PERAZZI vs PERAZZI
02/06(Tue) 19:23|よもやま話comment(0)trackback(0)edit
立春が過ぎ、今が一番寒い時期とは言え、寒さが緩みません。
大雪に見舞われた地域の方には気をつけて頂いて、雪が降り止むことを願っています。

さて、久々に宇治金時の放言におつきあい願えますでしょうか。
皆様、TVをご覧になりましたか? 私の周りでも様々なご感想を頂いております。
15分くらいかな・・・と思っていたところ、番組のメインで、見ごたえがありました、よね。
お得意様が聞いた所によると『リハーサルがあり、カメラ9台』という事で、クレー放出機からクレーの飛ぶ様子は『あんな速度が速いか』 スローでは音とクレーの破砕の時間差もわかり、興味深く見ていました。
そんな緊張感MAXの中、登場のお二人はよく射撃をされました。私なら口が乾いてコールすらできないと思います。
クレー射撃の魅力をアピールして下さったお二人にです。

PERAZZI vs PERAZZI でして、BERETTA vs PERAZZIならば商売的にはもう少し面白かったのかもと思います。
関東は結構BERETTAが多いです。
ヒロミさんが銃は何百万円と言っていたように、PERAZZIは高級銃です。ところで、相手の方の銃をご覧になりましたか?
Perazziのバレルステッカーがあり、サイドプレートという事は、ヒロミさんの銃よりも0がひとつ多いです。EXTRAではないかと。
せっかくの機会でしたのに、いまいち彫刻がはっきりわかりませんでした。
一般の人は『何がどうちがうの?』 その価値が理解できないかもしれませんがっ・・・このブログをズーと読んで来られた皆さんは少しレクチャーを受けられたので、『ウンウン』とうなずかれていると思います。
両眼でクレーを見ていることも一般の人には驚きだったのではないでしょうか。
お二人共、銃も同じブランド、ベストはCastellani イヤプロテクターはPeltorのスポーツタックとショットガンナー2で統一されていました。

DSC00542.jpg
ショットガンナー2 

DSC00539.jpg
PELTOR レンジガード 電子イヤプロテクターで 外部音源を取り入れることができるオーディオケーブル付き 外部音の増幅機能、雑音カットはスポーツタックの方が優れています。
いずれもオンラインショップに掲載中です。

TVを見て、クレー射撃って面白そう、やってみたいな、と言う人がいらしたら・・・ぜひ、小林銃砲火薬店へお越しください。あらゆるご質問にお答えします

ブログに拍手をくださいました方々、ありがとうございます!
その内のお一人は2015年6月20日の『Pedersoli&Galeazzi』の記事にも拍手をして頂きましたので、少し彫刻のお話をします。
一つ前の記事にイーグルのEXTRAの写真を載せました。購入された方がイーグルを希望されたのかはわかりません。米国の国章がイーグルですので、精悍さ、猛々しさを表現したモチーフなのかもしれません。
ブログをご覧になった方のお一人は『ダイアナがやっぱりいいよな』ともおっしゃり、皆さん、彫刻に目が肥えてこられたように思います。

DSC00626.jpg

私どもの数人のお客様はご存知だと思いますが、EXTRAの中でもとても珍しい銃があります。少なくとも国内では同じものはないはずです。
その方はお父様の銃を愛用されていて、サイドプレートが固定ネジで取り外せます。この銃だけです。
元々、PERAZZI初代社長が個人的に持っていたものを特別展示をしていた所 『いくらでも出すから分けて欲しい』と切望され、2.5代目が口利きをして手に入った物です。社長個人所有という事は最高の物であるというお墨付きです。
初代社長は銃職人でしたので、自分のアイデアか遊び心か、試作品的な物を作ったのではなかろうかと思います。しかし、このタイプは製品化されることはありませんでした。幻の銃と申しますか、この銃を見るとPerazzi氏の魂が宿っているような、彼の情熱が吹き込まれた感じがあります。彫刻はPedersoliで、彫刻図鑑に掲載されているモチーフと似通っていますので、ご子息さんもこの銃が父のとっておきの銃であった理由がわかりました、とおっしゃっていました。
私は上下二連銃の機関部を閉じる時に『バチャン』としっかり閉めるのですが、2.5代目も3代目もそれを嫌いまして、銃は『閉じる瞬間はコトンと、音をさすな』とよく言いました。
エチケットとかではなく、見るからに品のある所作をということなのでしょう。確かに銃を大切にされる方ほどこの所作に余裕があります。
2.5代目と3代目は数々の銘銃を扱ってきて、ロンドンガンを始め 『銘銃はその製作にもストーリーがあり、その後、手にした人もストーリーを紡いでいく』と言い、私も何挺かの銃が思い浮かびましたし、所有者が変わってもたまに目にすることができれば嬉しいです。
オリンピックを目指す女性シューターも銘銃と共にストーリーを作っていくのだろうと思います。がんばれTeam K44

スポンサーサイト
炎の体育会TV
01/27(Sat) 20:37|掲示板comment(0)trackback(0)edit
寒波が居座り、外出を控えております。インフルエンザも流行しているそうですので、皆様、お気をつけください。
さて、お得意様から教えて頂きました。
2月3日(土) 午後6 時 55分よりTBS系『炎の体育会TV』において関西在住の女性シューターとヒロミ(タレント)さんがクレー射撃の腕前を競います。PEREZZIの銃も登場し、他にも見所がありますので、是非ともご覧ください。

DSC00575.jpg

2018年 年間スケジュール
01/11(Thu) 16:50|掲示板comment(0)trackback(0)edit
早くも年が変わり、2018年もヘタクソクラブをどうぞよろしくお願い申し上げます。
例会日が決定しましたので、お知らせ致します。
今年は3月例会前に冬季オリンピックが開催されます。この寒さもオリンピックの話題で少しホットになってくれればと楽しみにしています。

DSC00529.jpg

2018年、始めですので

都ミニ七福神・・・・皆様に福が舞い込みますように。去年のお礼参りです。
26168246_170714533685170_4993475165451892032_n.jpg

個人的に大黒様と恵比寿様に願い事・・・信心深く、尚も欲深く。
26165267_170713807018576_7665588975231537630_n.jpg
去年は願いを叶えて下さいましてありがとうございました。

26169869_170713810351909_7796162860791266024_n.jpg
恵比寿様は耳が遠いらしいので、こちょこちょ、神頼み。





撃ち納め
12/04(Mon) 16:28|射撃会comment(0)trackback(0)edit
いよいよ今年も押し迫って参りました。
今年も弊店主催の謝恩射撃大会を開催しましたところ、多くの方々にお越し頂き誠にありがとうございました。
ヘタクソクラブだけでなくウェンズクラブ・猟友会・京都府クレー射撃協会と、多彩な顔ぶれで
合同射撃会のようでした。
さすがに12月とあって寒いものの、お天気に恵まれ、無事に射撃会を終えることができ、
今年一年、小林銃砲火薬店をご愛顧賜りましてありがとうございました。もっとたくさんのお客様にご参加いただきたいところではありますが、進行の都合上、人数を限定しての開催にご理解願います。

ジャパンスキートは写真を撮りに行くと既に競技が終わっていた為、トラップの写真のみとなります。

DSC00239_201712042210087bf.jpg DSC00240_201712042210099dc.jpg
DSC00242_20171204221011a3d.jpg DSC00243.jpg DSC00241.jpg
ストーブがなくても日なたに居ると身体が温まります。

DSC00244.jpg DSC00245.jpg DSC00247_20171204221054623.jpg DSC00248_20171204221055070.jpg DSC00255.jpg DSC00291.jpg

DSC00249.jpg DSC00268.jpg
DSC00267_20171204221918feb.jpg

DSC00259.jpg
いつもお洒落で、今日も軽やかな装いです。そして

DSC00279.jpg
このキルティングベストも素敵でした。両肩当てはスエード製でトリミングまで丁寧に作られています。軽くて暖かいのだけれど、実用的ではないので、このベストを着て射撃はしません、と。

DSC00280.jpg
裏地はカモフラージュ柄で、リバーシブル? と思いましたが、そうではありませんでした。表はシューティング、裏はハンティングのイメージは米国製のモリタニ―と言うブランドでした。サイズ38にしては小さいように思いますし、海外製はサイズが合いにくいのですが、オーダーしたかのようによくお似合いでした。

DSC00282.jpg
後ろもアップランドタイプでポケットがあります。キルト模様にポケットのトリミング、見れば見るほどお洒落なベスト。
ご本人は『あっ、探していたタバコ、ここに入れていたわ』と笑ってらっしゃいました。

DSC00250.jpg DSC00252_20171204221633e15.jpg
DSC00256.jpg DSC00273.jpg
DSC00274_201712042220007bf.jpg DSC00276_20171204222002ac2.jpg
DSC00278.jpg


DSC00254.jpg
ニコニコひなたぼっこのお二人。

DSC00292_20171204222538421.jpg
DSC00257.jpg
学生時代の先輩と後輩です。偶然、射撃場で再会。

DSC00283.jpg
狩猟のお師匠さんとお弟子さんです。

DSC00294_20171204222541232.jpg
DSC00293.jpg
DSC00285.jpg
DSC00284.jpg

DSC00288.jpg
こちらもひなたぼっこ。『飲みに行くこと思ったら、射撃の方が安い』 『そんなことないでしょ』 新幹線に乗って中洲へ飲みに行って一泊して帰ってくる・・・って、それも月に数回。それなら健康上、射撃の方がよろしいかと。
『クレー射撃協会へ入って下さいよ』 『考えとく~』 仲良しシューターです。

スコアーはスキートで73点(75点競技)がありました。お見事です。
DSC00295.jpg
寒い時には温かい物を・・と、喜んで頂ける賞品をご用意しました。

DSC00296.jpg
座る所がなく、申し訳ありません。

DSC00297_20171204222641c43.jpg
DSC00300_2017120422264437a.jpg
DSC00299_20171204222642fd4.jpg
DSC00307.jpg
DSC00309.jpg
こちら最前列は5人か6人が抽選にあたると言う特等席。

DSC00313_20171204222822776.jpg
DSC00315_201712042228234fd.jpg
一足早い、撃ち納めの射撃会もお陰様で盛況に終了いたしました。お集まり頂きましてありがとうございました。
来年2月以降にヘタクソラブ2018年スケジュールを当ブログでお知らせします。

ご挨拶
日ごろは小林銃砲火薬店をご贔屓に預かりまして厚くお礼を申し上げます。
私共、小林銃砲火薬店は今年、90年を迎えました。これもひとえに数えきれない多くのお客様方のご愛顧の賜物と心よりお礼を申し上げます。
初代より昭和の時代と共に、そして4代目の平成と、また次の新たな時代に100年目を迎えることができるよう、タマシイレボリューション・2018年は100年に向けての一年目と心新たに、再び苦難の時代が来るかもしれず、しっかりと地に足をつけ、お得意様からの信頼を支えに 「大きな銃砲店」「専門店」として、店舗の充実・安定した経営に努めて参りますので、91年目もよろしくお願い申し上げます。
尚、年内は29日まで、年始は5日より営業いたします。

最後に宣伝。Remington BERETTAなど新銃が続々入荷しております。90年のご愛顧に感謝しまして、今までにない価格となっておりますので、是非とも店頭にてご覧ください。ご来店をお待ち申し上げております。詳しくは当ブログリンク先 小林銃砲火薬店をクリックしてください。
西陣猟友会 射撃研修会
11/15(Wed) 00:13|射撃会comment(0)trackback(0)edit
ヘタクソクラブは終了しましたが、京都府の狩猟は15日から始まり、カウントダウンの中、西陣猟友会の射撃研修が行われました。銃器故障もなく、スムーズに実射を終え、その後、狩猟に関するお話とお知らせがあり、一日、研修に時間を割いて頂いた会員さん、お疲れ様でした。

DSC09800.jpg
少年もオレンジベスト。

DSC09801.jpg
DSC09805.jpg
国際トラップを撃つのは初めて。トラップ射撃は射撃教習以来ですかね。スキートに比べトラップはクレーがゆっくり見えるそうです。

DSC09808.jpg
DSC09811_2017111423204932a.jpg


DSC09826_20171114232153402.jpg
DSC09815_20171114232149477.jpg

⇑はクレーを差していて、この後、割れています。0コンマのタイミングですので、自然と自分が引金を引くタイミングでシャッターを押すもので、シャッターの落ちる速度もあり、ベストタイミングでの撮影は難しいです。

DSC09806.jpg
DSC09812.jpg
今日はスキートとトラップですが、『一緒に国際トラップ撃とうや』と言われ、撃ち終えて・・・声が聞こえそうなくらい笑っています。自己新記録なんですって。

DSC09814.jpg

役員さんには進行をお手伝い頂きありがとうございました。研修参加者は会員数の半分にも満たず、既に狩猟期間に入っている県もありますので、不参加の人は各自、射撃練習をして頂ければ結構です。
今年、滋賀県は11月1日から大物猟が始まり、会員さんの中には『お呼びがかからへん』と、狩猟に出かけず、地元のお連れさんは有害鳥獣駆除に行っていて、狩猟はそれが終わってからとのことでした。
今年は滋賀県の登録証の事務局への到着が10月末となり、何件もお問い合わせがあり、会員の皆さんにはご迷惑をおかけし、お詫びいたします。
窓口へは遅いので急いでほしいとお願いはしたのですが、結果は先の通りでして、交付日が10月6日でありながら、どうなっていたのかわかりませんし、昨年も11月15日解禁日で8日の登録証を渡す日に間に合わず、事務局は滋賀県の登録をされている人たちへ1件ずつ電話で未着の連絡を入れ、到着後に再度、連絡を入れるということになり、こんな事は今までありませんでした。
その前は登録証に不備があり、回収となり、役所の事務仕事としては褒められるものではありません。
解禁前の駆け込み申請ではなく、9月には書類を提出し、時間が足りないわけでもないので、猟友会や狩猟者のことも考えて対応してもらいたいと思います。

DSC09785.jpg
?マジックインキ でよく知られたペンは寺西化学工業さんから毎年、西陣猟友会へ採点表にお使い下さい、と頂戴しております。ご厚意ありがとうございます!
写真のアクアテックは紙で裏うつりがなく、耐光・耐水性に優れた水性顔料インキでインキの補充ができ、太・細の両用です。
ヘタクソクラブを始め射撃会では年間を通じて必需品です。書きやすいのでありがたく使わせていただいております。

狩猟前に猟銃所持者の不祥事があり、心苦しく思います。所持者の不祥事に対する社会の反応は敏感ですので、今更申し上げることではありませんが、許可の取り消しや返納と言う事態にならないよう猟銃の適正な使用をお願い致します。