔵庫の規模により配置する種類が異なります。
私どものように産業用火薬類を扱い、かつ取扱量が多い所は甲種となります。
甲種は計算式もあるので難しいです。(理系の人ならいいけど)
それと私が受験した時は4つの文章から正しいもの2つの組み合わせを選べとなると答えは6つから選ぶという
形式。
これって宅建より難しいじゃん。それに最近は猟銃等所持講習会での試験でも時々このタイプが出るらしい。
私、正解できるかしら?
乙種から甲種への変更は受験し直しとなるので、初めから甲種を取るのが望ましいでしょう。
火薬類を扱う仕事は他に自衛隊や土木建設会社など。トンネル工事で爆薬を使用する場合も同じ
資格が必要です。その他発破技士という爆破のための資格もあるようです。
興味のある方は関連サイトをご覧ください。

ダイナマイトノーベル。ノーベル賞を昨年、日本人研究者が受賞したことで国内が喜びに沸きました。
ノーベル賞はダイナマイトの開発などで得た彼の遺産から設立され、世界で最も権威のある賞と
なりました。彼はダイナマイトという産業に貢献する製品を作りましたが、反面、戦争などの兵器として
利用されたことに心を痛めたとも言われています。
ボストンマラソンの惨劇をノーベルはあの代から悲しんでいることと思います。

現代における文明の利器はほとんどがこのダイナマイトと同じく元々は人間の暮らしを豊にするために
作られたのに時には人間を不幸にすることも。
車は便利だけれども交通事故で人が亡くなったり、パソコンも便利で生活に欠かせなくなったけれど
ハッカーによる犯罪は止められない。ナイフもしかり。
ボストンではその後、マサチューセッツ工科大学内で射殺事件も起こり、アメリカという国は・・・
とため息が出ます。
全ては物ではなく使用する人間次第いうことで、我々の猟銃もまさに同様と思います。

DSC04580.jpg
路上に掲げられている店の看板です。「火薬」の文字を入れると文字が小さくなるので
省略しています。もちろん、銃は作り物でこの看板を設置してからずーっと吊り下げられていて
かなりくたびれているかと。南方向から来られたお客様への目印です。
歩いている人はこの位置に目が行かないみたいで、ご存知でないかたもありますし、時々、向かい側から
写真を撮っている人もいます。通りがかり目に止まった方はどうぞ自由に写真を撮って下さい。
色褪せて汚れていますけれども・・・。






スポンサーサイト
スキートマンクラブ 春会
04/16(Tue) 15:13|スキートマンクラブcomment(0)trackback(0)edit
ホームグランドを三重県上野射撃場へ移して数年。遠いと思いがちの道程も高速道路のお蔭で
苦にならず、たまには外のきれいな景色を見ながらのドライブもどうでしょうか。
家族そろって来てくれた人もあり、小さい会ならではの気心の知れた人たちが集います。
京都に限らずこの上野射撃場へ来やすいスキート好きのシューターさん、スキートマンクラブに
一度、遊びに来てください。
今年度はあと、2回同じ会場であります。
7月15日(祝) 10月14日(祝)

エースクラス
1.吉武 70点 2.岩崎 69点 3.木村 67点

チャレンジクラス
1.細井 64点 2.大空 59点 3.小菅 53点
両クラスとも100点競技

DSC04585.jpg
DSC04587.jpg
DSC04594.jpg
スキートとは言え撃ちまくり

 DSC04592.jpg
「今日はお母さんといっしょか。弟君もおおきなったら鉄砲せえよ」といつも子守りをしてくれる
キーさんのおっちゃん。

DSC04597.jpg
先週のヘタクソクラブにはスキートマンクラブの会長が、そして今週のスキートマンクラブにはヘタクソクラブの
会長が参加し(ベンチに座る両会長)スコアーはわずか1点差と点数でも仲がよろしいようで。

DSC04601.jpg
「どんだけ~」「こんだけ~」の箱いっぱいのジュースは賞品ではなく、会長の差し入れです。
一人これだけもらえます。ちょっと訳ありなのだけど。
 
春、本番
04/15(Mon) 19:14|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
4月は銃砲検査月間です。京都府内では今、どこも一斉検査を行っています。
上京署管内には立命館・同志社両大学の射撃部の学生さんも居て、検査を受ける人の数は
他に比べて多いようで、地元猟友会の役員さん2名が検査の補助をします。
「お世話になります」とご挨拶をし、昨日の府猟友会ライフル大会のお手伝いに続き連日
お疲れ様です。
消費数が少ないといけないので、この間のヘタクソクラブでも撃ちました。
頑張りすぎて右ほほが腫れてる? と鏡をのぞき込んでいると社長が「いつも腫れてるやん。どうもない。
どうもない」と失礼な。
検査は例年通り何事もなく終えることができました。
特に気を配ることもないのですが、やはり少し緊張します。
仕事柄、いい加減な事をしていると印象も悪くなりますからね。

今までいくつかのブログを書いた中で先日、「ミロク製作所」のブログを見た方から
「このブログを探していて、ようやくたどり着きました。ありがとう」とメッセージを頂きました。
とてもうれしかったです。たどたどしいブログですが、内容をまとめるのに少し手間取りましたから
こういうお言葉はありがたいです。
元々、新聞記事は高知新聞の記者の方が書いていらして、それが良くまとめられていて
「さすが、新聞記者」と私は思いました。
私はブログを書き言葉と話し言葉の中間としてとらえているため、なるべく難しい言葉は
使わないように、でも、時々、自分はわかっているつもりでも主語が無かったり、話が飛んだりと
読む方には理解しにくい所もあるかもしれません。

私どもがミロク製作所さんを応援するのは4代目が家業を手伝い始めたころ、当時、ミロク銃の販売会社で
あったニッサンミロクさんのはからいで、銃砲店の後継者を対象にミロク製作所で短期研修を行ってくれました。
4代目も含め当時10人ほどが参加し、銃の知識・修理作業など一通り教えてもらい、弥勒社長さんにお目にかかる機会もあったそうです。
日ごろ販売会社であるミロク商事さんにもお世話になっていますし
昔はお客様を連れてミロク製作所の見学もさせて頂き、先代が高知へ訪れた時は空港への
送り迎えをして頂いたり、私たちは随分ご恩を感じています。
ですので、ミロク製作所さんがアベノミクスと米国特需のシナジー効果で活気づいてくれれば
私たちも嬉しく思います。

春本番というタイトルとはかけはなれたお話からスタートしましたが、4代目がスキートマンクラブへ
行っている間、宇治金時は繁華街をブラブラしておりました。
京都案内のようなことはしない・・・と言っておりましたが、地方の方もご覧になっていることもあり
たまには銃砲とは関係のないことも掲載しようか・・ということで、今回はそのブラブラについて。
祖母の命日だったのでお墓参りをし、寺町通を南へ。寺町三条に「矢田寺」という、それはそれは
こじんまりしたお寺があり、いつも前を通ると手を合わせます。
繁華街に「ゴーン」と鐘の音が鳴り、これも京都らしい。
そして、すきやきで有名な「三嶋亭」へ行き、食事をするのではなく「すきやき風コロッケ」を買います。
このコロッケ、中身がしっとりすき焼き風の味付けでおいしいですよ。
今年に入り2度買いに行きましたが、いずれも売り切れでゲットできず、ようやく3度目の正直で
買えました。2個入315円です。でも、これは家で油で揚げる必要がありますので。
そして、新京極通に入り、ここは修学旅行生の定番コースのはずが、ほとんど見かけませんでした。
歩いているのは外国人や学生ばかりです。この通りには昔から映画館が多く、宇治金時も中学生時代は
アニメを見に友達同士マクドで食事をして映画を見てました。
ただ、私だけは「弟付き」で。私と弟は歳が離れているため、また、家が商売をしているため面倒を
みなければならず連れて歩いていました。今でも当時の友人が「あの可愛い弟さんどうしてる?」
と尋ね、「えーオッチャンになったわ」と。
新京極の雑踏を避け、もう一筋東に「裏寺町」と言う通りを歩きます。
名前の通りずーっとお寺が並んでいます。寺町通の方がお寺をイメージしますが、新京極と裏寺町の間が
お寺の集積地です。ナゼ、集中しているのでしょうか?
と言っても我が家のある仁和学区のお寺の数には負けるでしょう。
ブラブラ歩いたその先は≪上村淳之展≫。チケットをもらったので行きました。
この方は京都市中京区の生まれで鴨沂高校、京都芸術大学出身で上村松園を祖母に、父は上村松篂と3代続く
画家さんです。
鴨沂高校と言えば「ジュリーでしょう」。歌手の沢田研二。と言っても若い人は知らないか。
京都画壇と言われるほど京都にはたくさんの日本画家さんが居て、京都芸術大学出身の方は多いですし
皆さん母校に絵画を寄贈されているため、京都市・京都府は良い絵をたくさん所蔵しています。
東京芸術大学に並ぶ京都芸大は京都人の誇りです。
上村画伯は花鳥画を描き、奈良県にあるご自宅では260種類1600羽の鳥を飼っていて、スケッチをされているそうです。近鉄さんの支援もあり、現在は奈良県にある「松伯美術館」で上村家の絵画は見られます。
うーん感想? 宇治金時は今、イタリア彫刻の本を訳しているのでイタリア彫刻の写真に見慣れた目は
動物の躍動感という点ではイタリアの方が一枚うわてかなあーと思いました。

DSC04605.jpg
念願の写真撮影。上京署からの左大文字。署の方の了解を得まして撮りました。
ありがとうございます・・・と心をこめてお礼を言いました。
手前の森は北野天満宮の参道。天満宮鳥居は写真より左にあるのですが、どうも方角がいまいちわかっていない
宇治金時。おそらく今出川通が曲がっているからこんな位置に左大文字が見えるのでしょうか。
それにしても電柱が邪魔。電柱が多すぎ。

DSC04604.jpg
写真右に左大文字がありますが、フレームに入らなかった。
スキートマンクラブ会長さんならもっと素敵に写真を撮ってくれるのに。後ろの山は原谷辺りでは?
地上からはこの山々は見えません。階上からの写真ならではのアングル。
宇治金時は山を見るのが好きです。京都は低い山が連なっていて、山は季節で色が変化し、
四季の移り変わりを感じ取れますし、今日のようにぼんやりしていると「花粉かな? 黄砂かな?」と山の見え方・空の色で判断しています。
人間の勘も使わないと退化しますから。
二条駅から見える西山、比叡山から稲荷山までの東山三十六峰(霊山観音が見えます)広沢池の裏山と
意外とあちらこちらから山は見えるもです。
今回の写真はあくまでも「用事があって撮らせてもらったもの」ですので「写真が撮りたいので上がらせて
下さい」と言ってもそれは無理ですから。

DSC04607.jpg
家の中では「名残りの桜」。食い気です。生菓子と抹茶で一息。お皿は先日行った北野をどりのお茶席から持ち帰った物。芸妓さんの名前が入っていたりしたら更に良いかも。
去年は鴨川をどりだったので。をどりのチケットは義理で企業などが買わされます。それが私のような
ところへ回ってきます。1日2・3回公演がありますので、最終の時間には筋金入りの旦那衆が贔屓の芸妓さんを連れてご覧になります。お茶屋の女将さんも会場を忙しく動いています。
歌舞伎を見慣れているので芸妓さん達の舞台を見ても今さらねえ。「この人ぺっぴんさんやな」
「この人歳いくつくらいやろ?」とか。
私がお茶席にいた時、近くの年配女性がお点前をする舞妓さんの写真撮影をしました。会場の係の人が
何度も「写真はご遠慮下さい」と言っているのに「了解を得てますから」と止めない。
おとなげないですね。やはりルールは守らないと。はしたないって思っちゃいます。
カメラ小僧以外、京都人は舞妓の写真なんか撮りません。
だって普段、鴨川の東へ行けば「京都の歩く看板」のごとく舞妓さん見られますから。











ヘタクソクラブ4月例会
04/08(Mon) 22:06|例会comment(0)trackback(0)edit
前日から爆弾低気圧が通過するということでたいそう心配しました。
台風並みの悪天候は逃れたものの雨が降っては晴れ、雨が降っては晴れの繰り返しでいやなお天気でした。
でもでも、そう。もう4月ですよ。足元悪い中「このくらいの雨やったら(大会)やるやろー」と
元気に皆さん、たーくさん集まってくれました。ありがとうございます。
沢山集まると話題も多く、OBクラスではシュートオフとなり、写真も多めに掲載します。

トラップOBクラス 75点満点 ハンディあり
1.西川マ 62点 京都  2.森下 62点 福井  3.小菅 60点 京都

トラップAクラス 50点満点 ハンディあり
1.猿川 43点 京都 2.西川ス 40点 京都  3.吉田 38点 京都

スキート 100点満点 ハンディあり
1.清水 84点 京都  2.吉武 80点 京都  3.川嶋 80点 京都

DSC04559.jpg川嶋
銃架に銃が並ぶと取り間違えが無いように目印になるシールを貼ることが多いです。
右はグリップエンドステッカーを貼ったBERETTA銃。カッコイーなあ。銃もグレードアップ

写真金原 How old is he?
このお方何歳に見えますか? 今年90才を迎えます。
とにかくクレー射撃一筋。三度のご飯よりも射撃が大好き。
スポーツカーを運転し、BERETTA PERAZZI GAMBAと高級銃を携え参上。
かつては本部公式があれば福島県二本松へ、岩手県花巻へ、群馬県群馬ジャイアントへ
夏には軽井沢射撃場へと全国に名を馳せたKINGです。
昔は社員さんから「うちの社長、今日はどこへ行っていますか? もし、そちらへ行きましたら
会社へ連絡するよう伝えて下さい」と携帯電話のない時代はこんなことも。
89才から26才まで幅広い年齢層の例会でした。

DSC04561.jpg
今日の抽選品であるハムの詰め合わせとスチロールは会長賞(写真右端)

DSC04563.jpg
トラップOBトップ同点の二人。シュートオフを前に二人とも緊張感はナーシ。だって大の仲良しだし。
「今日は大入りだからシュートオフ25枚目までやっても大丈夫よ」と
受付嬢?から言われ、さあースタート!

DSC04567.jpg
シュートオフを見に集まったメンバーさん。「案外1枚目で決着するかもなあ」とニンマリ。

DSC04572.jpg
両者クレーの飛行を確認し、一番射台。さあ先攻は西川選手。緊張が走る。命中!

DSC04573.jpg
後攻はサウスポー森下選手。パプーとレフリーのラッパが鳴る。
お疲れさまでした。

DSC04574.jpg
優勝の西川氏は表彰式で会長から「優勝して、また抽選で当たって、帰り車に当たるなよ」と言われ
「娘が喜びます。おおきに」と笑顔。

次回はゴールデンウィーク、ジャンボ大会です。ファミリー揃って来てね。待ってます。


路面店の良さ
04/05(Fri) 21:18|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
ひと雨くるともう桜の花も散りそうな気配です。
あさってのヘタクソクラブは雨が残りそうで心配しています。
年度末の決算期を終え、宇治金時が担当するアパレル関連の新商品が順次入荷してきております。
社長に「HPに載せる写真の取り方がヘタ」と叱られまして、すねています。
その社長はいつの間にかiPadを購入し「これはええわー。べんりやわー」と子供のように
はしゃぎ、先代は初めて見るタブレットにおそるおそる指を触れ、「これやったら使えるなあ」と
クレー射撃の動画に見入っていました。
最近はペーパーレス・電子化となりまして以前のようにカタログや雑誌も少なくなってきました。
そこで、お客様に色々説明をする際にやはりこういう小型端末は私どもでも必須品となっています。

私どもの店舗は幹線道路沿いにあります。丁度、交差点の角に位置するため信号待ちのバスや車から
ディスプレイされた商品を見ることができます。
この好立地のお蔭で、観光シーズンなどは家族と京都へ来たついでに、歩いている人がフラーッと
「銃砲店なんて初めて。一度入ってみたかった」と来られたりします。
また、立命館大学や仏教大学へ通学する学生さんの中には銃好きの人がエアーガンを見に来られます。
こういう一般の方が帽子やシャツ小物類を購入されることが多いです。
特に帽子は常に50個近く在庫をしておりますので、帽子好きの方は喜んで買っていかれます。
「BERETTAって映画とかに出てくる有名なメーカーやなあ。カッコええなあ」と鏡でチェック。
プレゼントとしても人気があります。
この間も観光バスがドーンと店の前に止まり大柄の外国人男性が10人ほど店に入ってきて、
たまたま玄関近くに居た社長の母は驚いて店の奥へ逃げていました。
観光で来たロシア人の一行でした。もちろん英語を話していましたので要件は伝わり
残念ながら彼らの探す品は私どもでは取扱いがなかったのですが、外国人はナイフや模造刀に
関心があるみたいです。
学生時代あまりお勉強をしなかった社長と宇治金時ですが、輸入品が多いこの仕事に英語は不可欠ということで
最近はドイツ語、イタリア語の辞書を手にすることも。
宇治金時は高校・大学とほぼ英語漬けの毎日でしたので英語アレルギーではありませんが、社長は?
「どうやって英語マスターしたん?」と聞くと、「洋画。シュワルツェネッガー。」
ほおー。そういう手があったかー。英語と銃の両方を勉強していたのかあー。
その割には商品が間違って届くよなあ・・・と首をかしげる宇治金時。

宇治金時もネットショッピングを利用します。
最近は個人がストアーで販売する形態も多いようで、中には「在庫がないので少しお待ちいただけますか」と
いう所もあります。しかし、お客様の立場を考えるとすぐに商品をお届けしたいという思いや
サイズのあるものは大きすぎる、小さすぎるなどという点もありますし、なるべくお客様のご要望に
お応えしたいと私は思っています。
アパレル関連において私どもはネットショッッピングシステムではなく、電話やメールでご注文を
承っております。
これはこれで良い点もありまして、直接お客様に電話をする機会もあり、会話をするとお客様も
「ベストのサイズが心配なので寸法を測ってもらえますか? 色は他にありますか?」
ついでなので他にこういう物が欲しいのですが、などおっしゃいます。
話で説明できない場合はメールで写真を送れ、便利です。
帽子に次いで在庫量の多いのはシューティングベストです。どうしてもサイズがありますので
こちらも40着程度、常に在庫があります。
その内に遠方の方でも来店したかのように私どもが商品説明をしながらパソコンのカメラで商品を見て頂く
ようになるのかなあ・・・と思います。

そして、私どもの商品の中には「カスタマーズチョイス」という品が一部あります。
これはお客様が「これが欲しい」とリクエストされて入荷した商品です。
どうしても売り手側の見立てで商品を仕入れしがちなのですが、売れるだろうと思って仕入れた品でも
さっぱり売れないということもあります。しかし、お客様の視点、センスで選ばれた商品は新鮮ですし
参考になります。
また、普段は近くの銃砲火薬店を利用し、そこに無い品は私どもで購入されるお客様もいらっしゃいますし
時にはお友達も紹介してくださいます。
勿論すべの商品が手に入るわけではありませんが、お客さまのお役に立てることを誇りに
つくづくお客様のお蔭で商売をさせて頂いているのだなあ・・と実感。

店写真
現在の店舗です。壁は右角からまだ奥もありますので昨年、2日かけて塗装をし直しました。
地味ーな色でしょ? 理由は「京都市の景観法」。ユニクロもマクドもローソンでさえも広告の色を
京都だけ特別に変えています。
無機質なマンションが立ち並ぶ商店街に何が景観法や?
阪神タイガースのトラ模様やまことちゃんハウスみたいにド派手とは言いませんが、これだけの
スペースですからもっとユニークで人目を惹くデザインにしたいのが本音。
景観法によって画一的で京都全体が地味なテーマパークみたいになって面白くない。
風情のあるところは景観を守りつつ、ところによっては大阪の道頓堀のようにもっと活気のある所も
作らないと。神戸のように粋でもなく、こんなことをしてるから京都はしみったれてる・・と言われるんだよ。
ちなみに店舗右角には少し空地を作っています。(角を取ってあります)
京都では「鬼門除け」と言われ、比叡山のある北東を空けます。
鬼門除けをしないと禍が生じるとの言い伝えがあるので。
また、庭には前所有者の頃から東向きにお社があり(何の神様かよくわかりませんが)
今まで大過なく暮らせてこられたのはこれらのお蔭かもしれません。